ソフトバンクの高額キャッシュバック情報

初心者は必読!UQモバイルで端末のセット購入をするべき理由

UQモバイルは端末セットで購入すべき理由

UQモバイルを契約する方法として「端末と通話・データプランをセットで契約する方法」と端末を購入せずに「通話プランやデータプランだけ契約する方法」の2種類の方法があります。

端末を購入せずに、今お使いの端末を引き続き利用するほうがそもそも端末代金がかからないので安くなると考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし確かにUQモバイルの月額料金は安くなるかもしれませんが端末を購入しないことによるデメリットがあることをご存知ない人も多いように感じます。

結論から言うと端末を購入しないことによるデメリットが大きすぎるためUQモバイルで契約する場合は端末をセットで購入することをオススメします。

端末を購入しないことによるデメリットとはなんなのか、本記事では詳しく解説していきます。

1. 端末を購入しないでUQモバイルを利用する方法

端末を購入しないでUQモバイルを利用するためには端末を別で用意する必要がありますが、一般的に用意する方法は2つあります。

◆端末を用意する方法

  • SIMロック解除した今お使いのスマホを利用する
  • SIMフリーの端末を購入する

どちらもUQモバイルの通話プランやデータプランが登録してあるSIMカードを挿すことでUQモバイルが利用することができます。

SIMカードってなに?と思った方はまずこちらの記事をご覧いただければと思います。

格安SIMと格安スマホの違い料金や特徴から見る!おかげ式!?格安スマホと格安SIMの違いを解説

しかし端末を用意するこの2種類の方法にはそれぞれ非常に大きなデメリットがありますので一つずつ確認をしていきましょう。

2. SIMロック解除した端末を利用するデメリット

SIMロック解除のデメリット

今お使いのスマホのSIMロックを解除しUQモバイルのSIMカードに挿し替えることでUQモバイルの通話プラン・データプランを利用することができます。

元々、例えばauのスマホを利用している人はauのSIMカードしか使うことができないようにスマホが制御されています。(SIMロックと言います)

この制御を解除し、au以外のSIMカードを使えるようにすることをSIMロック解除と言います。

しかしSIMロック解除した端末を利用するにはデメリットがいくつかあります。

◆SIMロック解除した端末のデメリット

  • 解約金や端末残債がかかる
  • 故障や修理の時に代替機がない
  • 動作保証していない

それぞれどういうことなのか一つずつ見ていきましょう。

2-1. 解約金や端末残債がかかる

SIMロック解除の解約金と残債

今使っている端末のSIMロックを解除し、UQモバイルを利用する場合は今使っている携帯電話会社は解約になってしまうので解約のタイミングによっては解約金端末残債がかかることもあります。

例えばauのiPhoneXを購入後4ヶ月目でSIMロック解除し解約をした場合、24ヶ月以内の解約のため解約金が10,260円(税込)かかってきます。

また端末代金はauの場合iPhoneXが総額で128,160円になります。

24回分割で月々5,340円ですので4ヶ月分支払っていると128,160円-21,360円=106,800円の端末残債が残ります。

この端末残債は一括ではなく残り20ヶ月間毎月5,340円が解約した後もauから請求されます。

また重要なのはauを利用中は端末代金の割引が-1,000円適応されているので端末代金が実際は4,340円になりますが、解約をしてしまうと端末代金の割引がないので5,340円がそのまま請求されます。

そのためauで契約中に支払っている端末代金よりも端末残債として支払う金額の方が高くなってしまいます。

解約金や端末残債が高額になってしまうと、せっかく安いUQモバイルに乗り換えてもあまり意味がなくなってしまいますよね。

そう言う意味では今お使いのスマホを24ヶ月以上利用してからSIMロック解除するのがいいと思います。

2-2. 故障や修理の時に代替機がない

代替機がない

今お使いの端末をSIMロック解除しUQモバイルで使っている時に万が一故障や修理が発生した場合はその端末を購入した携帯会社のショップで故障・修理の受付が可能です。

しかし契約者でないため修理中の代替機がないので、1週間スマホが使えないと言うことが出てきます。

故障なんてそうそう起きないでしょ!と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、SIMロック解除した端末は購入したての新品の端末ではありませんよね。

スマホの平均寿命は3年程度と言われていますので、例えば端末残債や解約金を回避するために2年間使っていれば残りの寿命は1年ですのでバッテリーの劣化などの不具合は新品の端末と比べると発生しやすくなります。

そのため修理費用は自己負担になりますし、修理期間中の代替機もないので非常に不便かと思います。

新品の端末を使わないと言うことは故障や修理などのリスクが高まるということにつながってくるのではないでしょうか。

2-3. SIMロック解除した端末の動作保証をしていない

SIMロック解除端末の端末保証

これがSIMロック解除の一番のデメリットかもしれませんが、SIMロック解除をした端末はUQモバイルでも今使っている携帯電話会社でも基本的に動作保証をしていません。

SIMロック解除した端末はUQモバイルで利用することが基本的にできますが、日々スマホはアップデートを重ねているためSIMロック解除した端末が動作しなくなるリスクが常にあるのです。

あくまでリスクですが、過去iPhoneの最新機種が某格安スマホ会社のSIMで動作しないと言うトラブルも実際にありましたのでせっかくSIMロック解除したのにスマホが動作しないということになりかねません。

あくまでSIMロック解除した端末はユーザーが持ち込んだ端末でUQモバイルが公式認定しているわけではありませんのでSIMロック解除した端末に不具合があったとしてもUQモバイルでは保証や解決はしてくれません

そのためSIMロック解除はリスクや不具合を自己解決できる人だけが利用すべきではないでしょうか。

3. SIMフリー端末を購入するデメリット

SIMフリー端末のデメリット

SIMフリー端末はiPhoneであればアップルストアでのみ販売しており、iPhoneXで121,824円(税込)、iPhone8で85,104円(税込)で購入することができます。

このSIMフリー端末であればUQモバイルのSIMカードを挿すだけでUQモバイルのプランを利用することができますがSIMロックを解除した端末と同様にやはりデメリットがあります。

◆SIMフリー端末を購入するデメリット

  • 端末代金が高額で結局月額料金が高くなる
  • APN設定が必要
  • 修理はアップルでのみ対応可能

SIMフリー端末は最新のiPhoneを格安スマホとして利用する方法としてよく紹介されることが多いです。

確かに最新のiPhoneを格安スマホとして利用することができるのですが、デメリットも当然ありますのでそれぞれみていきましょう。

3-1. 端末代金が高額で結局月額料金が高くなる

SIMフリー端末は月額料金が高くなる

SIMフリー端末の場合はiPhoneXで121,824円(税込)24回分割で月々5,076円(税込)、iPhone8の場合は85,104円(税込)24回分割で月々3,546円(税込)の端末代金がかかります。

これはUQモバイルから請求されるわけではなくアップルから請求がされるので、見た目上UQモバイルの月額料金が安く見えるだけでUQモバイルとアップルの請求額を合算するとau,ドコモ・ソフトバンクで利用した場合とほとんど月額料金は変わりません

そのため月額料金が安いという格安スマホのメリットがそもそもなくなってしまいますので、それであればサポートも手厚く通信回線も安定しているauやドコモ・ソフトバンクで契約をした方がいいのかもしれません。

3-2. APN設定が必要

APN設定とはUQモバイルの通信回線を利用するための端末設定を指します。

例えばauの端末であれば最初からauの通信回線を利用するためのAPN設定がされていますが、SIMフリーの端末にはAPN設定がされていないので購入するSIMカードに合わせて設定をする必要があります。

これは指定の構成プロファイルをインストールして設定をすればいいのですが、初心者にはハードルが高いですよね。

手順を見ながら設定するだけですのでそこまで難しいこともないのですがAPN設定が必要になるということも面倒なデメリットの一つと言えるのかもしれません。

3-3. 修理はアップルでのみ対応可能

SIMフリー端末の修理はアップルストア

SIMフリー端末の端末保証はアップルのapplecareに入るしか方法はありませんし、SIMフリー端末の購入時にしか加入することはできません。

applecareはUQモバイルの端末保証ではなくappleの端末保証になるため、万が一SIMフリー端末が故障した場合はアップルに修理を依頼するしか方法はありません。

依頼方法はアップルストアに直接行くか、端末をアップルに送って修理してもらうかの2通りありますが、例えば不具合があるからちょっと聞きたいとか、故障なのかどうかそもそもわからない場合に気軽に相談ができないケースもあります。

SIMフリー端末についてUQモバイルに問い合わせをしても解決できないこともあるので、やはりこういった不具合や修理などもある程度自己解決できる人に向いているのではないかと思います。

4. UQモバイルで端末とセットで購入するべき理由

UQモバイルの端末セット

今回ご紹介したSIMロック解除端末やSIMフリー端末のデメリットはUQモバイルで端末と通話プラン・データプランをセットで購入することによって全て解消することができます。

そもそもSIMロック解除やSIMフリー端末はデメリットをしっかりと解消することができる、またはデメリットを回避するだけの知識がある人向けの利用方法であって、格安スマホ初心者の人実施してしまうと失敗するリスクが非常に高くなってしまいます。

そのため初めて格安スマホに乗り換えると言う人は端末とセットで購入した方が、端末が動かないとか月額料金がほとんど変わらなかったなどの失敗もなく快適に利用することができるのだと思います。

月額料金を基準に契約方法を選ぶのは節約への最短の方法のようには見えますが、実は失敗するリスクを高め結局遠回りしているだけに過ぎません。

そのためまずは格安スマホを無理なく契約すると言うことが最優先だと考えますので、よりベーシックな端末とプランのセット契約がオススメだと言えるのではないでしょうか。

5. まとめ

いかがだったでしょうか。

SIMロック解除やSIMフリー端末はうまくデメリットを回避したり自己解決できる上級者の人にはメリットがあるものかもしれませんが、格安スマホ初心者の人には非常に難易度が高いのではと思います。

近年では格安スマホからau・ドコモ・ソフトバンクへ戻るユーザーも増えてきており、その原因の一つが月額料金を少しでも安くしようとして上級者向けの契約をしてしまうということがあるのではないでしょうか。

格安スマホ初心者の方であればまずは背伸びをせず・無理をせずにベーシックな契約をしておくことが、実はスマホの料金を節約するための近い道なのではないかと思います。

初心者向けのオススメプランをいくつかご紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧いただければと思います。

UQモバイルのおすすめプランUQモバイルのおすすめプラン!これ選べば間違いないと言われる理由とは?