ワイモバイルオンライン限定機種値引き!

ワイモバイルのLibero 5Gを徹底レビュー!スペックや価格、お得に買えるキャンペーンなどご紹介

2021年4月8日からワイモバイルでLibero 5Gが発売されます。

ワイモバイルオンラインストアではいきなり半額で購入できるキャンペーンを実施しているので気になっている人も多いかもしれません。

本記事ではワイモバイルのLibero 5Gが気になっている人向けに特徴やスペック、料金などをまとめながらLibero 5Gは買うべきなのか?という点について解説しておきます。

1. ワイモバイルのLibero 5Gはワイモバイル初の5G回線対応スマホ

高コスパスマホ!

ワイモバイルのLibero 5Gはワイモバイルでは初の5G回線対応スマホです。

5G回線は次世代通信規格で簡単に言えば「ものすごくネットの通信速度が早い」回線で、今までの4G回線と比較すると動画などの読み込み待ちやアプリのダウンロード待ちなどがほぼないのでストレスなく利用することができます。

■Libero 5Gの特徴

  • 3万円台で買えるミドルレンジスマホ
  • お財布ケータイなど便利機能搭載
  • 大容量バッテリーと省電力モードで電池持ちがいい

ワイモバイルのLibero 5Gはおサイフケータイや大容量バッテリー機能など様々な便利機能がありながら、価格は3万円台と割安なスマホなのでコスパの高い機種だと言えます。

1-1. Libero 5Gは低価格・中スペックの高コスパスマホ

ワイモバイルのLibero 5Gは機種代金が3万円台と非常に安いスマホですが、スペック自体はミドルレンジスマホなので性能だけでみると「中の下」で”そこそこ”の性能があります。

スマホで動画を視聴したり、スマホゲームをしたり、ネットやLINEをするなど普段使う分には申し分ない性能なので価格を抑えながらも使い勝手がいい高コスパスマホと言えるでしょう。

1-2. Libero 5Gはおサイフケータイ機能など便利機能を搭載

ワイモバイルのLibero 5Gはおサイフケータイやトリプルカメラ、防水・防塵機能など様々な便利機能を搭載しています。

■Libero 5G搭載機能

  • おサイフケータイ機能
  • トリプルカメラ機能
  • 防水/防塵機能
  • 指紋認証機能
  • WiFi/テザリング機能
  • Bluetooth機能

通常価格の安いスマホの場合は搭載されている機能も必要最低限で、かゆい所に手が届かないことも多いのですがLibero 5Gではスマホには必須の便利機能が多く搭載されているので、非常に使い勝手がいいと言えます。

1-3. Libero 5Gは大容量バッテリーと省電力モードで長持ちする

Libero 5Gでは省電力モードという機能がついており、電池の消費を最小限に抑えることができるのでバッテリーが通常よりも長持ちする性能があります。

元々Libero 5Gのバッテリー容量は最新のiPhoneよりも多く、さらに省電力モードで利用していないアプリや機能の消費電力を自動で抑えてくれるので動画の長時間視聴やゲームの長時間プレイなども可能になっています。

2. ワイモバイルのLibero 5Gの機種代金

月額720円から買える!

ワイモバイルのLibero 5Gは機種代金が25,920円と非常に割安なスマホです。

ワイモバイルでは「一括払い」「24回分割払い」「36回分割払い」の3つの支払い回数がありますが、どの支払い回数でも支払い総額は変わりません。

■Libero 5Gの機種代金

  • 一括払い:25,920円
  • 24回分割払い:1,080円 × 24ヶ月
  • 36回分割払い:720円 × 36ヶ月

36回分割で購入すると毎月720円の支払いになるので毎月の月額料金を抑えたいのであれば36回分割で購入するといいでしょう。

2021年4月23日から機種代金が31,680円から25,920円に値下げされました。

MEMO

分割払いで購入して支払い途中でワイモバイルを解約しても解約金などはかかりません。

またワイモバイル解約後も機種代金の支払いが終わるまでは引き続き請求されます。

3. ワイモバイルのLibero 5Gのスペック

バッテリー容量がすごい!

ワイモバイルのLibero 5Gのスペックについて下記にまとめました。

スペック表は全ての項目を理解する必要はなく確認しておくべき項目だけ確認しておきましょう。

スペック
画面6.5インチ
本体サイズ
縦×横×厚さ
166×77×9.2
(mm)
重さ201.7g
CPUSnapdragon690
5Gオクタコア
RAM4GB
OSAndroid11搭載
バッテリー3,900mAh
背面カメラ(メインカメラ)1,600万画素
(広角カメラ)800万画素
(ポートレートカメラ)200万画素
前面カメラ800万画素
回線5G回線
認証指紋認証
カラーホワイト
ブルー
レッド

スマホがサクサク動くかどうかを確認するのであれば「RAM値」カメラ性能であれば「数と画素数」バッテリー性能であれば「バッテリー容量」を確認しておくといいでしょう。

3-1. Libero 5GのCPUやRAM性能

Libero 5Gがいわゆるサクサク動くかどうかという点を確認する場合はCPUやRAM値を確認します。

CPUというのはスマホでアプリを開く、動画を再生するなど「どれだけスマホで複数の作業を行えるか」を指す指標でRAM値は「一つの作業を行う速度」を指します。

RAM値はスマホのグレードの基準となっており、Libero 5GのRAMは4Gなので冒頭でも紹介した通り「中の下」いわゆる”そこそこ”の性能があると言えます。

ただCPUは最新のCPU「Snapdragon690」を搭載しているので、現状発売されている最新のスマホと同様の処理速度があると言えます。

MEMO

スマホのグレードはRAM値で決まる!

  • RAM2GB〜4GB:ローエンドモデル(iPhoneSEなど)
  • RAM4GB〜6GB:ミドルレンジモデル(iPhone11など)
  • RAM6GB以上:ハイエンドモデル(Pixel5やXperiaなど)

3-2. Libero 5Gのバッテリー性能

バッテリーが長持ちするかどうかは単純にバッテリー容量を比較するといいでしょう。

Libero 5Gのバッテリー容量は3,900mAhですが他のスマホと比較するとバッテリー容量自体は大きいと言えます。

■Libero 5Gのバッテリ容量比較

  • Libero 5G:3,900mAh
  • iPhone12:およそ2,775mAh
  • iPhone12mini:およそ2,227mAh
  • iPhoneSE:およそ1,821mAh

ちなみにLibero 5Gは充電をしなくても約497時間はバッテリーが持ちますのでおよそ20日間くらいはバッテリーを充電しなくても電源がついた状態を維持することができます。

3-3. Libero 5Gのカメラ性能

Libero 5Gのカメラは背面に3つ、前面に1つの合計4つのレンズがついています。

カメラ性能自体は普通の性能ですが複数のレンズがついていることによって撮影時に最適なレンズで撮影することが可能です。

例えば夜景や風景を撮影する場合は画素数の高いメインレンズで撮影して、人物を撮影するときは背景をぼかすためにポートレート用のレンズを使うなど使い分けができます。

4. ワイモバイルのLibero 5Gに搭載されている機能

必須機能は網羅!

ワイモバイルのLibero 5Gには低価格なスマホにも関わらず様々な便利機能を搭載しています。

特におサイフケータイ機能などは利用している人も多いので非常に便利ですよね。

機能
おサイフケータイ対応
防水機能IPX7
防塵機能IPX5
認証機能指紋認証
Bluetooth対応
テザリング10台まで
5G回線対応

また低価格スマホにはほとんど搭載されていない防水機能や防塵機能なども備えています。

ハイスペックなスマホには搭載されている必須級の機能を網羅しているので機能性についてはLibero 5Gは非常に高いと言えますね。

MEMO

防水/防塵機能の等級は?

Libero 5Gでは防水機能がIPX7、防塵機能がIPX5という等級です。

防水のIPX7とは「生活防水」防塵のIPX5は「粉塵が内部に侵入せず、侵入したとしても正常な稼働ができる」という基準です。

どちらも「完全防水・完全防塵」とはいかないまでの最高水準の防水/防塵機能を備えています。

5. ワイモバイル「Libero 5G」の料金シミュレーション

最安値2,898円!

ワイモバイルのLibero 5Gで加入できる料金プランは「シンプルS/M/L」です。

シンプルS/M/Lはデータと通話のセットプランになっており、データ容量ごとにシンプルS(3GB)、シンプルM(15GB)、シンプルL(25GB)の3種類ありますのでそれぞれで料金シミュレーションをしました。

ワイモバイルのシンプルS/M/Lの詳細は下記記事もご確認ください。

ワイモバイルの新プラン「シンプルS/M/L」徹底解説!旧プランとの違いや料金シミュレーションをしてみた

5-1. Libero 5GをシンプルS(3GB)で利用した場合の月額料金

シンプルS(3GB)はワイモバイルのプランの中でも最安値で利用できるプランです。

Libero 5Gで加入した場合は最安値で月額2,898円で利用することができます。

24回分割36回分割
機種代金1,080円 × 24回720円 × 36回
シンプルS2,178円2,178円
月額料金3,258円2,898円

5-2. Libero 5GをシンプルM(15GB)で利用した場合の月額料金

ワイモバイルのシンプルMは標準プランで月に15GBまでデータを利用することができます。

通勤や通学時にyoutubeなどで動画を視聴するという人に最適なプランです。

24回分割36回分割
機種代金1,080円 × 24回720円 × 36回
シンプルM3,278円3,278円
月額料金4,358円3,998円

5-3. Libero 5GをシンプルL(25GB)で利用した場合の月額料金

シンプルLはワイモバイルの中では大容量プランという位置付けで毎月25GBまでのデータを利用することができます。

通勤・通学時だけでなく自宅でもyoutubeなどで動画視聴したい人ヘビーユーザーには最適のプランです。

24回分割36回分割
機種代金1,080円 × 24回720円 × 36回
シンプルL4,158円4,158円
月額料金5,238円4,878円

6. ワイモバイルのLibero 5Gではおうち割か家族割が利用できる

ずっと毎月1,188円割引!

ワイモバイルのLibero 5Gでは「おうち割」「家族割引サービス(家族割)」が利用できます。

おうち割と家族割引サービス(家族割)は併用することができませんので、どちらか一方のみ利用することが可能です。

■Libero 5Gで利用できる割引

  • おうち割:ずーっと毎月1,188円
  • 家族割引サービス(家族割):ずーっと毎月1,188円

どちらも割引額は同じ1,188円なので、加入条件を確認して加入しやすい割引を利用するといいでしょう。

おうち割と家族割引サービスの詳細は下記記事をご確認ください。

ワイモバイルのおうち割を徹底解説!家族割との併用や申し込み方法、条件などまとめ ワイモバイルの家族割引サービスを徹底解説!申し込み方法や条件、おうち割との併用についてまとめ

7. ワイモバイルのLibero 5Gでさらにお得に購入する方法

機種代金が半額になる!

ワイモバイルではおうち割や家族割引サービスのような公式キャンペーン以外に、ショップ限定のキャンペーンを実施していますので契約するショップ選びは非常に重要です。

現在、ワイモバイルオンラインストアではオンラインストア限定でLibero 5Gの機種代金が18,000円値引きされるキャンペーンを実施しています。

つまりワイモバイルオンラインストアでLibero 5Gを購入すると機種代金が半額以下で購入できるということです。

■機種代金の違い

  • 通常のショップで購入:25,920円
  • ワイモバイルオンラインストアで購入:7,920円

またワイモバイルオンラインストアでは事務手数料や配送料なども無料になるので、もしLibero 5Gの購入を検討しているようであればワイモバイルオンラインストアがオススメです。

ワイモバイルオンラインストアの詳細は下記記事もご確認ください。

ワイモバイルオンラインストアでMNPして乗り換える手順!契約の流れや手数料、日数などまとめ

8. ワイモバイルのLibero 5Gを徹底レビュー!まとめ

ワイモバイルのLibero 5Gについてのポイントを下記にまとめました。

  • ワイモバイル初の5G回線対応スマホ
  • 低価格でありながら必須機能搭載で使い勝手が非常に良い
  • 特にバッテリー容量は大きく長持ちする
  • 月額料金は最安値3,058円でおうち割や家族割併用でさらに安くなる
  • ワイモバイルオンラインストア限定で機種代金が半額になる

Libero 5Gにおうち割か家族割を利用して、ワイモバイルオンラインストアで契約すると月額1,470円で利用することができます。

スマホ初心者にはもちろん、月額料金を抑えたい人にはピッタリなスマホなのでぜひ検討してみるといいでしょう。