ワイモバイルオンライン限定機種値引き!

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えにかかる手数料は?事務手数料を負担してくれるショップをご紹介

ワイモバイルに支払う手数料はショップによっては負担してくれる場合もありますので契約するショップ選びは重要です。

ただ「どうしても店舗で契約したいけど事務手数料が・・・」とか「とにかく事務手数料を負担してくれるショップは?」といった様々な条件でショップを探している人も多いかもしれません。

そのため本記事ではソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えにかかる事務手数料と負担してくれるショップについて詳しく解説をします。

初期費用をかけずにワイモバイルに乗り換えることができるのでぜひチェックしてみてください。

1. ワイモバイルへの乗り換えにかかる手数料はいくら?

事務手数料が3,300円!

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合にかかる手数料は「事務手数料」と呼ばれるものでワイモバイルに支払うことになります。

この事務手数料は店舗で契約してもWEBで契約しても基本的には一律で3,300円かかる手数料になります。

ただ契約するショップによってはショップ限定のキャンペーンや還元など様々な方法で負担してくれることが多い手数料です。

1-1. ソフトバンクのMNP転出手数料はかからない

ソフトバンクに支払うMNP転出手数料は2021年3月17日から無料に変更になっています。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える際もMNP転出手数料は一切かからないので乗り換えにかかる手数料はワイモバイルに払う事務手数料だけということになります。

1-2. ワイモバイルに乗り換えるタイミングによって解約金もかかる

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える際は事務手数料のほかにソフトバンクに支払う「解約金(契約解除料)」がかかることもあります。

これはソフトバンクで2年間の契約期間中に解約するとかかる費用ですがワイモバイルに乗り換えるタイミングを計ることで回避することも可能です。

解約金や乗り換えるタイミングについては下記記事で詳しく解説しているので確認してみましょう。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングは?無駄な料金を支払わない節約術

2. ワイモバイルに乗り換えて手数料を無料にする方法

店舗では事務手数料負担はない!

ワイモバイルでは手続きをするショップによっては事務手数料を無料にすることもできるので、ショップ選びは非常に重要になります。

ただソフトバンクとワイモバイルは同じソフトバンク系列なので手数料を負担してくれるショップが少ないので注意しましょう。

■ショップごとの負担方法

  • ワイモバイルショップ:事務手数料は無料にならない
  • 家電量販店:家電量販店のポイントで負担されるケースもある
  • ワイモバイルオンラインストア:そもそも事務手数料がかからない
  • WEB販売代理店:現金キャッシュバックで負担

結論から言えばワイモバイルショップで事務手数料を無料にすることはできません。

ただワイモバイルへの乗り換えは「契約が難しそう」とか「一人じゃ手続きできない」からショップがいいという人も多いかもしれませんが、それであればむしろ積極的にWEB販売代理店で契約するべきでしょう。

2-1. ワイモバイルの店舗では手数料の負担はない

ワイモバイルではショップごとに独自のキャンペーンを実施していることがほとんどです。

ただワイモバイルショップでは独自キャンペーンをやっていないので、事務手数料が無料になったりワイモバイルショップが負担してくれることはありません。

店員さんに質問しながら契約手続きができるという点はメリットですが、手数料や還元といった点では他のショップと比べると見劣りしてしまいます。

2-2. 家電量販店では家電量販店のポイントで手数料を負担

家電量販店ではその家電量販店で利用できる独自のポイントで手数料分を還元してくれるキャンペーンが盛んです。

ただその家電量販店でしか使えないポイントになっているので使いずらい点はデメリットかもしれません。

またソフトバンクとワイモバイルは同じソフトバンク系列になるため家電量販店によってはポイント還元がないケースもあります。

2-3. ワイモバイルオンラインストアは手数料がかからない

ワイモバイルオンラインストアではいつ乗り換えても事務手数料がかかりませんので、事務手数料をかけないで乗り換えるのであればワイモバイルオンラインストアが最適です。

ただ乗り換えの手続きを一人で行うことになるので、契約の手続きが慣れていないと難しいと感じることもあるかもしれません。

ワイモバイルオンラインストアで乗り換える手続き手順は下記記事でも紹介しているのでチェックしてみましょう。

ワイモバイルオンラインストアでMNPして乗り換える手順!契約の流れや手数料、日数などまとめ

2-4. WEB販売代理店では現金キャッシュバックで手数料負担

WEB販売代理店は「店舗のように相談しながら簡単に手続きできて、WEBの手厚いキャンペーンがある」というのが大きな特徴です。

WEB上でワイモバイルの手続きをしますが、店員さんとメールや電話で質問をしながら一緒に手続きを進めていくことができるのでショップで契約するのと同様に手続き自体は非常に簡単です。

また現金キャッシュバックがもらえるため、事務手数料の3,300円も負担してくれます。

3. 事務手数料を負担してくれるのWEB販売代理店は?

1つしかない!

ワイモバイルのWEB販売代理店は「ヤングモバイル」というサイトだけしかありません。

ヤングモバイルはワイモバイルの正規販売代理店で総務省にも登録している大手のサイトでこのサイトでソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えすると現金でキャッシュバックをもらうことができます。

■ヤングモバイルの特徴

  • ワイモバイルが許可している正規販売代理店
  • 乗り換え手続きは担当者と一緒に進めるので簡単
  • 現金キャッシュバックで事務手数料を負担してくれる

ワイモバイルで販売しているiPhoneはもちろん全てのプラン、機種でキャッシュバックがもらえるので事務手数料などの初期費用をかけずにワイモバイルへ乗り換えることができます。

ヤングモバイルについて怪しいと感じる人も多いかと思いますので、下記記事で一度サービスの詳細を確認して見ましょう。

ヤングモバイルの評判は?現金キャッシュバックをもらう条件や手続きの流れなど解説
MEMO

ヤングモバイルのキャッシュバック金額!

ヤングモバイルでは「ソフトバンクからワイモバイルに乗り換え」だと最大10,000円のキャッシュバックがもらえます。

加入するプランによって金額が変わりますが、どのプランに加入しても事務手数料分は負担してくれます。

4. ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えにかかる手数料まとめ

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えるかかる手数料についてポイントを下記にまとめてみました。

  • 店舗でもWEBでも事務手数料は3,300円かかる
  • ショップ限定のキャンペーンで手数料負担してもらえるのでショップ選びが重要
  • 店舗では事務手数料は負担してくれない
  • WEBだと契約が難しいと感じる人はWEB販売代理店を利用する
  • WEB販売代理店ではショップ同様に簡単に手続きできる
  • WEB販売代理店では現金キャッシュバックで事務手数料を負担してくれる
  • WEB販売代理店は「ヤングモバイル」というサイトだけ

ワイモバイルショップでは契約手続きが簡単ではありますが、事務手数料がどうしてもかかってしまいます。

そのため余計な費用をかけずに乗り換えをするのであればショップのように簡単に手続きできるWEB販売代理店で手続きするのがオススメです。

ソフトバンクから乗り換えで最大10,000円のキャッシュバックがもらえるのでぜひチェックしてみるといいでしょう。