ワイモバイルオンライン限定キャンペーン情報

ワイモバイルの支払い方法は何がある?おすすめの支払い方法や契約後の変更方法などまとめ

本記事ではワイモバイルの料金支払い方法には何があるのか解説していきます。

ワイモバイルでは支払い方法によって契約手続きや支払いのタイミングが異なるので注意が必要です。

ただワイモバイルでは無料で契約後に支払い方法を変更することもできるので、どの支払い方法を選んでも失敗することは少ないでしょう。

1. ワイモバイルの料金支払い方法はクレカ払いと口座振替

2つの方法がある!

ワイモバイルの料金は2つの支払い方法の中から申し込み時に選ぶことになります。

どちらを選んでも手数料などはかかりませんので、都合のいい方法を選ぶことになります。

■ワイモバイルの支払い方法

  • クレジットカード払い
  • 口座振替

なおクレジットカードを持っていない人は口座振替での契約になります。

ただ後述で詳しく説明しますがクレカ払いと口座振替では手続き手順が若干異なる点とショップによっては契約時はクレカ払いしか対応していないショップもあるので注意が必要です。

MEMO

必ず契約者が支払う!

例えばお母さんがワイモバイルを契約するときはお母さん名義のクレジットカードや銀行口座が必要です。

お母さん名義のものがなければ、クレカや銀行口座の名義人を契約者・お母さんを利用者としてワイモバイルで契約することが必要です。

携帯電話の料金はワイモバイルに限らず「必ず契約者が支払う」ことになります。

1-1. ワイモバイルの料金をクレカ払いする

ワイモバイルでは口座振替よりもクレカ払いで支払う方が一般的です。

というのも、クレカ払いであれば申し込み手続きも簡単で余計な手間がかからないというのが大きな理由です。

なおクレジットカードは現在21ブランドに対応しているので、下記の対応しているブランド一覧を確認して対応しているかどうか確認してみましょう。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMEX
  • Diners Club
  • UC
  • MUFGカード
  • DC
  • UFJカード
  • NICOS
  • 三井住友カード
  • イオンクレジットカード
  • オリコ
  • OMC
  • CF
  • Cedyna
  • ライフカード
  • TCキュービック
  • 楽天カード
  • ジャックス
  • ポケットカード

クレジットカードは誰のクレジットカードでもOKというわけではなく必ず契約者名義のクレジットカードが必要になります。

例えば契約者がお父さんであればお父さん名義のクレジットカードが必要ということですね。

1-2. ワイモバイルの料金を口座振替する

ワイモバイルに限らず携帯料金を口座振替で支払う場合は必ず口座振替依頼書と銀行印が必要になります。

口座振替依頼書の原本提出が必須になるため、WEBでワイモバイルを申し込む際は受付ができず、WEBで申し込み後に郵送で手続きをすることになるので手続きが面倒になります。

なおワイモバイルでは下記の金融機関に対応しているため、事前にチェックしておきましょう。

  • ゆうちょ銀行
  • 都市銀行
  • 地方銀行
  • 信託銀行
  • 新生銀行
  • あおぞら銀行
  • シティバンク(在日支店のみ)
  • ジャパンネット銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 信用金庫
  • 労働金庫
  • 商工組合中央金庫
  • 信用組合(一部除く)
  • 農業協同組合
  • 漁業協同組合 (一部除く)

クレカ同様に口座振替の場合も契約者名義の銀行口座が必要になります。

2. ワイモバイルではデビットカードや請求書払い、コンビニ支払いはできない

ワイモバイルではクレジットカードでも「デビットカード」での支払いはできませんし「請求書払い」や「コンビニ支払い」もできないので注意しましょう。

あくまでクレカ払いか口座振替のみ選ぶことになります。

ちなみにワイモバイルでは請求書の発行はできますが、発行手数料として200円かかることになります。

この請求書はあくまで料金内訳を記載しているだけのもので実際は請求書を発行してもらってもクレカや口座振替で支払うことになります。

3. ワイモバイルの料金はクレカ払いと口座振替によって支払いタイミングが異なる

クレカは2ヶ月後、口座は1ヶ月後!

ワイモバイルの料金は支払い方法によって支払いタイミングが異なるので注意しましょう。

結論から言えばクレジットカード払いは2ヶ月後、口座振替は1ヶ月後に料金を支払うことになります。

■支払うタイミング

  • クレジットカード:翌々月のクレカ引き落とし日
  • 口座振替:翌月26日

クレカ払いの場合、10月料金は10月31日に料金が確定し、11月のクレカ締め日にクレカ引き落とし額が確定し、12月のクレカ引き落とし日に支払いになります。

一方口座振替の場合だと、10月料金は10月31日に料金が確定し、11月26日に支払いとなります。

支払い方法によっておよそ1ヶ月ほど料金支払いのタイミングに違いが出てきます。

3-1. クレカ払いの料金支払いのタイミング

クレカ払いの場合は口座振替と違い、クレジットカードの締め日があるため1ヶ月支払いタイミングが遅くなります。

例えばJCBカードで支払う場合はクレカの締め日が毎月15日、クレカの支払いが翌月10日になっています。

10月のワイモバイルの料金は11月上旬に確定するので支払いサイクルは下記になります。

■10月の料金をクレカ払いする場合

  • 10月の料金確定:11月上旬
  • クレカの締め日:11月15日
  • クレカの支払い日:12月10日

クレカの締め日や支払い日はクレカのブランドによって異なりますのでご自身のクレジットカードの締め日と支払い日は確認しておくといいでしょう。

3-2. 口座振替の料金支払いタイミング

口座振替の場合は一律で翌月26日払いになっています。

例えば10月の料金であれば11月26日に口座から引き落としになります。

■10月の料金を口座振替する場合

  • 10月の料金確定:11月上旬
  • 口座引き落とし日:11月26日

クレカと違い口座の締め日というものはないので、クレカよりも1ヶ月程度支払いが早くなります。

なお毎月26日が土日祝日だった場合は、翌営業日に引き落としになりますので注意しましょう。

4. ワイモバイルでクレカ払いの申し込み方法

ショップもWEBも同じ!

ワイモバイルではクレカ払いで申し込むのであれば特別な手続きは不要で簡単に申し込みができます。

またワイモバイルショップや家電量販店、ワイモバイルオンラインストアなどどのショップでも申し込みができるので、ワイモバイルを利用するのであればクレカ払いにしておくと便利です。

ショップ契約をWEB契約のそれぞれでクレカ払いで申し込む方法をまとめてみました。

なおショップ契約やWEB契約問わずワイモバイルの契約には本人確認書類の提出も必要になりますので、下記記事もチェックしておきましょう。

ワイモバイルの契約に必要な本人確認書類は?書類の種類やアップロード方法などを詳しく解説

4-1. ワイモバイルのショップでクレカ払いで手続きする手順

ワイモバイルショップや家電量販店など対面式のショップでは契約書にクレカ情報を記入し捺印するだけで手続きができます。

STEP.1
事前準備

まずはワイモバイルの申し込みに必要なものを準備しましょう。

■申し込みに必要なもの

  • 本人確認書類の原本
  • 契約者名義のクレジットカード
  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • MNP予約番号※乗り換えや番号移行の時だけ

auやドコモ、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合はMNP予約番号も必要になります。

STEP.2
ショップに行く

最寄りのワイモバイルショップや家電量販店に行きましょう。

どこで契約しても手続きは変わりませんが必ず契約者が来店して手続きを行う必要があります。

ショップで契約書へ記入をすることになりますので、契約書にクレジットカードの番号を記入するだけで手続きは完了です。

STEP.3
完了

その場でワイモバイルの利用が開始されますので、これで手続きは完了です。

ワイモバイルで手続きが完了した日から料金が発生します。

例えばワイモバイルを10月15日に利用開始した場合は、10月15日〜10月31日までの日割りした料金が1ヶ月目の料金として請求されます。

MEMO

1ヶ月目の料金に注意!

1ヶ月目の料金は日割りで請求されますが、初期費用やこれまで使っていたスマホの解約金、手数料なども合算されて請求されますので注意しましょう。

STEP.4
料金締め

例えば上述している通り、10月の料金が確定するのは11月上旬ごろになります。

料金が確定するとメールで通知されますので確認しておきましょう。

STEP.5
支払い

クレカのブランドによってクレカの締め日、クレカの支払い日が異なります。

例えば10月のワイモバイル料金をJCBカードで支払う場合は11月15日がクレカの締め日、12月10日がクレカの引き落とし日になります。

4-2. ワイモバイルオンラインストアでクレカ払いで手続きする手順

WEBでワイモバイルを申し込む場合は、申し込み時にクレカ情報を入力するだけで手続きは完了します。

amazonなどで買うのと同じなので迷うことは少ないはずです。

ワイモバイルオンラインストアの手続き手順は下記記事も参考にしてみてください。

ワイモバイルオンラインストアでMNPして乗り換える手順!契約の流れや手数料、日数などまとめ
STEP.1
事前準備

ワイモバイルオンラインストアではご自身で申し込み手続きを進めることになります。

そのため事前に申し込みに必要なものは準備しておくと手続きがスムーズです。

■申し込みに必要なもの

  • 本人確認書類の画像
  • クレジットカード
  • MNP予約番号※乗り換えや番号移行の時だけ
STEP.2
オンラインストアで手続き

オンラインストアへアクセスし、下記の手順で手続きを進めて行きます。

■手続き手順

  1. 希望機種を選ぶ
  2. 希望機種のカラーや容量・料金プランを選ぶ
  3. 本人確認書類をアップロードする
  4. 契約者情報(氏名や住所など)を入力する
  5. クレジットカード情報を入力する
  6. 入力した内容を確認して完了

申し込みフォームにクレジットカード情報を入力するだけなので、難しいことはないと思います。

STEP.3
完了

申し込みが完了してから2〜3日程度で自宅に新しいスマホやSIMカードが届きます。

同封してある開通手順書を見ながら設定を行いワイモバイルの利用を開始しましょう。

ワイモバイルが利用できるようになった日からワイモバイル の料金がかかるようになります。

STEP.4
料金締め

例えば10月15日にワイモバイルを利用できるようになった場合は、10月15日〜10月31日までの料金がかかりますが、請求される金額が確定されるのは11月上旬になります。

確定したらメールで通知がきますので料金を確認しておきましょう。

なお1ヶ月目の料金は初期費用や解約金なども含まれていますので注意しましょう。

STEP.5
支払い

ショップ同様に請求される金額が確定して初めてワイモバイルからクレカ会社に請求になります。

上述しているようにクレカ会社の締め日と支払い日によって実際の支払い日が異なるので事前に確認しておくといいですね。

5. ワイモバイルで口座振替の申し込み方法

WEBでは手続きできない!

ワイモバイルの料金を口座振替で支払うときは、必ず「口座振替依頼書」という書類に記入・捺印をする必要があります。

そのためWEBでは申し込み時に手続きができないので注意しましょう。

WEBでワイモバイルの申し込みをしたい場合はクレカ払いで契約をして契約後に口座振替に支払い方法を変更することが必要になります。

なおショップで手続きする場合はクレカ払い同様の手順で申し込みすることができます。

5-1. ワイモバイルのショップで口座振替で手続きする手順

ワイモバイルショップや家電量販店で契約するときはクレカ払いと変わらない手順で手続きすることになります。

ただショップで契約書の他に口座振替依頼書への記入と捺印も必要になります。

銀行に届け出ている印鑑(銀行印)が必ず必要になりますのでショップに持参しましょう。

STEP.1
事前準備

口座振替で契約手続きをする場合は、通帳と銀行印を持参しましょう。

■申し込みに必要なもの

  • 本人確認書類の原本
  • 契約者名義の銀行口座通帳
  • 銀行印鑑(シャチハタ不可)
  • MNP予約番号※乗り換えや番号移行の時だけ

口座通帳は口座番号や名義人がわかっていれば持参しなくても問題はありません。

STEP.2
ショップに行く

ショップに行ってワイモバイルの契約手続きと口座振替の手続きをしましょう。

契約書と口座振替依頼書の記入と捺印をしておけば手続きは完了です。

STEP.3
手続き完了

クレカ払い同様に手続き完了した日からワイモバイルの利用が開始になります。

STEP.4
料金確定

クレカ同様に例えば10月の料金は11月上旬ごろ確定になります。

料金はmyYmobileから確認することもできます。

STEP.5
引き落とし

口座振替で料金を支払うときは毎月26日に引き落としされますので事前に銀行口座の残高を確認しておきましょう。

なお26日が土日祝日だった場合は翌営業日に引き落としになります。

5-2. ワイモバイルオンラインストアで口座振替で手続きする手順

ワイモバイルオンラインストアなどWEBでワイモバイルの契約をするときは、口座振替で手続きをすることができません。

そのためまずはクレカ払いで契約し、契約後に口座振替に支払い方法を変更することになります。

口座振替に変更するのに1ヶ月〜2ヶ月程度の時間がかかりますので、どうしても口座振替で手続きしたいのであればショップで契約した方が早いです。

STEP.1
まずはクレカ払いで契約する

まずはワイモバイルオンラインストアでクレカ払いで契約をしましょう。

STEP.2
申込書を取り寄せる

クレカ払いでワイモバイルの契約が完了したら下記窓口に電話して口座振替に変更する申込書を取り寄せします。

■自動音声応答サービス窓口

  • ワイモバイルの電話から:116
  • ワイモバイル 以外の電話から:0120-921-156
  • 受付時間:24時間受付(年中無休)
  • 通話料:無料

なお、電話口で4桁のネットワーク暗証番号を聞かれます。

ネットワーク暗証番号はワイモバイル契約時に設定した4桁の暗証番号のことです。

STEP.3
記入して返送する

ご自宅に「支払方法変更申込書(口座振替依頼書)」が届きますので、銀行口座番号や捺印をしましょう。

記入・捺印が終わったら同封されている返信封筒に入れてワイモバイルへ返送します。

STEP.4
完了

ワイモバイルで登録後に自動的に支払い方法が口座振替に変更になります。

なおワイモバイルに返送後、支払い方法が変更されるまでに1ヶ月〜2ヶ月ほどかかりますので注意しましょう。

6. ワイモバイルではクレカ払いと口座振替はどっちがおすすめ?

クレカ払いがおすすめ!

ワイモバイルの支払い方法に迷っているのであればクレカ払いにするのがおすすめです。

ワイモバイルではWEB契約の方が機種値引きなどWEB限定キャンペーンを利用できるため、ショップで購入するよりも料金が安くなります。

そのためワイモバイルオンラインストアで契約するのが一般的ですが、オンラインストアではクレカ払いでの契約が圧倒的に楽なためクレカの方が安く、簡単にワイモバイルを利用できるということになります。

もしクレジットカードを持っていないようであればクレジットカードを持っている家族を契約者として手続きすれば問題ありません。

7. ワイモバイル契約後に支払い方法を変更するやり方

WEBと郵送の2パターンあり!

ワイモバイルでは契約後に支払い方法を変更することができますがクレカ払いから口座振替に変更するのと口座振替からクレカ払いに変更するので変更方法が異なりますので注意しましょう。

■クレカ払いから口座振替に変更

  • 郵送で変更する

■口座振替からクレカ払いに変更

  • WEBで変更する
  • 郵送で変更する

クレカ払いから口座振替に変更する場合はWEBでの手続きができないので、必ず郵送で変更することになります。

7-1. ワイモバイルでクレカ払いから口座振替に変更する方法

上述しているように、クレカ払いから口座振替に変更する場合は郵送で「支払い方法変更申込書(口座振替依頼書)」を提出する必要があります。

まずは下記の窓口に電話をして「支払い方法変更申込書」を郵送してもらう手続きをしましょう。

と言っても電話をするだけです。

■自動音声応答サービス窓口

  • ワイモバイルの電話から:116
  • ワイモバイル 以外の電話から:0120-921-156
  • 受付時間:24時間受付(年中無休)
  • 通話料:無料

支払い方法変更申込書が届いたら記入と捺印を済ませてワイモバイルに返送します。

これだけで変更手続きは完了ですが、支払い方法が変更されるまで1ヶ月〜2ヶ月ほど時間がかかりますので注意しましょう。

7-2. ワイモバイルで口座振替からクレカ払いに変更する方法

上述しているように支払い方法変更申込書の記入と返送でもクレカ払いに変更することは可能ですが、WEBで変更した方が圧倒的に楽です。

クレカ払いに変更するには「myY!mobile」から手続きをしましょう。

■変更する手順

  1. myY!mobileにアクセスする
  2. 契約確認・変更」を選択
  3. 支払い方法変更(クレジットカード)」を選択
  4. クレジットカード情報を入力

郵送よりも簡単で変更完了の翌月分の支払いから支払い方法が変更になります。

8. ワイモバイルの支払い方法は何がある?まとめ

ワイモバイルの支払い方法のポイントを下記にまとめてみました。

  • クレカ払いと口座振替の2パターンある
  • デビットカードや請求書払い、コンビニ払いはできない
  • ショップ契約であればクレカ払い、口座振替どちらも手続き可能
  • WEB契約だとクレカ払いのみ可能
  • WEB契約で口座振替にしたい場合は契約後に支払い方法を変更する
  • おすすめは圧倒的にクレカ払い
  • クレカがない人はクレカを持っている家族を契約者にするのがおすすめ

クレジットカードを持っていない人はクレカ払いにできないので、クレジットカードを持っている家族を契約者にしておくといいでしょう。