ソフトバンクの高額キャッシュバック情報

初心者にオススメしたい!「王道をいく」格安スマホの選び方ガイド

格安スマホの選び方

近年、格安スマホは月額料金の安さだけでなく会社ごとに様々な独自サービスを打ち出し始めてきています。

これから購入を検討してみようという方にとっては嬉しいことではありますが、あれもこれもとなるとどう選んだらいいかわからないですよね。

格安スマホ会社のサービスは組み合わせもオプションなど含めれば数百とパターンがありますので迷うのも無理はありません。

ただ選び方のコツさえつかんでしまえば、簡単にあなたにピッタリの格安スマホ会社やプランが見つかるはずです。

ここでは格安スマホをどうやって選んだらいいかわからない!という初心者の方に「王道」の格安スマホの選び方をご紹介します。

1. まずは格安スマホ会社を決める

格安スマホを検討する方のほとんどが「月額料金を安くしたい」ということが目的だと思います。

ただ選ぶ際に「どこが安いか」という基準で選ぼうとするとほとんどの場合がよく分からなくなり挫折することになります。

まずは安くすることを前提に「なにに使いたいか」という点について優先順位をつけていくことが重要なポイントになります。

あなたはスマホをなにに使いたいですか?

1-1. 格安スマホでネットやアプリを利用したい

ネットやアプリを利用したい

ネットを利用したい人には「通信速度」が重要になります。

格安スマホは朝帯(7時から9時)・昼帯(12時から13時)・夜帯(18時から19時)前後はネットやアプリにつながりづらくなることがあります。

理由は格安スマホの通信回線はau/docomo/ソフトバンクから回線を借りてサービス提供をしています。

そのため利用者が集中する時間帯になると回線に負荷がかかりやすく通信回線が遅くなるのです。

ネットを利用したい人はなるべく回線速度の遅くなりにくい(安定している)格安スマホ会社を選びましょう。

回線が安定している(遅くなりにくい)格安スマホ会社はau回線の『UQモバイル』とソフトバンク回線の『ワイモバイル』の2社があります。

あなたが使いたい回線(au/softbank)で決めるのがいいと思います。

1-2. 格安スマホでiPhoneを使いたい

iPhoneを使っている図

iPhoneを使いたい人には『iPhoneが販売しているかどうか』を基準に考えるといいと思います。

ただ格安スマホ会社で販売しているiPhoneはiPhoneSEとiPhone6sだけとなっており、最新のiPhone8やiPhoneXの販売はしていません。

今現在使っている最新のiPhoneをそのまま使う方法(SIMロック解除)やiPhone8やiPhoneXのSIMフリー端末購入する方法などいくつか方法はあります。

しかし乗り換える際は格安スマホ会社が販売している端末を購入することを初心者の方には強くオススメします。

なぜなら今使っている最新のiPhoneをそのまま使おうとすると端末残債や違約金が発生することもある上、SIMロック解除すると当然端末の保証や動作不良になった場合の保証なども一切ありません。

またSIMフリー端末を購入するにしても、3キャリア(au/docomo/softbank)であるような端末割引がありませんので普通に3キャリアで使っている月額料金とそこまで変わりません。

それでは格安スマホにする意味もないと思いますので、当サイトでは格安スマホ会社が販売する端末の購入を強くオススメしているわけです。

iPhoneSEやiPhone6sにない機能といえば『Face ID(顔認証)』や『Apple Pay』くらいなもので性能やスペックに関しては正直あまり変わりません。

新機能があなたにとって必須でなければ安いiPhoneSEやiPhone6sの方がいいのではないでしょうか?

iPhoneが買える格安スマホはau回線の『UQモバイル』とソフトバンク回線の『ワイモバイル』、ドコモ回線の『楽天モバイル』の3社があります。

こちらもあなたが使いたい回線(au/ドコモ/ソフトバンク)で決めるのがいいと思います。

1-3. 格安スマホでSNSを利用したい

格安スマホのデータ通信量は1GBから5GBの小容量プランが多く、大手3キャリアのようなデータ20GBやデータ50GBといった大容量プランはほとんどありません。

そのため限られたデータ通信量の中で節約しながらインターネットやアプリ、動画などを利用していく必要があります。

そんな中、SNSで頻繁に画像のアップロードやダウンロードなどする方には『SNSカウントフリープラン』のある格安スマホ会社を選びましょう。

この『SNSカウントフリーサービス』とはLINE,Twitter,Facebook,Instagram利用のデータ消費がゼロなのでSNSが使い放題になるサービスです。

またLINE電話のような通話もデータ消費がないため、LINEの通話であれば通話し放題になります。

◆SNSカウントフリーサービス対象一覧

 

SNSカウントフリーサービス

このサービスはLINEモバイルが提供していますのでSNSをたくさん利用したい方は『LINEモバイル』を検討するのはいかがでしょうか?

1-4. 格安スマホを安心して利用したい

サポート充実画像

今契約している携帯電話が仮に故障・紛失したら街中の携帯ショップにとりあえず行くという方が多いのではないでしょうか?

しかし格安スマホのショップは都市部に少しある程度で店舗数がとても少ないので、とりあえず「ショップに行ってなんとかしてもらう」ということがなかなかできないかもしれません。

そのため故障や紛失、何かトラブルがあった際はネットで調べるかサポートセンターに電話して自力で解決していくことになります。

そうなった時に、同じ故障や修理・トラブルに遭遇した人にどうやったら解決したかをWEB上で教えてもらうことができたら実際に経験している分的確で便利ですよね。

格安スマホを安心して利用したい方は「コミュニティサイトサービス」のある格安スマホ会社を検討してみてはいかがでしょうか?

この「コミュニティサイト」は同じ格安スマホ会社で契約しているユーザー同士で質問をしたり、困った時に解決方法を教えてもらえたりする交流サイトです。

このサービスサイトを提供している格安スマホ会社は『mineo(マイネオ)』『UQモバイル』があります。

mineo(マイネオ)はドコモ回線とau回線の2つの回線を選ぶことができる格安スマホでUQモバイルはau回線の格安スマホになります。

実際に契約したユーザでないとコミュニティサイトは利用できませんが、閲覧自体は可能ですので実際に見てみてはいかがでしょうか?

mineo(マイネオ)はマイネ王というサイトです。

UQモバイルはUQ PLANETというサイトです。

2. 格安スマホの機種とプランを決める

機種とプランを決める

格安スマホ会社の候補をある程度決めたら、次はどのプラン・機種にするかを決めていきましょう!

プランや機種の組み合わせはキャンペーンやオプションを含めれば数百種類の組み合わせパターンが存在します。

それらすべての中から最適なプランを見つけよう!というのはかなり難しいのである程度絞っていく必要があります。

一番簡単なのはWEBサイトなどで掲載している格安スマホ会社ごとのオススメプランにする方法です。

ただ注意することとして単純にオススメ!ではなく根拠や理由付きのオススメプランが掲載してあるサイトで見るのがいいと思います。

また月額料金は下を見ればキリがなく、より複雑でデメリットも生じやすいです。

そのためあなたの許容できる月額料金がどの程度かを事前に決めた上でその許容範囲内のプランを選ぶことをオススメします。

情報を探しすぎると選択肢が多くなりすぎて逆に選べなくなります。

これで格安スマホ会社・プラン・機種が決まったのではないでしょうか?

3. 格安スマホのデメリットを確認する

希望の格安スマホ会社や希望の機種・プランを決めたらいざ申し込み!・・・の前に事前にやっておくべきことがあります。

格安スマホに限らずデメリットはどのような商品にもありますのでそこまで神経質になる必要はありませんが、基本的にはデメリットは申し込みをする前に把握しておくことをオススメします。

事前に知っておくことで対処できることもありますし、また実際に購入した後で予期しない問題が発生した時に慌てたり後悔することもなくなると思います。

当サイトでも格安スマホのデメリットをまとめていますので気になった方はぜひご覧ください。

格安スマホのデメリット安いだけじゃない!必ず知っておきたい格安スマホの5つのデメリット

4. 重要!格安スマホの料金比較は意味がない!?

格安スマホ会社間での料金比較は格安スマホ会社を決める上ではあまり意味がありませんので注意が必要です。

理由としては3キャリア(au/docomo/softbank)のように同じ基準での比較ができないからです。

例えばA社はデータ容量2GB・4GB・8GBのプランしかなくB社は3GB・5GB・10GBのプランしかないとしたらA社とB社で比較してもデータ容量がそもそも違うので比較になりませんよね。

格安スマホ会社間ではデータ容量やプラン内容、機種などがすべて同条件で比較ができるということはまずありえません。

そのため料金の目安を知るという意味ではいいかと思いますが、料金比較で格安スマホ会社を選ぶと失敗することもありますので注意した方がいいと思います。

格安スマホ料金比較例

iPhoneが使いたい人はA社を選ぶでしょうし、ネットを利用したい人はB社を選びますよね。

また単純に月額料金だけで比較するとA社ですし、端末割引額(キャンペーンなど)で見ればB社の方が割引額は大きくお得かもしれません。

つまり格安スマホ会社を選ぶのに料金比較はあまり意味はなく『あなたがどのように使いたいか』が繰り返しになりますが格安スマホの選び方の重要なポイントになると思います。

5. まとめ

いかがだったでしょうか?

初めて格安スマホに買い替えようとしている人が失敗しがちなのは、料金を下げたいと色々調べすぎてしまったり間違った基準でサービスを比較してしまい結局よくわからなくなってしまうことだと思います。

3キャリアと比較すれば、格安スマホ会社の月額料金は例外なく安いです。

だからこそ安さだけでなくあなたがどのように使いたいかを基準に選んでいったほうが最適なプランに巡り会うことができるのではないでしょうか?

ぜひ格安スマホ選びの参考にしていただけたら嬉しいです。