ソフトバンクの最新キャンペーン情報

ソフトバンク「トクするサポート+」徹底解説!機種代金が半額になるメリットやデメリットをまとめ

ソフトバンクのトクするサポート+はトータルで支払う機種代金が最大で半額程度安くなるキャンペーンです。

他のキャンペーンと違い月額料金から直接割引されるわけではないので実感しにくいキャンペーンではありますが、年々機種代金が高くなっている昨今では非常にお得なキャンペーンだといえます。

本記事ではトクするサポート+のメリット・デメリットや実際の割引適用までの流れを解説していきます。

1. トクするサポート+は機種代金が最大半額で安くなるキャンペーン

48回分割で買う!

トクするサポート+には特典Aと特典Bの2つ特典があり、どちらかを選ぶことになります。

ただどちらも48回分割払いでスマホを購入し、購入したスマホを買い替え時にソフトバンクに返却することが必要になります。

■特典A

  • 25ヶ月目以降に機種変更すると機種変更前に使ってた機種の残債が免除になる特典

■特典B

  • 25ヶ月目以降にソフトバンクにそのスマホを返却するとペイペイボーナスがもらえる特典

またトクするサポート+に加入していると25ヶ月目にSMSで通知が来ますので機種変更や返却のタイミングがわかるようになっています。

MEMO

スマホの返却はお近くのソフトバンクショップで受付しています。

1-1. 特典Aはソフトバンクで継続して契約する人向け

特典Aは48回分割払いで購入したスマホを25ヶ月目以降に機種変更した場合残りの支払い額が免除される特典です。

通常96,000円のスマホを48回払いで購入すると48ヶ月間毎月2,000円の機種代金を支払いますが、例えば25ヶ月目に機種変更しても残りの24回分は継続して請求されます。

しかしトクするサポートを利用すると、25ヶ月目に機種変更すると残りの24回分の残債は免除され支払う必要がなくなります。

■96,000円のスマホを購入した場合の機種代金

(税抜) トクサポあり トクサポなし
1〜24ヶ月目 2,000円 2,000円
25〜48ヶ月目 免除 2,000円
トータル支払い 48,000円 96,000円

25ヶ月目に機種変更すると最大で半額程度、トータルで支払う機種代金が安くなります。

30ヶ月目に機種変更するのと25ヶ月目に機種変更するのとでは免除される期間が違うので、25ヶ月目に機種変更するのが一番お得になります。

なお機種変更する必要があるので、継続してソフトバンクを利用したい人向けの特典です。

1-2. 特典Bはソフトバンクから他社に乗り換え(MNP)したい人向け

特典Bは48回分割で購入したスマホを25ヶ月目以降にソフトバンクへ返却するとPayPayボーナスがもらえる特典です。

機種変更をする必要はなく、auやドコモ、格安スマホなどのMVNOへ乗り換え(MNP)する人が利用できる特典です。

なお特典Bと特典Aは併用できないので、例えば25ヶ月目に特典Bを利用した場合は残り24回分の機種代金は継続して請求されますので注意しましょう。

なお返却時にスマホの種類や状態などをソフトバンクが査定してPayPayボーナスの付与額が決まります。

2. トクするサポート+のメリット

高額なスマホほどメリットがある!

トクするサポート+は月額料金に割引が入るようなキャンペーンではないので、お得さを実感しにくい面もありますが最大でスマホ代金の半額が支払い免除になるので相当なメリットがあります。

■メリット

  • 高いスマホ代金が最大で半額になる
  • 不要なスマホの処分ができる

例えば50,000円のスマホであれば最大25,000円お得に、150,000円のスマホであれば最大75,000円お得になるので機種代金が高いスマホほどメリットが大きくなります。

またスマホは個人情報の塊なので、中古ショップに売るのも怖いしそのまま放置している人も多いかと思います。

そういった不要なスマホをソフトバンクが処理してくれるので、個人情報の流出などの懸念もなく安心して処分できるんじゃないかと思います。

3. トクするサポート+には1年買い替えオプションもある

あまりおすすめしない!

トクするサポート+には1年買い替えオプションというオプションもあります。

オプションとはいえ、オプション料金などはかからないので誰でも利用することができます。

通常だとトクするサポート+は25ヶ月目以降で機種変更する必要がありますが、1年買い替えオプションを利用すると13ヶ月目以降で機種変更してもトクするサポート+を利用することができます。

■96,000円のスマホを購入した場合の機種代金

(税抜) 1年買い替え
あり
1年買い替え
なし
1〜12ヶ月目 毎月2,000円 毎月2,000円
13〜24ヶ月目 一括で24,000円 毎月2,000円
25〜48ヶ月目 免除 免除
トータル支払い 48,000円 48,000円

しかし13ヶ月目〜24ヶ月目までの機種代金を一括で支払うことが必要になります。

つまり13ヶ月目で機種変更しても結局24ヶ月目までの機種代金は支払うことになるので、あまり意味がないオプションかもしれません。

4. トクするサポート+の利用条件

特典AとBで違う!

トクするサポート+を利用するための条件は特典Aを利用するのと特典Bを利用するのとで違います。

それぞれどのような条件を満たす必要があるのかまとめました。

■特典Aの条件

  • 2020年3月27日以降に発売された機種を48回分割払いで購入する
  • 25ヶ月目以降に他の機種に機種変更する
  • 今まで使っていた対象機種をソフトバンクに回収してもらう

■特典Bの条件

  • 2020年3月27日以降に発売された機種を48回分割払いで購入する
  • 25ヶ月目以降にそのスマホをソフトバンクに回収してもらう

注意点として特典Aの機種変更する機種はソフトバンクで販売している機種が対象です。

あくまでソフトバンクに回収してもらう予定のスマホが対象機種であれば問題ありません。

また回収時にソフトバンク側で機種の査定が行われ、壊れている場合は22,000円の回収費用がかかります。

回収費用を支払えばトクするサポート+を利用できますが、支払わない場合は回収キャンセルになりトクするサポート+を利用することはできません。

5. トクするサポート+のデメリット

実質的にはデメリットなし!

トクするサポートは料金がかかるわけではありませんので利用することで何か不利益を得るということはありません。

ただあえてまとめると下記のようなデメリットがあるかもしれません。

■デメリット

  • 機種変更のタイミングを決められてしまう
  • スマホを壊さないように使う必要がある
  • 対象機種が決められている

トクするサポート+の利用を前提とすると、使い方やタイミングなどに制約が入ることになります。

5-1. トクするサポート+の機種変更は25ヶ月目以降

トクするサポート+を利用する場合は25ヶ月目以降に機種変更する必要があります。

例えば25ヶ月目になって、まだまだ使い続けたくてもトクするサポート+を利用するために機種変更するというケースも出てきます。

またスマホを購入してすぐに落として壊れたので機種変更するといった場合もトクするサポート+を利用することができません。

必ず25ヶ月目以降に機種変更をすることになるので、機種変更のタイミングを決められてしまうというデメリットはあるかもしれません。

5-2. トクするサポート+はスマホが壊れていると料金がかかる

トクするサポート+は48回分割払いでスマホを購入し、購入したスマホを機種変更する時にソフトバンクに返却することが必要です。

しかし返却時にスマホが下記の状態になっていると、別途回収料金として22,000円かかることになります。

もし上記のような状態になってしまった場合は22,000円支払ってトクするサポート+を適用するか、22,000円を支払わずにトクするサポート+も適用しないかを選ぶことができます。

なんにせよスマホを壊さないように利用しなくてはいけません。

注意

あんしん保証パックに加入していると、22,000円の回収費用が割引になります。

■iPhoneの場合

  • ガラス・筐体の破損:22,000円から3,740円に割引
  • その他の故障:22,000円から12,980円に割引

■Android機種の場合

  • 全ての故障が22,000円から5,000円に割引

5-3. 対象機種は2020年3月27日以降に発売された機種

トクするサポート+を利用できる機種は2020年3月27日以降に発売された機種が対象です。

具体的な対象機種を下記にまとめました。

トクするサポート+対象機種にiPhone12シリーズやPixel5が追加されました。

■対象機種(2020年10月15日時点)

  • NEW!iPhone12/12Pro/12mini/12ProMax
  • iPhoneSE(第2世代)
  • NEW!Google Pixel5
  • Google Pixel4a
  • シンプルスマホ5
  • AQUOS R5G
  • LG V60 ThinQ 5G
  • OPPO Reno3 5G
  • ZTE Axon 10 Pro 5G

対象機種以外の例えばiPhone11などでは利用できません。

上述しているようにiPhone11やGoogle Pixel4など2020年3月27日以前に発売された機種は「トクするサポート」の利用が必要です。

「トクするサポート+」と「トクするサポート」は名称が似ていますが、違うキャンペーンです。

6. 「トクするサポート+」と「トクするサポート」の違いを比較

対象機種と利用料が違う!

新キャンペーンの「トクするサポート+」と旧キャンペーンの「トクするサポート」では内容はほぼ変わりませんが、対象機種と利用料が違います。

なお旧キャンペーンの「トクするサポート」も対象機種であれば現在も加入することが可能なので違いを比較してみます。

トクサポ+ トクサポ
対象機種 2020/3/27
以降の機種
2020/3/26
以前の機種
利用料 なし 390円/月
免除額 最大半額 最大半額
特典A あり あり
特典B あり なし
買い替え
オプション
あり あり

iPhone11など2020年3月26日以前に発売された機種では「トクするサポート」のみ加入が可能ですが、2年間毎月390円の利用料がかかってしまいます。

免除額は機種代金の最大半額で内容も変わりませんが、利用料として9,360円が余計にかかることになります。

また特典BのPayPayボーナスがつかないなど、内容の大枠は同じですが微妙に違う点もあります。

旧キャンペーンのトクするサポートは利用料がかかってしまうので、デメリットも多いですが新キャンペーンのトクするサポート+は大きなメリットがあると実感できるのではないでしょうか。

7. トクするサポート+に関するよくある質問

トクするサポート+に加入していて使わなかったらどうなる?

トクするサポート+に加入していても、機種変更やスマホの回収をしなければ特典の利用ができないだけでペナルティなどはありません。

料金もかかるわけではないので、契約時にとりあえず加入しておいて利用するかどうかは後から決めるという形でも問題ないと思います。

トクするサポート+の回収・査定に出す方法は?

お近くのソフトバンクショップに回収・査定してもらう機種を持ち込めばその場で回収・査定をしてくれます。

またこの際、本人確認書類が必要になるので免許証などを用意しておきましょう。

画面割れしているスマホでもトクするサポート+を利用できる?

22,000円の回収費用を支払えばトクするサポート+を利用できます。

またあんしん保証パックに加入しているのであれば、iPhoneだと3,740円、Android機種だと5,000円の回収費用で済みます。

修理した場合は1万円以上の修理費用がかかるので、あんしん保証パックに加入しているなら回収費用を払ったほうが安くすみます。

あんしん保証パックに加入していないのであれば、修理費用の見積もりを確認してから決めるといいでしょう。

トクするサポート+はIMEIが確認できないと回収されないと聞きました

はい。

スマホにはIMEIという固有識別番号が振られています。

通常利用する分には確認できないことはありませんが、改造品などの場合はIMEIが確認できないケースがあります。

この場合は回収費用を支払っても回収不可となってしまいます。

トクするサポート+の申し込み方法は?

対象機種を購入する際に、トクするサポート+に申し込みたい旨を伝えるだけで申し込みできます。

何か特別な手続きなどは必要ありませんし、利用しなくても損はないのでひとまず申し込みだけしておくとよいでしょう。

8. トクするサポート+のまとめ

ソフトバンクのトクするサポート+についての内容を下記にまとめました。

  • 48回分割払いで購入し、25ヶ月目以降で機種変更時に返却する
  • 最大機種代金の半額が支払い免除になる(特典A)
  • 機種変更しない場合はPayPayボーナスがもらえる(特典B)
  • 2020年3月27日発売以降の機種が対象
  • 利用料金などはかからないので、対象機種購入時はとりあえず加入しとく

スマホの機種代金は年々高くなっており、10万円を超える機種も多くなってきました。

料金がかかるわけでもありませんので、少しでも負担を減らすためにトクするサポート+にはぜひ加入しておくことをおすすめします。