ソフトバンクの高額キャッシュバック情報

ソフトバンクのXPERIA1徹底レビュー!XZ3との違いを性能や価格で比較調査

2019年6月14日にソフトバンクからXPERIA1が発売されます。

ソフトバンクのアンドロイドスマホの中でもエクスペリアシリーズは非常にファンも多いので、購入の検討をしている人も多いのではないでしょうか。

本記事では旧機種のXPERIAXZ3とどこが違うのかをスペックや価格・機能面などから比較してみようと思います。

1. XPERIA1の特徴

写真の撮影や閲覧に特化!

XPERIA1は旧機種のXPERIAXZ3と比較すると、写真撮影や画像の閲覧に関する性能が大幅に向上しています。

もともとディスプレイや音響機能に優れるXPERIAシリーズですが、XPERIA1ではより写真よりの調整がされているとも言えます。

1-1. XPERIA1はトリプルレンズ搭載

XPERIA1の大きな特徴としては、エクスペリアシリーズ初のトリプルレンズを搭載しているという点です。

XPERIAXZ3がシングルレンズだったことを考えると非常に大きな進化ですよね。

スマホに内蔵されたレンズが1つから3つに増えたことで、大きく変わるのは「夜景での人物撮影」や「明暗の差がある場所の撮影」などがあげられます。

トリプルレンズだと夜景と人物を異なるレンズで撮影し、スマホ内で自動合成することにより夜景も人物も最適な明るさで撮影することができるので非常に綺麗な写真が撮れます。

シングルレンズだと人物と背景を同時に撮ることになるので、人物か背景が極端に暗い(もしくは明るい)写真になってしまいます。

つまりシングルレンズで綺麗に撮影しようとするとある程度の技術が必要になりますが、トリプルレンズを搭載したXPERIA1であれば、誰でも簡単に綺麗な写真が撮影できます。

1-2. XPERIA1は4K対応の有機ELディスプレイ搭載

XPERIA1ではディスプレイが4K対応になっています。

ソニーのディスプレイは特に色の鮮やかさが特徴的で実際に目で見るよりも鮮やかな表示をしてくれます。

例えば同じディスプレイで有名なAQUOSシリーズでは、実際に目で見たとおりの忠実な色表示にこだわりがあるので、同じディスプレイでもメーカーによって考え方が少し違いますよね。

目で見るよりも鮮やかな表示ができるディスプレイはどちらかといえば、動画よりも写真に適しているので、そういった意味ではXPERIA1が写真の撮影や閲覧に最適だと言えるかもしれません。

1-3. XPERIAシリーズの中でも超ハイスペック!

XPERIAシリーズはもともとハイスペックなスマホではありますが、XPERIA1はそれをはるかに上回る超ハイスペックな性能を誇ります。

一般的にスマホのグレードはRAMで判断することが多く、下記の基準で決まります。

◆スマホのグレード基準(RAM)

  • 4GB以上:ハイスペック
  • 2~3GB:ミドルスペック
  • 1GB:ロースペック

スペックに関しては後述しますが、XPERIAXZ3はRAMが4GBとハイスペック機種に分類されますが、XPERIA1のRAMは6GBと超ハイスペックな機種になっています。

写真の撮影や閲覧だけでなく、ネットや高画質な動画・3Dゲームなどでも読み込み待ちが発生することなくサクサク利用することができます。

2. XPERIA1の価格

超ハイスペックなので割高

ソフトバンクのXPERIA1はソフトバンクで発売されているスマホの中でもトップクラスの性能を誇ります。

そのためやはり機種代金も割高になってしまします。

XPERIA1 XPERIAXZ3
機種代金 136,320円 64,800円
24回分割 5,608円×24回 2,700円×24回
48回分割 2,840円×48回 1,350円×48回

機種代金が高くなるので、購入する時はソフトバンクの公式キャンペーンなどを積極的に利用して少しでも月額料金を安くするように工夫が必要ですね。

キャンペーン情報は後述でご紹介します。

3. XPERIA1のスペック

基本性能が大幅に向上!

XPERIA1のスペックをXPERIAXZ3と比較してみました。

XPERIA1 XPERIAXZ3
画面サイズ 6.5インチ 6インチ
ディスプレイ 4K有機EL
3,840×1,644
有機EL
2,880×1,440
167mm 158mm

72mm 73mm
厚さ
8.2mm
9.9mm
重さ
178g
193g
CPU
Snapdragon 855
Snapdragon 845
ROM
64GB
64GB
RAM
6GB
4GB
バッテリー
3,200mAh
3,200mAh
背面カメラ
1,220万画素(標準)
1,220万画素(望遠)
1,220万画素(広角)
1,920万画素
前面カメラ
800万画素
1,320万画素
キャリア
au
ドコモ
ソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンク
カラー
ブラック
ホワイト
パープル
ブラック
ホワイトシルバー
フォレストグリーン
ボルドーレッド

XPERIA1ではCPUやRAMなどの基本性能が大幅に向上している点と、冒頭でもご紹介したとおりディスプレイとカメラの進化が大きな違いになります。

3-1. XPERIA1のCPU

XPERIA1では現在発売されているスマホの中では最新のCPU「Snapdragon 855」が搭載されています。

CPUは単純な処理速度を指しているので「動画を再生する」「ネットのページを表示する」など基本的な動作の早さを指します。

最新であればあるほど処理速度は高くなるので、そういう意味でもXPERIA1であれば写真だけでなく動画やネット・ゲーム等でもサクサク利用することが可能になります。

3-2. XPERIA1のRAM

冒頭でもご紹介したとおり、XPERIA1のRAMは6GBと超ハイスペック仕様になっています。

RAMはCPUと似ていますが「どれだけ同時に処理ができるか」を指します。

例えばアプリを起動しながらネット検索もするとか、アプリを同時起動させるなどに影響します。

RAMが低いとアプリを同時起動すると起動が遅くなったりすることもあるので、都度アプリを終了させる必要があり非常に面倒ですよね。

XPERIA1であれば同時起動などに気を遣うことなくストレスフリーで利用することができます。

3-3. XPERIA1のバッテリー

バッテリー性能はXPERIA1とXPERIAXZ3で違いはありません。

容量は3,200mAhですがiPhoneXRだと2,942mAh、Pixel3aだと3,000mAhなので他のスマホと比較するとバッテリー容量は多いですよね。

ちなみに3,200mAhの目安としては、連続通話(通話し続けた状態)で約27時間、連続待ち受け(電源が入っている状態)で460時間持ちます。

3-4. XPERIA1のカメラ性能

冒頭でもご紹介している通り、XPERIA1はエクスペリアシリーズ初のトリプルレンズを搭載していますので、XPERIAXZ3よりも綺麗な写真を撮影できます。

ただ画素数がXPERIAXZ3よりも少ないということに気になる人もいるかと思います。

画素数は光を感知するセンサーの数を指していて、多ければ多いほど細かい描写が可能です。

しかし画素数はスマホの写真をA4サイズ以上に引き伸ばしてプリントをする時に影響するもので、スマホの画面で見たりネットにアップロードする程度では大きな違いはありません。

つまり画素数と写真の綺麗さは比例しないということが言えます。

4. XPERIA1の機能

機能は変わらない!

XPERIA1に搭載されている機能はXPERIAXZ3と変わりません。

XPERIA1 XPERIAXZ3
防水 水深1.5mまで 水深1.5mまで
防塵 対応 対応
耐衝撃 非対応 非対応
おサイフケータイ Felica対応 Felica対応
Bluetooth 対応 対応
WiFi 対応 対応
テザリング 10台まで 10台まで
認証 指紋認証 指紋認証
イヤホンジャック なし なし

基本的な便利機能は搭載されているので、不自由することはありませんが気になるポイントとしては、XPERIAXZ3同様にイヤホンジャックがついていないという点ですね。

5. XPERIA1の取り扱いキャリア

3キャリアで販売!

XPERIA1は人気のシリーズなのでソフトバンクだけでなくauやドコモでも販売されています。

ただ機種のスペックや機能などはどこのキャリアで購入しても変わりません。

au ドコモ ソフトバンク
発売日 6月14日 6月14日 6月14日
機種代金 112,320円 103,032円 136,320円
24回分割 4,680円 5,680円
36回分割 3,120円 2,862円
48回分割 2,340円 2,840円
カラー ブラック
ホワイト
グレー
パープル
ブラック
パープル
ブラック
ホワイト
パープル

機種代金でみるとauで購入すると一番安くなりますが、ソフトバンクの場合はXPERIA1限定のキャンペーンを実施しているのでそれを加味すると結果的にソフトバンクが一番安くなります。

6. ソフトバンクのXPERIA1限定「PayPayキャンペーン」実施中

ソフトバンクでは期間限定で最大25,000円相当のPayPay残高がもらえるキャンペーンを実施中です。

機種代金が割高のXPERIA1を購入するのであれば積極的に活用したいところですね。

概要
内容 ・もれなく5,000円のPayPay残高プレゼント
・さらに抽選で500名に20,000円のPayPay残高プレゼント
条件 (1)購入期間中に対象機種を購入
(2)応募期間中に応募完了する
購入期間 2019年6月14日~7月31日
応募期間 2019年6月14日~8月7日
対象機種 ・XPERIA1
・XPERIAXZ3

応募方法は、購入したXPERIA1やXPERIAXZ3に最初からインストールされている「Xperia Lounge Japan」というアプリから応募することになります。

アプリを起動して応募フォームに必要事項を入力するだけで応募完了します。

なお、PayPayのアカウントが必要になるので応募する前にPayPayアカウントを作っておくといいですね。

7. ソフトバンクXPERIA1の月額料金

最安で5,860円!

ソフトバンクのXPERIA1を実際にいくらで利用できるのかをシミュレーションしてみました。

ソフトバンクでは大容量50GBのウルトラギガモンスター+と小容量のミニモンスターという2つのデータプランがありますので、それぞれで試算しています。

大容量プラン

XPERIA1 XPERIAXZ3
機種代金 2,840 1,350
データ(50GB) 6,458 6,458
通話プラン 1,296 1,296
WEB使用料 324 324
1年おトク割 -1,080 -1,080
月額料金 9,838 8,348

小容量プラン

XPERIA1 XPERIAXZ3
機種代金 2,840 1,350
データ(1GB) 2,480 2,480
通話プラン 1,296 1,296
WEB使用料 324 324
1年おトク割 -1,080 -1,080
月額料金 5,860 4,370

XPERIA1とXPERIAXZ3では月額料金が1,000円ほど変わってきます。

毎年スペックを重視する場合は最新のXPERIA1、価格を重視するのであれば旧機種のXPERIAXZ3で人気が2分することが多いですね。

どちらを重視したいかによってベストな機種は変わってくると思います。

XPERIA1好評発売中!

・機種変更なら頭金不要のソフトバンクオンラインショップ
・乗り換え(MNP)ならキャッシュバック4万円付きのおとくケータイ.net

8. ソフトバンクのXPERIA1レビューまとめ

XPERIAシリーズはソフトバンクのアンドロイドスマホの中でも圧倒的人気を誇るスマホです。

XPERIA1は旧機種のXPERIAXZ3と比較しても基本性能が大幅に向上し、超ハイスペック機種になるので機種代金が割高になるという点はネックになりますね。

そのためソフトバンクの公式キャンペーンなどをうまく活用し、少しでも月額料金を下げるための工夫が必要かもしれません。

現在実施しているソフトバンクのキャンペーンは下記記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ソフトバンクのキャンペーン記事一覧