ソフトバンクの高額キャッシュバック情報

他の格安スマホ会社と比較した!UQモバイルのデメリット

他の格安スマホ会社と比較した!UQモバイルのデメリット

UQモバイルは通信速度が速く、利用ユーザーからの評価も高いのでまず始めに検討するべき格安スマホ会社だと言えると思います。

しかし格安スマホの中でも最強!のUQモバイルでも他の格安スマホ会社と比較してデメリットになってしまう部分もあります。

格安スマホ選びに失敗しないためにも、UQモバイルのデメリットについてはしっかりとチェックしておきましょう。

1. 他の格安スマホ会社と比べたUQモバイルのデメリット

他の格安スマホと比較したUQモバイルのデメリット

上級者にはデメリットが大きい

UQモバイルは他の格安スマホ会社と比較するとシンプルでわかりやすいプランと、高いサービス品質で人気の格安スマホ会社ですが下記のようなデメリットもあります。

◆UQモバイルのデメリット

  • SIMカードだけを購入すると割高
  • プランの組み合わせ自由度は低い
  • 会員サービスなどが少ない

どちらかといえばUQモバイルはauやドコモ・ソフトバンクと同じように通話プランとデータプランのセットプランが主流になっています。

そのため様々なプランを組み合わせたりカスタマイズしたい人はデメリットが大きいかもしれません。

1-1. UQモバイルはSIMカードだけを購入すると割高

UQモバイルにはUQモバイルで端末を購入して利用する方法と、今使っている端末をそのままUQモバイルのプランで利用する方法2通りあります。

いま使っている端末をそのままUQモバイルのプランで利用したいという人がSIMカードだけを購入することになりますが、UQモバイルではSIMカードだけの購入の場合月額料金が割高になってしまいます。

UQモバイルはSIMだけ購入すると割高

他の格安スマホ会社では通話料はかけた分だけ月額料金に加算されますので、元々のプラン料金は安めに設定されています。

しかしUQモバイルではauやドコモ・ソフトバンク同様に通話定額プランになっていますので、料金は割高になります。

※その分UQモバイルでは通話料金が加算されることはありません。

ただこれはSIMカードだけを購入した場合で、端末も一緒に購入すると月額料金は大きく変わってきます。

UQモバイルは端末も一緒に買うと月額料金は安くなる

UQモバイルでは端末を購入すると割引が適用されるため、端末を購入する場合は他の格安スマホ会社よりも月額料金は安くなるのです。

いま使っている端末を格安スマホのプランで利用したほうが端末代金もかからないし安くなる!と思いがちですが、実は大きな間違いです。

SIMカードだけを購入すると様々なデメリットがありますので、下記記事をチェックしてみてはいかがでしょうか。

auのiPhoneをUQモバイルでそのまま使うのは危険な理由UQモバイルでauのiPhoneをそのまま使うのは危険な理由

なんにせよ、いまお使いのスマホをそのままUQモバイルで利用するというのはデメリットも多いので、端末を購入した方がリスクなく安く利用することができます。

1-2. UQモバイルはプランの組み合わせ自由度は低い

UQモバイルではデータ容量ごとに2GB、6GB、14GBの3パターンしかありません。

シンプルでわかりやすいのですが、1GB単位で細かく管理したいのであれば他の格安スマホ会社の方がプランの組み合わせに対する自由度は高いので無駄の一切ないプランを選ぶことが可能です。

UQモバイルはプランの組み合わせ自由度が低い

格安スマホはスマホに詳しい人であれば様々なプランやオプションを組み合わせて最適なプランを作ることが可能です。

しかしスマホのプランに詳しくない人にとっては非常に難しいですよね。

UQモバイルはまさにそういったスマホのプランに詳しくない人向けに「通話定額+データ」のセットプランを揃えているので、プランはシンプルでわかりやすいけれど自由度が低くなってしまうというわけです。

1-3. UQモバイルは会員サービスなどは少ない

以前は格安スマホといえば、月額料金がどれだけ安いかという点が格安スマホ業界における競争のポイントになってきました。

しかし月額料金の値下げ競争も頭打ちになってきた近年では、独自のサービスを打ち出すことで他者との差別化を図ることも多くなってきています。

例えば楽天モバイルであれば楽天ポイントが貯まったり、ワイモバイルであればTポイントが貯まったりと利用者向けのポイントサービスというのが会員サービスの主流ですね。

UQモバイルは会員サービスなどが少ない

しかしUQモバイルではポイントサービスというのが現状ありませんので、楽天ポイントやTポイントが貯まった方がいいというのであればUQモバイルよりも他の格安スマホ会社の方がお得かもしれません。

ただポイントだけで契約する格安スマホ会社を決めてしまうのは失敗するリスクを高めてしまうので、ご自身のスマホの使い方にあった会社を総合的に判断した方がいいと思います。

2. UQモバイルのデメリットまとめ

UQモバイルのデメリットまとめ

どのように使いたいかが重要!

巷ではUQモバイル最強!と言われているほど高品質な格安スマホサービスではありますが、今回ご紹介したようなデメリットも当然あります。

ただ重要なのは月額料金の安さを基準に選ぶのではなく、ご自身のスマホの使い方に合う格安スマホを選ぶことです。

auやドコモソフトバンクであればサービス自体はどこで契約してもほとんど同じなので、月額料金を基準に選ぶべきではあると思います。

格安スマホは使い方の合う会社を選ぶべき

しかし格安スマホはそもそもサービス自体が全く違うので、月額料金を基準に選ぶと失敗するリスクが非常に高くなってしまいます。

そのためどの格安スマホにするか選ぶときは、どのように使いたいのかを基準に選びましょう。

auやドコモ・ソフトバンクと同じように使えて安ければいい!というのであればUQモバイルが最適だと思います。

3. UQモバイルに向いているのはどういう人?

UQモバイルに向いているのはどういう人?

スマホに詳しくない人には最適!

格安スマホは契約後にプラン変更をしながら徐々に自分に合うプランに変えていくことでプランの最適化をしていく場合が多いです。

そのため毎月データ量や通話時間などを管理しながらプラン変更をしていく必要があります。

格安スマホのプランの最適化

UQモバイルの場合はauやドコモ・ソフトバンクと同じように「通話定額+データ」のセットプランになっているので、プランの管理などは必要ありません。

そのためauやドコモ・ソフトバンクと同じように使えて安ければOK!という人には最適だと思います。

UQモバイルが合う人の具体例

ちなみに筆者自身は毎月のデータ量の管理などはめんどくさくて出来ない派なのでUQモバイルに乗り換えました。

auやドコモ・ソフトバンクとほとんど変わらないので非常に簡単に料金を節約することが可能なのでオススメです。

UQモバイルに乗り換えた時の体験談を下記にまとめていますので、よろしければご覧ください。

【体験談】UQモバイルの申し込みから届くまでの日数と手順を検証UQモバイルに実際に申し込みをして手順や手続き時間を検証してみた

4. UQモバイルのオススメのプラン・機種は?

UQモバイルのオススメのプラン・機種は?

iPhone6sのおしゃべりプランかぴったりプラン

UQモバイルではiPhone6sのおしゃべりプランかぴったりプランで契約するのが主流になっているのでオススメです。

おしゃべりプランとぴったりプランは月額料金は変わりませんが、通話定額の内容が異なりますのでご自身の使い方に合わせて選ぶといいと思います。

おしゃべりプランとぴったりプランの違い表

このプランであれば、auやドコモ・ソフトバンクと同じようにプランと機種を選ぶだけで簡単に契約することができますし、プラン管理や最適化をする必要もありません。

誰でも簡単に安くスマホを利用することが可能です。

月額料金をデータプランごとに下記にまとめてみました。

2GB
プラン
6GB
プラン
14GB
プラン
iPhone6s(32GB) 2,484 2,484 2,484
プラン料金 2,138 3,218 5,378
割引 -1,404 -1,944 -1,944
月額料金 3,218 3,758 5,918

データ容量を選ぶ目安としては下記を基準に選ぶといいと思います。

2GBプラン:ネットやアプリをほとんどしない人向け

6GBプラン:ネットやアプリは毎日する。動画は週1,2回見る人向け

14GBプラン:ネットやアプリは毎日する。動画も毎日見る人向け

ちなみに一番人気のプランは6GBプランになっています。

なお、おしゃべりプランとぴったりプランで迷う・・という人は下記記事を参考にしていただければと思います。

UQモバイルのおしゃべりプランとぴったりプランの違いおしゃべりプランとぴったりプランはどっちがいい?迷う人はこう決めるべき

5. 他の格安スマホ会社と比較した!UQモバイルのデメリットまとめ

いかがだったでしょうか。

UQモバイルは格安スマホ業界最強と言われるほど、高品質なサービスを提供する格安スマホ会社ではあります。

しかしポイントを貯めたいとか、SIMだけ購入したいというような場合は他の格安スマホ会社の方がお得になるケースもありますので注意が必要です。

UQモバイルはauやドコモ・ソフトバンクと同じように端末とセットで購入する人や、めんどくさいのが嫌な人にはピッタリだと思います。

しかし反対にめんどくさくても月額料金を徹底的に最適化して安くしたいという人には向かないかもしれません。

このように向き/不向きがハッキリでてきますので、格安スマホ選びはご自身の使い方に合うかどうかを基準に選んでいくのがいいと思います。