ソフトバンクの高額キャッシュバック情報

ソフトバンクの料金が高いと思ったら!今すぐできる料金見直し方法

ソフトバンクの料金が高いと思ったら!今すぐできる料金見直し方法

ソフトバンクの月額料金が15,000円近くかかっているから、無駄な費用がかかってたら解約したいと相談されることがよくあります。

ただ多くの場合、無駄な費用がかかっているというよりも料金の見方やプランを勘違いしているケースが多いです。

そのため本記事ではソフトバンクの料金が高いと感じたら、すぐにできる料金節約術について解説していきます。

1. au、ドコモ、ソフトバンクの料金平均はいくら?

3キャリアの平均月額料金

平均で8,451円!

2019年3月のMMD研究所調査ではau,ドコモ,ソフトバンクの平均月額料金は8,451円になります。

au,ドコモ,ソフトバンクの平均月額料金

※調査結果を一部抜粋

当然auやドコモ、ソフトバンクは20GB以上の大容量プランでの契約が主体で、格安SIMは1~3GBの小容量プランでの契約が主体なので平均料金に差が出ます。

またソフトバンクはauやドコモにはない50GB大容量プランでの契約が80%以上と多いので、9,000円~10,000円程度が平均になると考えられます。

つまりソフトバンクで月額料金が1万円以上の人はなにかしらの料金見直しができると思います。

2. ソフトバンクの料金がなぜ高いのか?

ソフトバンクの料金がなぜ高いのか

まとめて支払いに注意!

ソフトバンクの月額料金が平均より高くなっている人の原因として大きく3つ考えられます。

◆料金が高い理由

・単純に使いすぎ

・余計な料金を支払っている

・まとめて支払いを利用している

意外とソフトバンクでまとめて支払いを知らないで利用している人が多いです。

ただまとめて支払いを利用していないのであれば、変動制の料金プランへの加入や余計なオプションに加入しているというケースが原因だと考えられます。

2-1. 単純にスマホを使いすぎている

ソフトバンクには定額制のプランと変動制のプランがあります。

定額制プランであれば料金はどれだけ利用しても一定ですが、変動制プランに加入している人は使えば使うほど料金は高くなります。

定額制プランと変動制プラン

変動制プランは「あまり通話しない人」や「あまりネットを利用しない人」であれば最安値で利用することができます。

しかし通話やネットの利用頻度が高い人は定額制のほうがトータルで安くなるので、料金プランと自身の利用頻度を確認してみましょう。

利用頻度の目安

◆通話プラン

・通話を全くしない:通話基本プラン

・月1分~5分程度の通話をする:準定額オプション

・月5分以上の通話をする:定額オプション

◆データプラン

・月0GB~2GBまで:ミニモンスター

・月2GB以上:ウルトラギガモンスター+

2-2. 余計な料金を支払っている

上述しているような自身の利用頻度に合わないプランを契約していたり、全く利用していないオプションに加入しているなどがあげられます。

例えば毎月1GB程度しかネットを利用しないのに50GBのウルトラギガモンスター+に加入していても無駄な料金ですよね。

こういった無駄な料金を支払わないために、1年に1回くらいはご自身の利用頻度がどれくらいなのか振り返ってみるといいかもしれません。

2-3. ソフトバンクのまとめて支払いを利用している

料金が高いと悩んでいる人の中には、料金が高く見えているだけという人もいます。

ソフトバンクのまとめて支払いとは、キャリア決済というものです。

スマホで有料アプリやサービスを利用したり、アプリ内課金をする場合、クレカ決済かキャリア決済を選ぶことになります。

クレカ決済であればスマホに登録しているクレジットカードから毎月引き落としされますが、キャリア決済の場合はスマホの月額料金と一緒に請求されます。

ソフトバンクからの請求額

そのため厳密に言えば月額料金が高くなったわけではなく、月額料金にキャリア決済が合算されて請求がきているだけです。

ソフトバンクの月額料金が8千円でもキャリア決済で1万円利用していれば、1万8千円の請求がくるということになります。

キャリア決済のメリットは?

キャリア決済のメリットはクレジットカード情報をスマホに登録しなくていいという点です。

スマホをなくしてしまった場合、クレジットカードが悪用されてしまうことがあるので、それを防ぐという点でメリットがあります。

3. ソフトバンクの料金を見直す方法

ソフトバンクの料金を見直す方法

my softbankで変更・解除する!

ソフトバンクの料金を見直す方法を下記にまとめてみました。

◆料金を見直す方法

・まとめて支払いを利用していないか確認する

・通話プランとデータプランを見直してみる

・余計なオプションに加入していないか確認する

・自分の利用方法を見直してみる

全ての方法は「my softbank」から確認をすることができ、ほとんどの人が上記の方法で料金を安くできると思います。

3-1. まとめて支払いを利用していないか確認する

まとめて支払いを利用していないかは下記の手順で確認しましょう。

  • STEP.1
    my softbankにアクセス

    my softbankにアクセスし、該当月の請求金額をタップします。

    mysoftbankトップ

    上記の場合、3月請求金額の内訳が確認できます。

  • STEP.2
    まとめて支払いの項目をチェック

    内訳の中にまとめて支払いで利用していないか確認します。

    まとめて支払い表示場所

    上記の場合は請求金額は9,292円ですが、まとめて支払い分が1,550円あります。

    つまりソフトバンクの月額料金は7,742円ということになります。

クレカ支払いであっても、まとめて支払いであっても支払方法が変わるだけで、根本的に料金の節約にはつながりません。

そういう意味ではアプリ内の課金などの頻度を減らすことが近道です。

3-2. 通話プランとデータプランを見直してみる

具体的にはご自身の利用頻度と合わないプランを最適化するということになります。

現在は通話プランで3種類、データプランで2種類のプランがあります。

それぞれで利用目安をまとめましたので、利用目安をもとに通話プランとデータプランそれぞれ選ぶようにするといいと思います。

◆通話プランの目安

  • LINE通話がメイン:通話基本プラン
  • まったく通話しない:通話基本プラン
  • 5分以内の通話が多い:通話基本プラン+準定額オプション
  • 5分以上の通話が多い:通話基本プラン+定額オプション

◆データプランの目安

  • 動画視聴やゲームを全くしない:ミニモンスター
  • 動画視聴やゲームなどをそこそこする:ウルトラギガモンスター+
  • 動画視聴やゲームなどを毎日する:ウルトラギガモンスター+
  • Wifiにつなげる環境がある:ミニモンスター

毎月どのくらい通話をしたかというのはソフトバンクでは調べることができないので、大枠で決めるほかありません。

ただ月によって違うのであれば、標準プランの「通話基本プラン+準定額オプション」にするといいでしょう。

ちなみにプランの変更や確認は「my softbank」から無料で変更が可能です。

各プランの詳細は下記から確認してみてください。

ソフトバンクのプラン記事一覧

3-3. 余計なオプションに加入していないか確認する

利用していない有料オプションに加入しているかどうかはmy softbankから確認することができます。

  • STEP.1
    my softbankにアクセス

    my softbankにアクセスしオプション変更をタップします。

    オプション変更をタップ

  • STEP.2
    加入中のオプションをチェック

    現在加入中のオプション一覧が表示されるので、不要なオプションを解約しておきましょう。

    ソフトバンクのオプション一覧

    変更ボタンをタップすると解約ができます。

また有料オプションなのか無料オプションなのか表記がないので、下記に代表的なオプション一覧まとめました。

◆有料オプション

  • 基本パック
  • あんしん保証パック
  • Netflix
  • App Pass
  • ブック放題
  • アニメ放題
  • かんたん保険

◆無料オプション

  • アメリカ放題
  • スマートログイン
  • 世界対応ケータイ
  • ソフトバンクWifiスポット
  • 発信者番号通知

無料オプションであれば、加入していても問題ありませんが、利用していない有料オプションを解除することで月額料金を節約することができます。

3-4. ご自身の利用方法を見直してみる

少し面倒かもしれませんが、スマホの料金を少しでも安くしたいのであれば節約意識を持つということも重要です。

例えば動画視聴をする時はWifiにつないでデータ消費を抑えておくとか、通話はなるべくLINE通話にするなど簡単な工夫でも月額料金は安くすることができます。

スマホの使い方は千差万別なので、すべてのユーザーにぴったり合うプランというのはなかなか難しいですよね。

そのため現在のプランに合うようにご自身で利用方法を見直してみるのも一つの方法だと思います。

4. 料金見直しをしてもソフトバンクの料金が高いという人は!

格安スマホに乗り換えるのもおすすめ

格安スマホを検討してみよう!

ソフトバンクの料金を見直して平均まで抑えたけど、それでも高い!と思う人は格安スマホにしてみるのも一つです。

冒頭でも解説したように、auやドコモ・ソフトバンクでは平均8,451円に対して、格安SIM(格安スマホ)では平均2,753円と非常に安く利用できます。

3キャリアと格安SIMの平均月額料金比較

ソフトバンクを利用している人はワイモバイルが同じソフトバンク回線なのでいいと言われます。

ただソフトバンクからワイモバイルに乗り換えると、auやドコモから乗り換えるより540円月額料金が高くなります。

2年間で1万2千円ほど高くなるので、それであれば通信速度最強のUQモバイルのほうが安く、ストレスなく利用できるのでおすすめです。

実際にソフトバンクからUQモバイルに乗り換えた体験記や使ってみた感想などは下記記事を参考にしていただければと思います。

【体験談】UQモバイルの申し込みから届くまでの日数と手順を検証UQモバイルに実際に申し込みをして手順や手続き時間を検証してみた ソフトバンクからUQモバイルに実際に乗り換えてわかった料金や回線速度の感想まとめソフトバンクからUQモバイルに実際に乗り換えてわかった料金や回線速度の感想まとめ

5. ソフトバンクの料金を見直す方法まとめ

ソフトバンクの月額料金が高い!と感じたら、本当に高いのかという点をまずは確認するといいでしょう。

ソフトバンクの請求金額は、スマホの利用料金だけでなくまとめて支払いなどの別の料金も合算されて請求がきます。

my softbankから簡単にできますので、請求金額の内訳を確認しておくといいでしょう。

◆料金を見直しのポイント

  • ご自身の利用状況に合うプランに変更する
  • ご自身の契約プランに合わせて利用方法を見直す
  • 格安スマホ(格安SIM)の利用を検討する

スマホの使い方は人によって様々です。

そのため最適なプランに変更するのはもちろん、場合によってはご自身の利用方法を見直す必要もあると思います。