ワイモバイルオンライン限定機種値引き!

ワイモバイルで名義変更する方法!結婚や離婚、親から子供に譲る場合などケースごとに手順を解説

ワイモバイル契約中に氏名の変更や家族にスマホを譲る場合など契約者情報を変更するには名義変更の手続きが必要になります。

名義変更をしないまま使っていると機種変更や乗り換え(MNP)の手続きで時間や手間がかかることもあるので契約者情報が変わった場合は必ず変更手続きをしておきましょう。

なお名義変更には3つの種類がありそれぞれで必要な書類や手数料などが変わってきます。

そのため本記事では「結婚や離婚で氏名が変わった場合」「家族や子供に譲る場合」「契約者が死亡した場合」などケースごとに必要な書類や手数料などについて解説しています。

名義変更にはいくつか注意点もあるのでぜひチェックしてみましょう。

1. ワイモバイルの名義変更はワイモバイルショップで可能

ケースごとに手続きが違う!

ワイモバイルの名義変更には「改姓・改名」「譲渡」「承継」の3種類の手続きがあります。

それぞれで必要な書類や手数料などが違いますがいずれも全国のワイモバイルショップでのみ手続きが可能です。

WEBや郵送などでは手続きできないので注意しましょう。

■名義変更の種類

  • 改姓・改名:契約者の氏名を変更する手続き
  • 譲渡:契約者を変更する手続き
  • 承継:契約を家族に引き継ぐ手続き

基本的にワイモバイルの契約は家族間のみ譲渡や承継が可能です。

例えば第三者に契約を譲渡するとか、承継するということはできないので注意しましょう。

1-1. 結婚や離婚などの場合は「改姓・改名」の名義変更

結婚や離婚などで契約者の氏名が変更になる時は改姓・改名の手続きが必要です。

旧姓のままにしておくと機種変更や乗り換え(MNP)時に本人確認書類の氏名と契約情報が一致しなくなるので手続きができないこともあります。

ワイモバイルの改姓・改名手続きには変更後の氏名が記載された本人確認書類が必要になるので、市役所や区役所で手続きをしてからワイモバイルで改姓・改名の手続きをしましょう。

なお改姓、改名の手続きは本人以外の代理人が手続きすることも可能です。

1-2. 家族間や子供に譲る場合は「譲渡」の名義変更

例えばお父さんが使っていたワイモバイルのスマホを息子に譲る場合は譲渡の手続きが必要です。

ただし契約者がお父さんから息子に変更になるので、支払いも息子のクレカや銀行口座から支払うことになります。

支払いはお父さんのままで息子に譲渡するのであれば支払い名義人同意書など必要書類が増えるので事前に書類をチェックしておきましょう。

なお譲渡は現在の契約者と新契約者の2名揃ってワイモバイルショップに行く必要がありますが、新契約者が委任状を持って行くことで現在の契約者がショップに行かなくても手続きができます。

MEMO

家族間なら未成年者への譲渡も可能!

ワイモバイルでは小学生以上であれば譲渡が可能です。

ただし中学生の場合、譲渡しても支払い者は子供ではなく親権者である必要があるので注意しましょう。

高校生以上であれば支払いは契約者本人が行うことができるので契約者名義のクレカや銀行口座を用意しておきましょう。

1-3. 契約者が死亡した時は「承継」の名義変更

承継は現契約者が死亡した場合に、その契約を家族間で引き継ぐ場合に手続きができます。

死亡していない場合は承継の手続きではなくあくまで譲渡手続きになるので注意しましょう。

なお現契約者が死亡した後に契約を引き継がない場合も承継の手続きをした後に解約手続きをする必要があります。

2. 名義変更でかかる手数料

譲渡だけ3,300円かかる!

ワイモバイルでは「改姓・改名」「承継」の2つの手続きに手数料などはかかりません。

ただ「譲渡」の場合は1回線あたり3,300円の手数料がかかります。

■名義変更の手数料

  • 改姓、改名:無料
  • 譲渡:3,300円/1回線
  • 承継:無料

例えばお父さんのスマホを息子に、お母さんのスマホを娘にそれぞれ譲渡する場合は2回線譲渡することになるので、手数料は6,600円かかるということになります。

なおこの手数料は名義変更後の初回月額料金に合算されて請求されます。

ワイモバイルショップで支払うわけではないので注意しましょう。

3. 名義変更に必要な書類

複数あるので注意!

ワイモバイルで名義変更するには各手続きによって必要な書類が異なります。

名義変更は必要な書類が多く間違えやすいので、事前にしっかりチェックするようにしましょう。

なお名義変更はいずれの手続きでも本人確認書類が必要になるので、本人確認書類として使える書類については下記記事で確認しておきましょう。

ワイモバイルの契約に必要な本人確認書類は?書類の種類やアップロード方法などを詳しく解説

3-1. 改姓、改名の手続きに必要な書類

改姓、改名は契約者本人ではなく代理人による手続きも可能です。

契約者本人がワイモバイルショップで手続きする場合と代理人がワイモバイルショップで手続きする場合で必要な書類が異なります。

■契約者が手続きする場合

  • 新姓名が記載された本人確認書類の原本
  • 印鑑(シャチハタ可)

■代理人が手続きする場合

  • 新姓名が記載された本人確認書類の原本
  • 印鑑(シャチハタ可)
  • 代理人の本人確認書類の原本
  • 代理人の印鑑(シャチハタ可)
  • 家族証明書類(戸籍謄本か住民票記載事項証明書)
  • 委任状

契約者の家族のみ代理人として手続きが可能になりますので、家族証明書類として「3ヶ月以内に発行した戸籍謄本や住民票記載事項証明書」が必要になります。

市役所や区役所で発行してもらえるので、ワイモバイルショップに行く前に取得してもらいましょう。

なお家族証明書類だけでなく委任状も必要になるので下記ページからダウンロードして契約者に記入してもらいましょう。

委任状ダウンロードページ

3-2. 譲渡(未成年以外)に必要な書類

未成年以外の家族に譲渡する場合は譲渡する新契約者の支払い方法をクレカ払いにするか口座振替にするかで必要な書類が異なります。

なお譲渡の場合は新しい契約者は必ずショップに行く必要があります。

■クレジットカードで支払う場合

  • 現在の契約者の本人確認書類の原本
  • 現契約者の印鑑(シャチハタ不可)
  • 新契約者の本人確認書類の原本
  • 新契約者の印鑑(シャチハタ不可)
  • クレジットカード
  • 委任状※現契約者がショップに行かない場合だけ
  • 支払い名義人同意書※支払い者を変更しない場合だけ
  • 家族証明書類※支払い者を変更しない場合だけ

■口座振替で支払う場合

  • 現在の契約者の本人確認書類の原本
  • 現契約者の印鑑(シャチハタ不可)
  • 新契約者の本人確認書類の原本
  • 新契約者の印鑑(シャチハタ不可)
  • キャッシュカード or 通帳
  • 金融機関登録の印鑑
  • 委任状※現契約者がショップに行かない場合だけ
  • 支払い名義人同意書※支払い者を変更しない場合だけ
  • 家族証明書類※支払い者を変更しない場合だけ

なお例えばお父さんからお母さんに譲渡するけど支払いはお父さんのままというケースであれば上記の書類以外に「支払い名義人同意書」と「家族証明書類(戸籍謄本か住民票記載事項証明書)」も必要になります。

支払い名義人同意書は下記ページからダウンロードして支払い名義人に記載してもらいましょう。

支払い名義人同意書ダウンロードページ

3-3. 未成年者への譲渡に必要な書類

ワイモバイルでは小学生以上の未成年者であれば譲渡が可能です。

ただし中学生の場合は支払い者が親である必要があるので注意しましょう。

■クレジットカードで支払う場合

  • 現契約者の本人確認書類の原本
  • 現契約者の印鑑(シャチハタ不可)
  • 新契約者の本人確認書類の原本
  • 新契約者の印鑑(シャチハタ不可)
  • クレジットカード
  • 支払い名義人同意書

■口座振替で支払う場合

  • 現契約者の本人確認書類の原本
  • 現契約者の印鑑(シャチハタ不可)
  • 新契約者の本人確認書類の原本
  • 新契約者の印鑑(シャチハタ不可)
  • キャッシュカード or 通帳
  • 金融機関登録の印鑑
  • 支払い名義人同意書

なお高校生以上であれば自身のクレジットカードや銀行口座から支払いができますが、支払い名義人同意書は必要です。

支払い名義人同意書は法定代理人同意書を兼ねているため、親のクレジットカードや口座で支払いをしなくても提出することになります。

3-4. 承継の手続きに必要な書類

承継の手続きは契約を引き継ぐ新契約者が支払い方法をクレカ払いにするか口座振替にするかで必要な書類が異なります。

■クレジットカードで支払う場合

  • 現在の契約者の死亡が確認できる書類(コピー可)
  • 新契約者の本人確認書類の原本
  • 新契約者の印鑑(シャチハタ不可)
  • 新契約者のクレジットカード

■口座振替で支払う場合

  • 現在の契約者の死亡が確認できる書類(コピー可)
  • 新契約者の本人確認書類の原本
  • 新契約者の印鑑(シャチハタ不可)
  • キャッシュカード or 通帳
  • 金融機関登録の印鑑

現在の契約者の死亡が確認できる書類は具体的には「死亡診断書」「戸籍謄本」「住民票(除票)」「埋葬または火葬許可証」「死体検案書」「検視調書」のいずれかが必要です。

原本ではなくコピーで問題ありません。

4. ワイモバイルで名義変更するときの注意点

解除される割引もある!

ワイモバイルで名義変更をして契約者が変更された場合は様々な注意点があります。

特に割引の解除などは月額料金が高くなってしまうこともあるのでしっかりチェックしておきましょう。

■名義変更の注意点

  • おうち割や家族割は解除される
  • 学割は条件から外れると解除される
  • 契約審査に落ちるケースもある
  • 未成年者への譲渡は同意書が必要
  • WEBや郵送では名義変更ができない

名義変更でも改姓、改名の手続きであれば上記のような注意点はありません。

あくまで契約者が変更される「譲渡」「承継」の名義変更のみです。

4-1. 名義変更でおうち割や家族割は解除

おうち割や家族割は家族に対して割引が適用されますが、名義変更のうち「譲渡」「承継」した場合は解除されてしまいます。

ただ解除されても再加入が可能なので、名義変更をした後にワイモバイルショップで再勧誘の手続きをしておきましょう。

家族割やおうち割の詳細は下記記事もご確認ください。

ワイモバイルのおうち割を徹底解説!家族割との併用や申し込み方法、条件などまとめ ワイモバイルの家族割引サービスを徹底解説!申し込み方法や条件、おうち割との併用についてまとめ

4-2. 名義変更でも審査はある

譲渡や承継の手続き時は新しい契約者に対して契約審査があります。

ワイモバイルショップでその場で審査をしてくれますが、審査に落ちてしまった場合は譲渡や承継ができないので注意しましょう。

審査に落ちてしまうと承継であれば別の契約者に引き継いでもらう必要がありますし、譲渡であれば譲渡する人を変える必要があります。

4-3. 名義変更はWEBや郵送で手続きができない

名義変更は冒頭でも解説した通り、ワイモバイルショップでのみ手続きが可能です。

WEBや郵送では手続きできないほか、家電量販店などでも受付はできないので必ず最寄りのワイモバイルショップに行くようにしましょう。

■ショップに行く人

  • 改名、改姓:契約者本人か代理人(代理人の場合は委任状が必要)
  • 譲渡:現在の契約者と新しい契約者(新しい契約者のみの場合は委任状が必要)
  • 承継:新しい契約者

各手続きでショップに行く人が決められているので注意しましょう。

5. ワイモバイルで名義変更する方法!まとめ

ワイモバイルの名義変更についてのポイントを下記にまとめました。

  • 名義変更には3つの手続きがある
  • 結婚や離婚で氏名が変更になったときは「改姓、改名」
  • 子供に譲って契約者にする時は「譲渡」
  • 契約者の死亡で家族に契約を引き継ぐ時は「承継」
  • 各手続きで必要な書類が多くあるので事前にチェックしておく
  • 譲渡と承継は契約者が変更されるため割引が解除されることもある

譲渡や承継など契約者が変わる手続きの場合は割引が解除されるので、事前に手続きを行うべきか検討しておきましょう。

とはいえおうち割も家族割も解除されても再加入はできるので、あまり深刻に考えすぎなくてもいいかと思います。