ワイモバイルオンライン限定キャンペーン情報

ワイモバイルの家族割引サービスを徹底解説!申し込み方法や条件、おうち割との併用についてまとめ

ワイモバイルの家族割引サービスはワイモバイルを利用している家族に割引が適用されるキャンペーンですが、家族構成は人によって様々なので利用できるケースと利用できないケースをしっかり把握しておくことが必要です。

本記事ではワイモバイルの家族割引サービスについて申し込み方法や利用条件といった基本情報と、家族割引サービスが利用できる家族の範囲やおうち割との併用などについて詳しく解説していきます。

目次

1. ワイモバイルの家族割引サービスは家族か同居している友人/恋人であれば受けられる

家族の定義は3パターン!

ワイモバイルの家族割引サービスはワイモバイルを利用している家族全員に割引が適用されるキャンペーンですが、血縁関係者だけでなく、住所が同じであれば家族と見なされます。

■家族の定義

  • 同居している家族(血縁関係者)
  • 別居している家族(血縁関係者)
  • 同居している友人や恋人

家族割引サービスに申し込む人の血縁関係者であれば無条件で割引を受けることができます。

また血縁関係者でなくても家族割引サービスに申し込む人と住所が同じであれば家族と見なされ割引を受けることができます。

例えばシェアハウスの友人や同棲している恋人などがワイモバイルを利用しているのであれば家族と見なされ家族割引サービスの割引を受けることができます。

MEMO

血縁関係者は何親等まで対象?

ワイモバイルでは血縁関係者であれば遠い親戚でも家族割引サービス対象になります。

ただ住民票や戸籍謄本に記載されている範囲の家族でないと家族証明ができないため、実質的には住民票や戸籍謄本に記載されている範囲の家族が対象になります。

1-1. 家族割引サービスはワイモバイルを利用している家族全員がずっと550円割引

ワイモバイルの家族割引サービスを適用するとワイモバイルを利用している家族全員が毎月550円の割引を受けられます。

またこの割引は期間がないためワイモバイルを解約しない限りずっと継続されるので非常にお得です。

なお注意したいのは家族割引サービスは「契約者以外の家族全員が対象」になるという点です。

例えばお父さん、お母さん、息子の3人でワイモバイルの家族割引サービスを適用すると、割引を受けられるのはお母さんと息子だけです。

契約者のお父さんには割引が適用されません。

1-2. ワイモバイルの家族割引サービスの割引対象者は最大9回線まで

ワイモバイルの家族割引サービスは1人の契約者につき最大9回線まで割引を適用できますので例えばお父さんが契約者であればお父さん以外の家族9人まで割引が適用できます。

つまりお父さんを含めた10人家族までなら割引が受けられるということですね。

なお1人で2台以上、ワイモバイルのスマホを持っている人も主回線を除く副回線のスマホは家族割引サービスを受けることができます。

1-3. ワイモバイルの家族割引サービスは契約の途中から申し込むことができる

「ワイモバイルの契約」と「家族割引サービスの申し込み」はそれぞれ別の手続きになります。

家族割引サービスの申し込みに期限はありませんのですでにワイモバイルで契約している人でも申し込みをすればいつでも加入することが可能です。

もちろんワイモバイルの契約と家族割引サービスの申し込みを同時にすることも可能です。

2. ワイモバイルの家族割引サービスが適用できる家族の範囲

契約者に紐付くので注意!

上述しているように、ワイモバイルの家族割引サービスは「血縁関係者」もしくは「住所が同じ」であれば家族と見なされます。

ただこれは契約者との関係がどうなのかという点が重要です。

例えばお父さん名義で契約しているワイモバイルのスマホを息子が使っていて、息子はシェアハウスで友人と同居している場合、息子と友人は住所が同じため家族と見なされますが、お父さんと友人は家族と見なされません。

そのためお父さんが家族割引サービスに申し込むと息子は割引を受けられますが、友人は家族割引サービス対象外となります。

あくまで「契約者と血縁関係がある」もしくは「契約者と住所が同じ」である必要があります。

3. ワイモバイルの家族割引サービスを利用する条件

対象プランに加入するだけ!

ワイモバイルの家族割引サービスは対象プランに加入していれば利用することができます。

難しい条件ではないので家族がワイモバイルを利用しているのであれば基本的に利用することができると考えていいでしょう。

■家族割引サービスの条件

  • スマホベーシックプラン に加入する
  • 家族割引サービスに申し込む

スマホベーシックプランはワイモバイルのスマホ向けプランになっています。

家族割引サービスの割引を受けるのであれば家族割引サービスに申し込む契約者や家族、同居している友人・恋人など割引を受けたい人全員がスマホベーシックプランに加入することが必要になります。

スマホベーシックプランの詳細は下記記事も確認してみましょう。

ワイモバイル「スマホベーシックプラン」の全て!料金や解約金、デメリットなど解説します

4. ワイモバイルの家族割引サービスを利用した場合の料金シミュレーション

最安値1,628円!

ワイモバイルで家族割引サービスを利用すると料金はいくらになるのかシミュレーションしました。

家族割引サービスはスマホベーシックプランへの加入が条件になっているため、スマホベーシックプランの各容量ごとに料金を試算します。

4-1. スマホベーシックプランSに家族割引サービスを適用した場合の料金

スマホベーシックプランSは毎月4GBのデータと5分以内の通話がかけ放題のセットプランになります。

ワイモバイルで最安値プランを利用したいのであればスマホベーシックプランSを選ぶといいでしょう。

プランS(4GB)
基本料金2,948円
新規割(6ヶ月)-770円
家族割-550円
月額料金1,628円

通話とデータ4GBのセットプランが1,628円で利用することができます。

この料金はワイモバイルの料金プランの組み合わせの中では最安値で利用できる組み合わせです。

4-2. スマホベーシックプランMに家族割引サービスを適用した場合の料金

スマホベーシックプランMは月13GBのデータプランと5分以内の通話が無料になる通話プランのセットプランです。

プランM(13GB)
基本料金4,048円
新規割(6ヶ月)-770円
家族割-550円
月額料金2,728円

ちなみにどのプランを選んでも割引額は変わらず毎月一律で550円割引になります。

4-3. スマホベーシックプランRに家族割引サービスを適用した場合の料金

スマホベーシックプランRはワイモバイルの大容量データプランで毎月17GBのデータプランと5分以内の通話が無料になる通話プランのセットプランになっています。

youtubeやゲームなどをスマホで利用したい人はスマホベーシックプランRが最適です。

プランR(17GB)
基本料金5,148円
新規割(6ヶ月)-770円
家族割-550円
月額料金3,828円

大容量データプランでも3,000円台で抑えることができます。

5. ワイモバイルの家族割引サービスとおうち割とは併用ができない

どちらも550円割引!

ワイモバイルでは家族割引サービスとおうち割を併用することができません。

どちらも家族に550円の割引が入る割引ですが、微妙に内容や対象者が異なるので注意しましょう。

■家族割引サービス

  • 契約者以外の家族に550円の割引が適用される
  • スマホベーシックプランに加入する

■おうち割

  • 契約者を含めた家族全員に550円の割引が適用される
  • スマホベーシックプランに加入する
  • ソフトバンク光/Airやソフトバンクのおうちでんきを契約する

家族割引サービスでは契約者に割引が適用されませんが、おうち割は契約者にも割引が適用されます。

ただおうち割の場合は自宅の固定回線や電気の契約をする必要がありますので、自宅の固定回線や電気の契約を変更する予定の人はおうち割に加入した方がお得です。

ただ固定回線や電気の契約をしたくない人は家族割引サービスに加入した方がお得ですね。

おうち割の詳細は下記記事でも解説しているのでチェックしてみましょう。

ワイモバイルのおうち割を徹底解説!家族割との併用や申し込み方法、条件などまとめ

6. ワイモバイル「家族割引サービス」の申し込みに必要な書類

家族証明書類が必要!

ワイモバイルの家族割引サービスに申し込む場合は、血縁関係者であることや同じ住所に住んでいることを証明する書類が必要です。

例えばお父さん、お母さん、息子で家族割引サービスに申し込む場合は、お父さんの本人確認書類とお父さん、お母さん、息子が記載されている家族証明書類(住民票か戸籍謄本)が必要になります。

■血縁関係者の場合

  • 申込者の本人確認書類
  • 家族証明書類(住民票や戸籍謄本)
  • 同意書

■同じ住所の友人・恋人の場合

  • 申込者の本人確認書類
  • 申込者と同じ住所が記載された本人確認書類
  • 同意書

なお同じ住所に住んでいる友人や恋人であれば、申込者と同じ住所が記載された本人確認書類が必要です。

本人確認書類は免許証やパスポートであれば問題ありませんが、本人確認書類の種類などは下記記事をご確認ください。

ワイモバイルの契約に必要な本人確認書類は?書類の種類やアップロード方法などを詳しく解説

なお家族割引サービス申し込み時は個人情報取り扱いに関する同意書を持参する必要があります。

同意書や記入見本は同意書ダウンロードページからダウンロードして印刷すれば問題ありません。

7. ワイモバイルの家族割引サービスに申し込む方法

ワイモバイルの契約とは別!

ワイモバイルの家族割引サービスはワイモバイルの契約とは別の手続きが必要になります。

またこれから家族割引サービスに加入する場合と、すでに家族割引サービスに加入していて新しく割引を受ける家族を追加したい場合で申し込み方法が異なります。

■これから初めて家族割引サービスに加入する方法

  • 契約後にワイモバイルショップで申し込む

■家族割引サービスの利用者を追加する方法

  • 契約後にワイモバイルショップで申し込む
  • 契約時にワイモバイルオンラインストアで申し込む

初めてワイモバイルで家族割引サービスを利用したい場合はワイモバイルの契約完了後にワイモバイルショップで手続きをする必要があります。

ただすでに家族割引サービスを利用しているのであればショップへ行かなくてもWEBから申し込むことも可能です。

7-1. ワイモバイル契約後にワイモバイルショップで家族割引サービスに申し込む方法

「これから新しく家族割引サービスに申し込む人」も「家族割引サービスの割引を受ける家族を追加する人」も、ワイモバイルショップで手続きするのが一般的です。

STEP.1
ワイモバイルの契約

まずはワイモバイルの契約をしましょう。

ワイモバイルショップやワイモバイルオンラインストアなどどこで契約しても問題ありません。

ただワイモバイルの契約であればオンラインストアの方が事務手数料無料やWEB限定のキャンペーンなどを実施しているのでお得に契約ができます。

ワイモバイルオンラインストアでMNPして乗り換える手順!契約の流れや手数料、日数などまとめ
STEP.2
ワイモバイルショップに行く

ワイモバイルの契約が完了したら、家族割引サービスの申し込みのためにワイモバイルオンラインストアへ行きます。

申し込みには下記の書類が必要になりますので、必ず原本を用意しましょう。

■必要な書類

  • 本人確認書類
  • 家族証明書類(住民票や戸籍謄本など)

なおワイモバイルショップには必ず契約者が来店して手続きをする必要があります。

STEP.3
家族割引サービスの手続き

本人確認書類や家族証明書類を店員さんに渡せばコピーして返却してくれます。

あとは店員さんが家族割引サービスの手続きを実施してくれるので簡単ですね。

STEP.4
家族割引サービスの適用

家族割引サービスはワイモバイルショップで手続き完了した月の翌月から適用されます。

手続き自体は30分〜1時間程度で完了します。

7-2. ワイモバイル契約時にワイモバイルオンラインストアで家族割引サービスに申し込む方法

すでにワイモバイルの家族割引サービスを利用していて、後から割引を受けたい家族を追加する場合はワイモバイルオンラインストアで契約時に申し込むことができます。

例えばすでにお父さん、お母さんがワイモバイルで家族割を利用していて、息子がワイモバイルで契約するときに息子にも家族割を適用したいというケースです。

STEP.1
ワイモバイルオンラインストアにアクセス

まずはワイモバイルオンラインストアへアクセスし、購入する機種を選びましょう。

なお家族割引サービスはワイモバイルでSIMのみ契約する場合もスマホベーシックプランに加入すれば割引を受けることができます。

STEP.2
家族割引サービスにチェックする

購入する機種を選ぶと機種のカラーや容量、料金プランやオプションなど選択することができます。

割引サービスの選択時に「家族割引サービス」という項目があるのでチェックをしておきましょう。

選び終わると料金が表示されますので、確認をして申し込みを開始しましょう。

STEP.3
必要書類をアップロードする

申し込みを開始すると必要書類をアップロードすることにありますが、具体的には下記手順での本人確認書類をアップロードする必要があります。

■アップロードする手順

  1. 契約者の氏名や住所などを入力する
  2. 契約者の本人確認書類をアップロードする
  3. 利用者の氏名や住所などを入力する
  4. 利用者の家族証明書類をアップロードする

例えばお父さん名義で契約して息子に利用させる場合は、契約者がお父さんで利用者が息子になります。

STEP.4
家族割引サービス適用

本人確認書類のアップロードができれば手続きは完了になります。

完了すると2,3日後に新しい端末やSIMカードが自宅に届くので、届いたら同封している開通手順書を見ながら、ワイモバイルを利用するための設定をしておきましょう。

設定が完了した月の翌月から家族割引サービスの割引を受けることができます。

8. ワイモバイルの家族割引サービスに関するよくある質問

家族割引サービスはいつからいつまで?

家族割引サービスは期間限定ではないので、いつでも申し込みができます。

家族割引サービスは一人で2台以上持っていても適用できる?

できます。

一人で複数台数利用している場合も2台目以降は家族割引サービスを適用することができます。

家族割引サービスの親回線を変更することはできる?

できます。

ただ名義変更する必要がありますので、ワイモバイルショップで手続きする必要があります。

配偶者の親は家族割引対象になる?

家族割引サービスを申し込む人(契約者)と同居していれば割引対象になります。

ただ別居であれば家族証明書類には家族として記載されないので割引対象外になります。

離婚した場合は家族割引サービスはどうなる?

離婚していても同居しているのであれば家族割引サービスを継続して受けることができます。

ただ別居するのであれば家族割引サービス対象外になるのでショップにて家族割引サービス解除の手続きをしましょう。

夫婦が別姓の場合は家族割引サービスを利用できる?

できます。

夫婦別姓でも住民票や戸籍謄本に記載されるため家族証明することが可能です。

家族割引サービスは契約した後にオンラインで申し込みできる?

できません。

契約後に後から申し込むときはワイモバイルショップで手続きする必要があります。

家族割引サービスを受けている家族の料金請求をそれぞれ別にできる?

できません。

家族割引サービスは契約者に紐づくもので、支払いも契約者のクレカや銀行口座を登録する必要があります。

9. ワイモバイルの家族割引サービスを徹底解説!まとめ

ワイモバイルの家族割引サービスに関するポイントを下記にまとめてみました。

  • ワイモバイルを利用している家族や住所が同じ友人/恋人に割引が適用される
  • 割引額は無期限で解約しない限りずっと毎月550円割引
  • スマホベーシックプランに加入することが必須
  • ワイモバイルの契約とは別の手続きなので、契約後にワイモバイルショップで手続きする
  • おうち割との併用はできない

ワイモバイルの家族割は解約しない限りずっと550円の割引を毎月受けられるので、非常にお得なキャンペーンです。

そのため家族の中でワイモバイルを利用している人が多いのであればぜひ検討したい割引です。