ソフトバンクの高額キャッシュバック情報

ソフトバンクの下取りプログラム完全ガイド!手順や割引額、条件など解説

ソフトバンクの下取りプログラム完全ガイド!手順や割引額、条件など解説

ソフトバンクでは機種変更や乗り換え(MNP)時に古い端末を下取りに出すことで、割引を受けられる「下取りプログラム」というキャンペーンを実施しています。

この下取りプログラムを適用すると、2年間毎月最大で2,650円の割引になるのでかなり大きな割引ですよね。

本記事では手順や条件・割引額や注意点などもまとめていますので、ソフトバンク契約前に下取りプログラムの適用を検討している人は詳細を確認をしておきましょう!

1. ソフトバンクの下取りプログラムとは?

ソフトバンクの下取りプログラムの特徴

下取りすると2年間割引に!

下取りプログラムはソフトバンクで乗り換え(MNP)や機種変更をする際に、古くなった端末をソフトバンクで下取りに出すことで、月額料金が割引されるキャンペーンです。

ソフトバンクの下取りプログラムとは?

古くなった端末は使い道がほとんどないので、中古の携帯ショップに売却するのも一つですが、たとえ初期化したとしても個人情報が気になりますよね。

それであれば大手のソフトバンクで下取りに出しておけば個人情報の漏えい対策も万全で、しかも月額料金の割引にもなるので、一石二鳥かもしれません。

1-1. 下取りプログラムは申し込みの必要なし!

下取りプログラムはそもそも申し込む必要がありません。

ソフトバンクで契約後に古い端末を下取りに出しさえすれば自動的に割引が適用されます。

下取りプログラムの手続き手順

また下取りに出すにはソフトバンクショップに下取りしたい機種を持ち込むか、送付キットを使ってソフトバンクに郵送するだけでOKです。

後述しますが、郵送する場合はソフトバンクから送付キットが送られてくるので、それにスマホを梱包して送るだけなので非常に簡単です。

1-2. 下取りプログラムの割引額は高い!

下取りプログラムはどの機種を下取りに出すのかによって割引金額が異なりますが、例えば機種変更時にiPhoneXを下取りに出すと2年間で毎月2,650円も割引になります。

2年間の総額割引額は最大で63,600円なので非常にお得に利用することが可能になります。

※機種ごとの割引額は後述します。

年々月額料金が高くなっているので、こういったキャンペーンを積極的に利用していくのがオススメです。

使っていない機種でも下取り可能

下取りで出す機種は、いままで使っていた機種である必要はありません。

全く使っていない別の機種を下取りに出すことも可能です。

1-3. 下取りプログラムは乗り換え(MNP)と機種変更で少し違う

下取りプログラムは、乗り換え(MNP)専用の下取りプログラム(のりかえ)機種変更専用の下取りプログラム(機種変更)の2つのキャンペーンがあります。

ただ下取りが可能な機種と下取り金額が違うだけでキャンペーン内容は全く同じです。

下取りプログラム
(のりかえ)
下取りプログラム
(機種変更)
下取り機種
auの機種
ドコモの機種
格安スマホ
ソフトバンクの
機種

※下取り金額は後述します。

◆ポイント

  • ソフトバンクに乗り換える場合は、下取りプログラム(のりかえ)が適用される。
  • ソフトバンクで機種変更する場合は、下取りプログラム(機種変更)が適用される。
  • どちらを適用するか選ぶことはできない

ソフトバンクに乗り換えするのに、ソフトバンクの機種を下取りに出すことはできないということですね。

特に気にする必要もありませんが、ソフトバンクの公式サイトでは下取りプログラム(のりかえ)下取りプログラム(機種変更)の2つの下取りプログラムで表記されているので念のため2つあるということは知っておきましょう。

※公式ページに移動します

2. 下取りプログラムの条件

下取りプログラムの条件

下取り条件に注意!

ソフトバンクの下取りプログラムを適用するためにはいくつか条件があります。

◆下取りプログラム適用の条件

  • 指定の機種に乗り換え(MNP)か機種変更をする
  • ソフトバンクで契約完了後に来店か郵送で下取りに出す
  • 下取り機種が下取り条件をクリアしている

ポイントは下取りできる機種に条件があるという点ですね。

2-1. 下取りプログラムの指定機種

ソフトバンクの下取りプログラム(のりかえ)や下取りプログラム(機種変更)を適用するためには、指定の機種に乗り換えや機種変更する必要があります。

ただ基本的にはソフトバンクで現在販売しているスマホであればすべての機種が対象になっています。

つまりソフトバンクで乗り換え(MNP)や機種変更をすれば下取りプログラムを適用することが可能です。

  • iPhoneXS
  • iPhoneXS Max
  • iPhoneXR
  • iPhoneX
  • iPhone8
  • iPhone8 Plus
  • iPhone7
  • iPhone7 Plus
  • iPhone6s
  • iPhone6s Plus
  • iPhone6
  • iPhone6 Plus
  • iPhone SE
  • 全てのAndroid機種
  • ガラケー
  • iPhoneXS
  • iPhoneXS Max
  • iPhoneXR
  • iPhoneX
  • iPhone8
  • iPhone8 Plus
  • iPhone7
  • iPhone7 Plus
  • iPhone6s
  • iPhone6s Plus
  • iPhone6
  • iPhone6 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone5s
  • iPhone5c
  • iPhone5
  • 全てのAndroid機種

ソフトバンクで機種変更する場合だけガラケーが指定機種ではなくなるので、下取りプログラムを適用することができません。

2-2. 下取りプログラムの下取り受付期限

下取りプログラムの受付期限は決まっていませんが、下取り金額は常に変動しています。

そのためどのタイミングで下取りに出すのかという点は重要です。

◆適用される下取り金額

【ソフトバンクショップで下取りする場合】

  • 契約後30日以内:契約日時点の下取り金額が適用オススメ
  • 契約後31日以降:下取りに出した時点の下取り金額が適用

【ソフトバンクに郵送する場合】

  • 送付セット受け取りから14日以内:契約日時点の下取り金額が適用オススメ
  • 送付セット受け取りから15日以降:ソフトバンクが受け取った日時点の下取り金額が適用

下取り金額というのは上がることはありませんので、時間がたてばたつほど下取り金額が安くなっていきます。

そのためショップであれば30日以内、郵送であれば14日以内に下取りに出しましょう。

データ移行やアプリの引き継ぎなど早めに実施しておいたほうがよさそうですね。

2-3. 下取りができる機種の条件

ソフトバンクで古い機種を下取りに出しても、下取り不可になってしまうケースがあります。

◆下取りができる機種の条件

  • 正規に購入されていること
  • 製造番号(IMEI)が確認でき、メーカーの保証外ではないこと
  • 電源が入ること
  • 初期化されていること
  • アクティベーションロックが解除されていること

基本的には正規品で、かつまだ使えるスマホであれば下取りが可能です。

ただ注意したいのがしっかりと初期化とアクティベーションロックを解除しておくという点ですね。

初期化とアクティベーションロックの解除方法

1~2分で簡単にできます。

水没などで電源が入らないスマホは・・・

電源が入らないスマホは下取りはできませんが「故障端末買い取りキャンペーン」を適用することができます。

適用すると機種によってはTポイントの付与をしてもらえます。

下取りプログラムよりも付与金額は低いですが、少しでもお得に・・ということであれば検討してみるといいかもしれません。

3. 下取りプログラムの機種別下取り金額

下取りプログラムの機種別下取り金額一覧

スマホの状態によって異なる!

下取りに出したスマホの状態によって正常品破損品に分けられ下取り金額が変わってきます。

◆破損品の基準

  • カメラやボタンの破損や欠陥がある
  • 機種本体ににひび割れがある
  • 液晶の液漏れ・焼き付きがある
  • タッチパネルの操作ができない部分がある
  • 画面が暗くなってしまう
  • 画面に縦線や横線が入っている
  • 機種本体が曲がっていたり変形している

上記のような状態のスマホは下取りが可能ですが、破損品として下取り金額が下がってしまいますので注意しましょう。

3-1. 下取りプログラム(のりかえ)の下取り金額はいくら?

最新の下取り金額をまとめました。

下取りプログラム(のりかえ)はauやドコモ、ワイモバイルなどソフトバンク以外で購入したスマホであれば下取りすることができます。

またソフトバンク以外でSIMロック解除したスマホでも下取りに出すことが可能です。

下記の下取り金額を24回分割で月額料金から割引されます。

正常品 破損品
iPhoneX
54,000円
(2,250円×24回)
16,200円
(675円×24回)
iPhone8 Plus
30,000円
(1,250円×24回)
9,000円
(375円×24回)
iPhone8
23,760円
(990円×24回)
7,200円
(300円×24回)
iPhone7 Plus
23,760円
(990円×24回)
7,200円
(300円×24回)
iPhone7
23,760円
(990円×24回)
7,200円
(300円×24回)
iPhone6s Plus
13,680円
(570円×24回)
4,200円
(175円×24回)
iPhone6s
13,680円
(570円×24回)
4,200円
(175円×24回)
iPhone6 Plus
11,400円
(475円×24回)
3,360円
(140円×24回)
iPhone6
11,400円
(475円×24回)
3,360円
(140円×24回)
iPhoneSE
4,800円
(200円×24回)
1,440円
(60円×24回)
iPhone5s
2,400円
(100円×24回)
720円
(30円×24回)
iPhone5c
2,400円
(100円×24回)
720円
(30円×24回)
iPhone5
2,400円
(100円×24回)
720円
(30円×24回)
iPhone4s
2,400円
(100円×24回)
720円
(30円×24回)
Android A群
21,600円
(900円×24回)
6,480円
(270円×24回)
Android B群
16,320円
(680円×24回)
4,800円
(200円×24回)
その他Android
10,800円
(450円×24回)
3,240円
(135円×24回)
ガラケー、PHS
4,800円
(200円×24回)
1,440円
(60円×24回)

注意したいのはAndroid端末ですね。

Android端末はA群とB群に分かれているので、ご自身が下取りに出したいAndroid端末がどちらか確認しておきましょう。

Android A群 Xperia XZs
Xperia XZ premium
HTC U11
HTC 10
Nexus 6
Nexus 6P
Nexus 5X
Galaxy S5
Galaxy Note Edge
Galaxy S6 Edge
Galaxy S6
Galaxy S7 Edge

Galaxy Active neo
Galaxy A8
Galaxy S8
Galaxy S8+
Android B群 Xperia ZL2
Xperia Z2
Xperia Z3
Xperia Z4
Xperia Z5
Xperia X Performance
Xperia X Compact
Xperia XZ

上記に該当しないAndroid端末はすべて「その他Android」になっています。

3-2. 下取りプログラム(機種変更)の下取り金額はいくら?

下取りプログラム(機種変更)はソフトバンクのスマホやガラケーを下取りすることになります。

同じ機種でもauやドコモ、MVNOで購入したスマホは下取りできないので注意しましょう。

なお、ソフトバンクでSIMロック解除していても下取りすることが可能です。

正常品 破損品
iPhoneX
63,600円
(2,650円×24回)
19,080円
(795円×24回)
iPhone8 Plus
39,600円
(1,650円×24回)
11,880円
(495円×24回)
iPhone8
33,360円
(1,390円×24回)
10,080円
(420円×24回)
iPhone7 Plus
23,760円
(990円×24回)
7,200円
(300円×24回)
iPhone7
23,760円
(990円×24回)
7,200円
(300円×24回)
iPhone6s Plus
13,680円
(570円×24回)
4,200円
(175円×24回)
iPhone6s
13,680円
(570円×24回)
4,200円
(175円×24回)
iPhone6 Plus
11,400円
(475円×24回)
3,360円
(140円×24回)
iPhone6
11,400円
(475円×24回)
3,360円
(140円×24回)
iPhoneSE
7,200円
(300円×24回)
2,160円
(90円×24回)
iPhone5s
2,400円
(100円×24回)
720円
(30円×24回)
iPhone5c
2,400円
(100円×24回)
720円
(30円×24回)
iPhone5
2,400円
(100円×24回)
720円
(30円×24回)
iPhone4s
2,400円
(100円×24回)
720円
(30円×24回)
Xperia XZs / XZ / Z3
Z4 / Z5
9,600円
(400円×24回)
2,880円
(120円×24回)
Xperia X Performance
9,600円
(400円×24回)
2,880円
(120円×24回)
Galaxy S6 edge
9,600円
(400円×24回)
2,880円
(120円×24回)
Nexus 6P
9,600円
(400円×24回)
2,880円
(120円×24回)
HTC U11
9,600円
(400円×24回)
2,880円
(120円×24回)
上記以外のスマホ
2,400円
(100円×24回)
720円
(30円×24回)
ガラケー
4,800円
(200円×24回)
1,440円
(60円×24回)

ソフトバンクで機種変更する場合はキャンペーンが少ないので、なるべく下取りプログラムを活用して少しでも月額料金を安くするのがいいですね。

4. 下取りプログラムの手続き手順

下取りプログラムの手続き手順

来店と郵送で手順が違う!

下取りプログラムは上述している通り申し込みは不要です。

ただ下取りしてもらうためには手続きをする必要があり、ソフトバンクショップで下取りするのと、郵送で下取りするので手順が異なります。

具体的にどのように下取りに出せばいいのか、それぞれ解説をしていきます。

4-1. ソフトバンクショップで下取りしてもらう手順

基本的にはどこのソフトバンクショップでも下取りをしてもらうことが可能です。

また例えばAショップでソフトバンクの契約をして、後日Bショップで下取りに出すということも可能なので非常に便利です。

  • STEP.1
    まずはソフトバンクで契約する

    まずはソフトバンクショップや家電量販店、WEBの販売代理店などで、乗り換え(MNP)や機種変更の契約を済ませておきます。

    どこのショップで契約をしても契約後に下取りプログラムを適用することが可能なのでソフトバンクに乗り換え(MNP)するならキャッシュバックがもらえるショップで契約するのがオススメです。

    ソフトバンクのキャッシュバック!今実施中のショップで条件や金額を比較してみたソフトバンクのキャッシュバック!今実施中のショップで条件や金額を比較してみた
  • STEP.2
    データ移行やアプリ引き継ぎをする

    古い機種から新しい機種にデータの移行やアプリの引き継ぎをしておきます。

    また下取りに出す機種の初期化も忘れずに実施しておきましょう。

  • STEP.3
    ソフトバンクショップに来店する

    契約したショップと違うソフトバンクショップでも下取りをしてもらうことができます。

    なお、来店で下取りをする場合は下記が必要になります。

    ◆下取りに必要なもの

    • 本人確認書類(免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)

    契約時に提出した本人確認書類を持っていくのが一番簡単ですね。

    上述していますが、契約後30日以内に下取りをすることをオススメします。

  • STEP.4
    ソフトバンクショップで査定してもらう

    その場で、正常品なのか破損品なのかを査定してもらいます。

    下取り条件を満たしている場合は、申し込み書兼同意書に署名をすれば割引を適用してくれます。

    なお下取り機種はソフトバンクショップで回収されます。

  • STEP.5
    割引適用

    下取りした月の翌月の料金から下取りプログラムの割引が適用されます。

  • STEP.5
    完了

    ソフトバンクショップの混雑具合にもよりますが、30分~1時間程度で完了します。

4-2. ソフトバンクに郵送して下取りしてもらう手順

ソフトバンクショップが近くになかったり、来店するのが面倒だという人は郵送でも下取りしてもらうことが可能です。

コンビニなどから発送ができるので非常に簡単です。

  • STEP.1
    まずはソフトバンクで契約する

    ショップで下取りするのと同様にまずはソフトバンクで乗り換え(MNP)や機種変更の契約を完了させておきます。

    下取りプログラムはキャッシュバックと併用できるので、キャッシュバックを実施しているショップでソフトバンクの契約をしておくのがオススメです。

    ソフトバンクのキャッシュバック!今実施中のショップで条件や金額を比較してみたソフトバンクのキャッシュバック!今実施中のショップで条件や金額を比較してみた

    なお郵送で下取りをしたい場合は、契約時に「下取りプログラムを適用したい」と伝えておきましょう。

  • STEP.2
    送付キットを受け取る

    契約後、ソフトバンクから自宅に送付キットが送られてきます。

    ◆送付キットの中身

    1. 段ボール
    2. 返送先宛先シール
    3. 梱包材
    4. 同意書

    佐川急便の「受け取り確認配達サービス」で送られてきますので、受け取りには免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類が必要です。

    なお、上述していますが送付キット受け取り後14日以内に発送しておくといいでしょう。

  • STEP.3
    発送する

    初期化した端末を梱包材で包んで、宛先シールを貼った段ボールに入れます。

    また同意書(申し込み書兼同意書)に必要事項を記入して段ボールに同封しておきます。

    下取りプログラムを郵送で適用する

    なお同意書に下取りしたい機種のIMEIとシリアル番号を記入する必要があるので、事前にIMEIとシリアル番号を調べておきましょう。

    1分でわかるiPhoneとAndroidのIMEI番号の確認方法1分でわかるiPhoneとAndroidのIMEI番号の確認方法
  • STEP.4
    割引適用

    下取りが完了したらショートメール(SMS)でソフトバンクから連絡がきます。

    下取り完了月の翌月から割引が適用されます。

    下取り条件を満たさない場合は?

    発送した機種が下取り条件を満たさない場合は、ソフトバンクから機種が返送されてきます。

    返送された場合は下取りプログラムの適用ができません。

  • STEP.5
    完了

    送付キット発送後、1週間程度で手続きは完了します。

5. 下取りプログラムに関するよくある質問

下取りプログラムに関するよくある質問をまとめています。

不明点は事前にこちらをチェックしておきましょう。

Q1. 下取りプログラムはキャンセルできる?

下取りに出す前であればキャンセルできます。

キャンセル手続きというものはないので、下取りに出さなければいいだけです。

ただし、一度下取りに出してしまったらキャンセルはできませんので注意しましょう。

Q2. 下取りに出したけど、乗り換え(MNP)や機種変更のクーリングオフをしたらどうなる?

クーリングオフなどで、乗り換え(MNP)や機種変更自体をキャンセルしても下取りに出した機種は返却されません。

当然割引も適用されません。

Q3. ガラケーも下取りできる?

できます。

下取りプログラム(のりかえ)、下取りプログラム(機種変更)の両方でガラケーの下取りが可能です。

ただソフトバンクでガラケーに機種変更する人は下取りプログラム(機種変更)を適用することができないので注意しましょう。

Q4. 下取りを月額料金の割引じゃなくて現金でもらえない?

もらえません。

ただソフトバンクに乗り換えるとキャッシュバックで現金がもらえるショップがあります。

下取りではなく、乗り換え(MNP)で現金をもらうといいと思います。

ソフトバンクのキャッシュバック!今実施中のショップで条件や金額を比較してみたソフトバンクのキャッシュバック!今実施中のショップで条件や金額を比較してみた

Q5. 下取りプログラムはiPadやタブレットの下取りはしていないの?

していません。

下取りプログラム(タブレット)というキャンペーンはありますが、タブレット購入のキャンペーンになっています。

Q6. 下取りの送付キットはどうやってもらう?

ソフトバンクで契約時に下取りプログラムを利用する旨を伝えるだけです。

ソフトバンク契約完了後に、自宅に送付キットが送られてきます。

Q7. ソフトバンクで機種を一括払いで購入した場合も下取りプログラムは適用できる?

できます。

下取りプログラムは通信料を割引するキャンペーンです。

そのため、端末の一括払い、分割払い関係なく条件さえ満たせば割引が適用されます。

Q8. 下取りはいつまで受付してくれるの?

下取りに受付期限はありません。

ただ下取り金額は時間がたてば経つほど下がっていくので、なるべく早く下取りに出すといいと思います。

郵送であれば、送付キット受け取り後14日以内

来店であれば、契約後30日以内

上記の期間であれば、ソフトバンク契約時の下取り金額を保証してくれるのでオススメです。

Q9. 液晶画面が壊れたスマホも下取りできる?

できます。

ただし破損品になるので、下取り金額は正常品と比べて安くなってしまいます。

本記事の下取り金額一覧をご覧ください。

Q10. スマホを下取りに出すときは付属品や箱も出さないといけないの?

下取りに出すときはスマホ本体だけ送れば問題ありません。

箱や付属品がないからと言って、下取り金額が安くなるということはありません。

また間違えて付属品など送ってしまうと、ソフトバンクで処分されてしまいますので注意しましょう。

Q11. ソフトバンクオンラインショップで契約しても、ソフトバンクショップで下取りできる?

できます。

どこのショップでソフトバンクの契約をしても、ソフトバンクショップや郵送で下取りが可能です。

Q12. 下取りに出すための送付キットが届かない!

送付キットはソフトバンクの契約時に登録した住所に契約後1週間程度で送付されます。

契約時に実家の住所で契約した場合は実家に送られますので、確認しましょう。

それでも届いていない場合は、ソフトバンクカスタマーサポートに問い合わせしましょう。

◆ソフトバンクカスタマーサポート

  • ソフトバンクの携帯電話から:157(通話料無料)
  • 一般電話から:0800-919-0157(通話料無料)

受付時間:9時~18時(年中無休)

電話がつながったら音声ガイダンスに従って「4」、「3」と押しましょう。

オペレーターにつながります。

Q13. 郵送の場合、下取りの結果はどうやって連絡が来る?

下取り完了であればショートメール(SMS)で完了通知がきます。

下取り不可であれば端末がソフトバンクから返却されます。

下取り不可の場合は連絡が来ないので注意しましょう。

Q14. 2台下取りに出したら、2台分の割引が適用される?

されません。

1台購入ごとに1台のみ下取りに出すことが可能です。

2台購入するのであれば、1台ずつ合計2台割引が適用されます。

Q15. ソフトバンク契約後、後から下取りに出すことはできる?

できます。

極端に言えば、契約後20か月目に下取りに出しても割引が適用されます。

下取りに出し忘れた!となっても安心ですよね。

ただし、ソフトバンクを解約すると下取りプログラムは終了してしまうので注意しましょう。

Q16. 下取りプログラムと併用できないキャンペーンはある?

ほとんどのキャンペーンが下取りプログラムと併用できます。

ただソフトバンクの半額サポートだけは下取りプログラムと併用ができないので注意しましょう。

古い端末を下取りに出すのが抵抗ある人は半額サポートを利用するのがおすすめです。

ソフトバンクの半額サポート!本当にお得になのか条件やデメリットを解説ソフトバンクの半額サポート!本当にお得になのか条件やデメリットを解説

6. ソフトバンクの下取りプログラムまとめ

下取りプログラムは簡単な手続きで2年間毎月割引が適用されるので、非常にオススメです。

年々スマホの本体代金が値上がりしていく中で、少しでも月額料金を安くするためには使わなくなったスマホのリサイクルを積極的に活用しておくといいですよね。