ソフトバンクの高額キャッシュバック情報

UQモバイルの家族割を適用する時に必要な本人確認書類は?

UQモバイルの家族割の適用に必要な本人確認書類は?

UQモバイルの家族割を適用するためには本人確認書類が必要になります。

UQモバイルの家族割を適用したい家族が「同居している」か「別居しているか」によって提出する書類が違いますので、同居/別居でそれぞれ解説をしていきます。

注意したいのはUQモバイルの家族割はUQモバイルの契約後に別途申し込みをする必要があるということです。

そのためまだUQモバイルの契約をしていない人はまず先にUQモバイルの契約をしてしまいましょう。

家族割の内容や適用までの流れはこちらをどうぞ

UQモバイルの家族割初心者向け!UQモバイルの家族割について条件や申し込み方法を解説

UQモバイルの申し込みはこちらからどうぞ

UQモバイルの申し込みはこちら

1. UQモバイルの家族割を適用したい家族全員が同居している場合の本人確認書類

同居している家族にUQモバイルの家族割を適用させる

ショップで申し込むなら原本が必要!

UQモバイルの家族割を適用したい家族全員が同居、つまり住所が全員同じ場合はどこで申し込みをするかによって準備する書類が異なります。

◆電話で申し込む場合

  • 本人確認書類は必要なし

◆ショップで申し込む場合

  • 適用したい家族全員の本人確認書類の原本

UQモバイルの家族割を適用したい家族全員が同居している場合は、電話一本で申し込みができるので本人確認書類は実は必要ありません。

電話でなく、ショップに行って適用したいときだけ「適用したい家族全員分の本人確認書類」が必要になります。

1-1. 【同居している場合】UQモバイルの家族割を電話で申し込む時の本人確認書類

家族全員が同居(住所が同じ)で、UQモバイルの家族割に電話で申し込みをする場合は書類の提出は必要ありません。

また家族割の手続き自体も電話口のオペレーターが実施してくれるので簡単に適用することができます。

同居している家族にUQモバイルの家族割を適用させる流れ

契約者が代表して電話で申し込みをすれば問題ありませんので、ショップで申し込みをするよりも簡単に申し込みをすることが可能です。

1-2. 【同居している場合】UQモバイルの家族割をショップで申し込む時の本人確認書類

UQモバイルの家族割について相談しながら申し込みたいというのであればショップに行って申し込みをしましょう。

ただ電話で申し込みをする場合と比較すると、本人確認書類の用意が必要なのと長い待ち時間が発生することもあります。

◆家族割適用に必要な本人確認書類※原本が必須

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+補助書類
  • 住民基本台帳カード
  • 身体障がい者手帳 / 療育手帳 / 精神障がい者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書 / 在留カード

家族割を適用したい家族全員分の本人確認書類が必要になります。

例えば家族3人に家族割を適用したい場合、1人目が運転免許証2人目がパスポートというようなそれぞれ違う本人確認書類でも問題ありません。

ただ注意したいのは本人確認書類や補助書類はコピーだと受付不可になりますので、必ず原本をショップに持参しましょう。

またUQモバイルの契約時に提出した本人確認書類でなくても問題ありませんが、同じ本人確認書類を用意した方が無難だと思います。

家族割を適用するのに必要な本人確認書類

なお健康保険証を本人確認書類にする場合は、健康保険証の他に補助書類として「公共料金の領収書」か「住民票」も用意する必要があります。

健康保険証だけでは受付できないのでご注意ください。

補助書類

公共料金の領収書か住民票といった補助書類に記載されている氏名や住所保険証に記載されている氏名や住所一致している必要があります。

書類が間違えていたり、必要な書類が足りない場合は再来店となってしまいますので、事前に正しい書類かどうか確認しておきましょう。

本人確認書類の注意点
  • 家族全員分の本人確認書類が必要(全員バラバラの本人確認書類も可)
  • 必ず原本を提出する
  • 健康保険証の場合は「記載された住所が同じ補助書類」も必要になる

2. UQモバイルの家族割を適用したい家族が別居している場合の本人確認書類

別居している家族にUQモバイルの家族割を適用させる

電話はコピー、ショップは原本が必要!

UQモバイルの家族割を適用したい家族の中で、誰か一人でも別居(住所が違う)している場合は用意する書類が少し複雑になるので注意しましょう。

◆電話で申し込む場合

  1. 適用したい家族全員の本人確認書類の“コピー”
  2. 家族証明書類の“原本”

◆ショップで申し込む場合

  1. 適用したい家族全員の本人確認書類の“原本”
  2. 家族証明書類の“原本”

電話で申し込みをしても、ショップで申し込みをしても必要な書類自体は変わりませんが、コピーを用意するか原本を用意するかが違います。

また住所が違うので、必ず家族であるという証明書類が必要になります。

家族証明書類が必要

家族証明書類として「戸籍謄本」が必要になりますので、事前に区役所や市役所などで発行をしてもらいましょう。

またこの家族証明書類は発行から3ヶ月以内の戸籍謄本でないと受付不可になりますので注意しましょう。

2-1. 【別居している場合】UQモバイルの家族割を電話で申し込む時の本人確認書類

UQモバイルの家族割を適用したい家族の中に1人でも別居(住所が違う)している人がいる場合は、電話で申し込み後に本人確認書類と家族証明書類を郵送で送る必要があります。

そのため全員分の本人確認書類と家族証明書類を用意することになります。

別居している家族にUQモバイルの家族割を適用させる流れ

本人確認書類自体は郵送でUQモバイルに送ることになりますので、原本ではなくコピーを送るようにします。

郵送した書類は返却されないので、絶対に原本を送らないようにしましょう。

なお家族証明書類の戸籍謄本は原本で送っても問題ありません。

◆家族割適用に必要な本人確認書類※コピーが必須

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+補助書類
  • 住民基本台帳カード
  • 身体障がい者手帳 / 療育手帳 / 精神障がい者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書 / 在留カード

本人確認書類をコピーするときに失敗しやすいのが、コピー機のインクの濃度が濃すぎて文字や顔写真が見えないというケースです。

文字が潰れてしまったり、顔写真が真っ黒になってしまうと書類不備で再提出になってしまいますのでご注意ください。

本人確認書類の注意点
  • 電話で申し込み後に郵送で本人確認書類と家族証明書類を送る
  • 本人確認書類は必ずコピーを提出する
  • 書類をコピーする時のインクの濃さは薄めにする
  • 本人確認書類の他に家族証明書類として「戸籍謄本」が必要

なお本人確認書類によってコピーする箇所が違いますので、下記にそれぞれまとめてみました。

免許証

表面は必ず必要です

裏面は住所変更などで新住所が記入されている場合のみ必要になります。

免許証

裏面も必要な場合は、表面で1枚・裏面で1枚の合計2枚のコピーが必要です。

パスポート

顔写真がついているページが1枚と所持人記載欄(住所記載欄)のページが1枚の合計2枚が必要です。

ページを開いた状態で見開き両面の全体が映るように1枚ずつコピーしてください。

パスポート

パスポートは必ず2枚必要になります。

健康保険証+補助書類

表面が必ず必要です。

表面に住所が記載されていない場合、裏面に手書きで住所を記載して裏面もコピーしてください。

裏面が必要な場合は、表面が1枚と裏面が1まいの2枚のコピーが必要です。

保険証

また補助書類として「公共料金の領収書」か「住民票」が必要です。

どちらを補助書類にしてもいいので、手元にある書類を用意するといいと思います。

住民票が複数枚に渡っている場合は、全てのページを1枚ずつコピーする必要がありますので、住民票が3枚に渡っている場合は1ページずつの合計3枚のコピーが必要ですね。

また公共料金の領収書は「住所が記載している面」を1枚コピーすればOKです。

住民基本台帳カード

表面は必ず必要になります。

住所変更などで裏面に新住所の記載がある場合のみ裏面も必要になります。

住民基本台帳カード

表面のみの場合は表面のみ1枚、裏面も必要であれば表面1枚・裏面1枚の合計2枚必要になります。

その他本人確認書類

下記の書類を本人確認書類として用意する場合は、住所記載のページが1枚必要になります。

  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

2-2. 【別居している場合】UQモバイルの家族割をショップで申し込む時の本人確認書類

家族割をUQモバイルショップで申し込みたい場合は、契約者がUQモバイルショップへ来店して申し込みましょう。

家族全員で来店する必要はなく、契約者が全員分の本人確認書類と家族証明書類を持参すれば問題ありません。

本確と家族証明

またショップで申し込みをする場合の本人確認書類はコピー不可なので必ず”原本”を持参してください。

申し込み完了後に本人確認書類や家族証明書類は返却されます。

◆家族割適用に必要な本人確認書類※原本が必須

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+補助書類
  • 住民基本台帳カード
  • 身体障がい者手帳 / 療育手帳 / 精神障がい者健康福祉手帳
  • 特別永住者証明書 / 在留カード

◆家族割適用に必要な家族証明書類

  • 戸籍謄本

家族証明書類は発行後3ヶ月以内の書類である必要があります。

また本人確認書類や家族証明書類に不備などがあった場合は再来店になってしまいますので注意しましょう。

本人確認書類の注意点
  • 契約者がショップに行って申し込む
  • 本人確認書類と家族証明書類は必ず原本を用意する
  • 家族証明書類は必ず発行後3ヶ月以内の書類を用意する

3. UQモバイルの家族割を同一名義の複数回線に適用したい場合の本人確認書類

同一名義複数回線の場合

ショップで申し込むなら原本が必要!

UQモバイルの家族割は1人で2台以上UQモバイルのスマホを利用していても、家族割を適用することが可能です。

ほとんどないと思いますが、UQモバイルの家族割は9回線まで適用できるので、1人でUQモバイルのスマホを9台持っている人も適用することができます。

同一名義複数回線とは?

上図の場合は仕事用スマホプライベート用スマホも「お父さんが使っているスマホ」なのでお父さんの本人確認書類だけを用意すれば問題ありません。

基本的には家族割を同居している家族に適用するケースと同じです。

◆電話で申し込む場合

  • 本人確認書類は必要なし

◆ショップで申し込む場合

  • 契約者の本人確認書類の“原本”

3-1. 【同一名義の複数回線】UQモバイルの家族割を電話で申し込む場合の本人確認書類

同一名義の複数回線に対して電話で家族割を適用させるのであれば本人確認書類は必要ありません。

電話でUQお客様センターに電話をし、契約者情報を口頭で伝えればオペレーターが家族割を適用してくれます。

◆UQお客様センター

0120-929-818

受付時間:9:00〜21:00(年中無休)

※通話料無料

なお、必ず契約者本人が電話をして申し込む必要があります。

3-2. 【同一名義の複数回線】UQモバイルの家族割をショップで申し込む場合の本人確認書類

同一名義の複数回線に対して家族割をUQモバイルショップで申し込む場合は、契約者本人の本人確認書類を原本で持参しましょう。

◆家族割適用に必要な本人確認書類※原本が必須

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+補助書類
  • 住民基本台帳カード
  • 身体障がい者手帳 / 療育手帳 / 精神障がい者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書 / 在留カード

1台目も2台目も契約者の住所は同じなので、家族証明書類は必要ありません。

上記の本人確認書類の中から1点原本を持参しましょう。

4. UQモバイルの家族割を適用する時に必要な本人確認書類は?まとめ

いかがだったでしょうか。

UQモバイルの家族割を適用するときに必要な本人確認書類を下記にまとめてみました。

◆家族が同居している場合

  • 電話で申し込み:本人確認書類なし
  • ショップで申し込み:家族全員の本人確認書類の“原本”

◆家族が別居している場合

  • 電話で申し込み:家族全員の本人確認書類の“コピー”と家族証明書類
  • ショップで申し込み:家族全員の本人確認書類の“原本”と家族証明書類

◆同一名義複数回線の場合

  • 電話で申し込み:本人確認書類なし
  • ショップで申し込み:契約者の本人確認書類の“原本”

適用したい家族の住所やどこで申し込みをするのかによって用意するべき本人確認書類は変わってきますので注意しましょう。

UQモバイルの家族割を申し込みするのであれば、電話で申し込むのが一番早くて簡単に申し込みできるのではないかと思います。

UQモバイルの契約をまだしていないという人はこちらから申し込みができますので、まず先にUQモバイルの契約を完了させておきましょう。

UQモバイル