ワイモバイルオンライン限定機種値引き!

ワイモバイルの解約金(契約解除料)を免除する方法!損しないための乗り換え・解約方法とは?

ワイモバイルでは解約金がかかるプランと解約金がかならないプランがあります。

そのため「自分のプランは解約金がかかるのか?」「かかるとしたらいくらかかるか?」「解約金を免除する方法はないか」など解約金について知りたいという人も多いようです。

本記事ではワイモバイルで解約金がかかる場合の金額や条件、その解約金を免除する方法など詳しく解説していきます。

この記事をチェックすることで解約金なしで手続きすることもできますので、ぜひ解約前に確認してみてください。

1. 解約金はワイモバイルで機種変更する時はかからない

乗り換えや解約だけ!

そもそもワイモバイルの解約金はワイモバイルを解約する時にかかる費用で「ワイモバイルから他の携帯会社に乗り換える」もしくは「ワイモバイルを解約する」場合にかかることがあります。

■解約金がかかることがある

  • ワイモバイルから他の携帯会社に乗り換え(MNP)する
  • ワイモバイルを解約する

■解約金が一切かからない

  • ワイモバイルで機種変更する
  • ワイモバイルでプラン変更する
  • ワイモバイルで支払い方法の変更をする
  • ワイモバイルでオプションの解除をする

機種変更やプラン変更などは契約を変更する手続きで契約を解除する手続きではないので解約金は一切かかりません。

あくまでワイモバイルとの契約を解除する時にかかる費用です。

1-1. 解約金はワイモバイルの契約更新月以外に乗り換えや解約するとかかる

ワイモバイルでは基本的に契約期間が2年間になりますが、2年間の契約期間の途中で解約をした場合は解約金がかかります。

契約満了した月から3ヶ月間が契約を続けるかどうか決めるための猶予期間で、具体的にはワイモバイルで最後に機種変更や乗り換え(MNP)をした月から24ヶ月目〜26ヶ月目が猶予期間(更新月)になります。

この更新月以外でワイモバイルを解約すると途中解約になるため解約金がかかることになります。

更新月自体はmyY!mobileから簡単に調べることができるので、事前に調べておくといいでしょう。

MEMO

更新月を過ぎると自動的に再度2年間の契約が更新されます。

1-2. ワイモバイルでは解約金がかからないプランがある

ワイモバイルではプランによっては契約期間がないプランがあります。

契約期間がないプランに加入していると更新月などもありませんので、いつワイモバイルを解約しても解約金などは一切かかりません。

つまり契約期間のあるプランは更新月以外に解約すると解約金がかかるが、契約期間のないプランはいつ解約しても解約金がかからないということになります。

2. ワイモバイルの解約金(契約解除料)はプランによって異なる

最新のプランはかからない!

ワイモバイルでは契約期間があるプランとないプランがあるので加入しているプランによってかかる解約金が違います。

具体的には2019年9月以降に開始されたプランは契約期間がないので解約金はかかりませんが、2019年9月以前のプランでは一律10,450円の解約金がかかります。

■契約期間がないプランの解約金

  • シンプルS/M/L:0円
  • スマホベーシックプランS/M/R:0円
  • ケータイベーシックプランSS:0円

■契約期間があるプランの解約金

  • スマホプラン:10,450円
  • データプラン:10,450円
  • 4G-Sプラン:10,450円
  • ケータイプランSS:10,450円

契約期間があるプランに加入していて更新月以外で解約するとワイモバイルを解約した月の月額料金に解約金が10,450円加算されて請求されます。

なお現在ワイモバイルで加入できる契約期間のないプランはスマホ専用プランの「シンプルS/M/L」とガラケー専用プランの「ケータイベーシックプランSS」のみです。

3. ワイモバイルからの乗り換えや解約にかかる解約金を免除する方法

2つある!

ワイモバイルでは契約期間があるプランに加入していても解約金を免除する方法が2つあります。

どちらの方法でも非常に簡単に解約金を回避できるので、もし解約金がかかるプランに加入している人は試してみましょう。

■解約金を免除する方法

  • 更新月に乗り換えるか解約をする
  • 解約金のかからないプランにプラン変更してから乗り換えや解約をする

どちらかといえば更新月に乗り換えや解約するよりも解約金のかからないプランに一旦プラン変更をしてから乗り換えや解約した方が自分でタイミングをコントロールできるのでオススメです。

3-1. 更新月に乗り換えや解約をする

契約期間があるプランに加入している人は「更新月に解約する」ことで解約金は免除されます。

まずは更新月がいつなのかをmyY!mobileで確認して、表示されている更新月内に乗り換えや解約をしましょう。

■解約金が免除になる手順

  1. myY!mobileで更新月を確認する
  2. 更新月の期間内に乗り換えや解約の手続きをする

なおワイモバイルから他の携帯会社へ乗り換える場合は更新月内に乗り換えの手続きを完了させる必要があります。

申し込みするだけでなく手続きを完了させる必要があるので更新月ギリギリに申し込むよりは余裕を持って申し込みしておくといいですね。

ワイモバイルの更新月の調べ方は下記記事でも詳しく解説していますのでチェックしてみましょう。

ワイモバイルの更新月を確認する方法!プランごとの契約期間や違約金についても解説

3-2. 解約金のかからないプランにプラン変更する

解約金のかかるプランに加入している人は、解約金のかからないプランにプラン変更してから乗り換えや解約をすると解約金は免除されます。

■解約金が免除になる手順

  • ワイモバイルでプラン変更の手続きをする
  • 手続きをした翌月に乗り換えや解約の手続きをする

プラン変更はプラン変更の手続きをした月の翌月から変更後のプランが適用されますので、プラン変更の手続きをした翌月にワイモバイルから乗り換えや解約をすることが必要です。

なおプラン変更は「myY!mobile」「ワイモバイルショップ」「電話」のいずれかの方法で手続きできますが、手続きの詳しい手順は下記記事で解説していますので確認してみましょう。

ワイモバイルでプラン変更する方法!キャンセル方法や手続きタイミング、手順や手数料などまとめ

4. ワイモバイルの解約金に関するよくある質問

ワイモバイルで解約金がかからないのはいつから?

2019年9月からです。

ただし2019年9月以降に受付開始されたプランに加入している人だけが解約金がかからなくなります。

2019年9月以降に受付開始されたプランは「スマホベーシックプランS/M/R」「シンプルS/M/L」「ケータイベーシックプランSS」の3プランだけです。

ワイモバイルの解約金はいつ支払う?

ワイモバイルを解約した月の月額料金に合算されて請求されます。

具体的には月額料金を口座振替で支払っている場合は解約した月の翌月、クレカ払いの場合は解約した月の翌々月になります。

ワイモバイルの解約金はいくら?

10,450円です。

決して安くないのでできるだけ解約金が免除されるようにしておきましょう。

ワイモバイルで2年以上利用してたら解約金はかからない?

かかることもあります。

例えば2021年4月にワイモバイルで機種変更をすると、更新月は2023年3月〜5月になります。

2023年5月を過ぎると自動的に再度2年間の契約になるので次の更新月は2025年4月〜6月になります。

もちろん更新月以外で乗り換えや解約をすると2年以上使っていたとしても解約金がかかります。

5. ワイモバイルの解約金(契約解除料)を免除する方法!まとめ

ワイモバイルの解約金のポイントについて下記にまとめました。

  • 解約金は解約する場合とワイモバイルから乗り換える場合だけ
  • 機種変更やプラン変更などでは解約金はかからない
  • シンプルS/M/Lなどの最新プランでは契約期間がないので解約金はかからない
  • 解約金は2019年9月以前の古いプランだけかかる
  • 解約金がかかるプランは更新月に解約するか、最新のプランにプラン変更すると解約金免除

解約金はうまく手続きすれば本来はかける必要のない費用です。

決して安い費用ではないので、ワイモバイルから乗り換えする場合や解約する場合はまずご自身のプランが解約金がかかるかどうかを確認し、免除できるように手続きを進めましょう。