ソフトバンクの高額キャッシュバック情報

ソフトバンクの半額サポート!本当にお得になのか条件やデメリットを解説

ソフトバンクの半額サポート!本当にお得になのか条件やデメリットを解説

半額サポートは2018年9月29日(木)に条件変更になっていますが、本記事では最新の条件を反映した内容になっています。

端末代金が半額になるというのは非常に嬉しいのですが、やはり相当怪しいですよね。

本記事ではソフトバンクの半額サポートが本当にお得なのか検証していこうと思います。

1. ソフトバンクの半額サポートとは?

ソフトバンクの半額サポートとは?

48回分割で端末代金が半額に!

ソフトバンクの半額サポートは端末代金を48回分割払いにすると自動的に加入することになります。

この半額サポートは48回分割払いで2年間(24か月)利用後に機種変更すると残りの端末代金が免除になるというのが特徴です。

ソフトバンクの半額サポートの総額

例えば半額サポートに加入したiPhoneXRを25か月目に機種変更すると、実際に支払う端末代金は1か月目~24か月目までなので端末代金が半額になります。

当然加入をしていても機種変更をしなければ半額サポートの適用はされません。

1-1. 2年利用後に機種変更すれば残りの端末代金が免除される

半額サポートを利用すると、通常の24回分割で支払うよりも端末代金が安くなります。

半額サポートを利用すると24回分割払いよりも端末代金が安くなる

機種変更が前提になるので、これから長くソフトバンクを利用していくつもりであれば半額サポートには加入しておくべきだと思います。

4年縛りになるわけじゃない

あくまで端末代金の分割払いの回数を48回にするだけなので、2年縛りが4年縛りになるというわけではありません。

2年後に機種変更しても当然解約金はかかりません。

また機種変更をやめて2年後に乗り換え(MNP)をしても更新月であれば解約金は発生しません。

1-2. 半額サポートを利用すると月々の料金負担を抑えることができる

半額サポートで機種代金が免除になった場合も、端末代金自体は48回の分割払いなので、月々の端末代金を抑えることができます。

半額サポートにすると月々の料金負担が少ない

近年のスマホ端末は端末代金が10万円を超えることも珍しくありません。

加えて、今までのように月月割といった端末割引もなくなってしまったので、半額サポートを利用して少しでも負担を少なくするといいかもしれません。

1-3. 2年目以降であれば好きなタイミングで適用することができる

半額サポートの適用は25か月目以降であればどのタイミングで機種変更しても適用されます。

半額サポートはどのタイミングで機種変更しても適用される

例えば、24か月目に機種変更すると25~48か月目の支払い(53,280円)が免除されます。

また36か月目に機種変更すると37~48か月目の支払い(26,640円)が免除になります。

つまり24か月目以降であればどのタイミングで機種変更しても半額サポートを適用することが可能です。

ただ機種変更が伸びれば伸びるほど端末代金の免除額が下がっていくので、24か月目以降の早いタイミングで機種変更したほうがいいでしょう。

1-4. 半額サポートの割引額は機種によって異なる

半額サポートでいくら安くなるのかは機種によって異なります。

また機種変更するタイミングによっても変わるので、25か月目に機種変更した場合の割引額をまとめてみました。

端末総額 割引額
iPhoneXR(64GB)
106,560円 53,280円
iPhoneXS(64GB)
136,800円 68,400円
iPhoneXSMax(64GB)
149,760円
74,880円
GooglePixel3(64GB)
98,400円
49,200円

25か月目に機種変更すると一番割引額が高くなり、ちょうど端末代金が半額になりますね。

また端末代金が高ければ高いほど、半額サポートによる恩恵が大きくなります。

なお48回分割払いになるので、毎月の端末代金でみても大きく変わってきます。

24回分割 48回分割
iPhoneXR(64GB)
4,440円 2,220円
iPhoneXS(64GB)
5,700円 2,850円
iPhoneXSMax(64GB)
6,240円 3,120円
GooglePixel3(64GB)
4,100円 2,050円

最大でも月額料金で3,000円ほど変わってきますよね。

最新のiPhoneXRやiPhoneXSの月額料金は下記記事を参考にしてみてください。

ソフトバンクのiPhoneXS・XS Maxの月額料金はいくら?ソフトバンクのiPhoneXRやiPhoneXSの月額料金はいくら?

2. ソフトバンク「半額サポート」の条件

半額サポートの加入条件と適用条件 とは

ソフトバンクの半額サポートは条件さえ満たせば誰でも加入することが可能です。

ただ加入しているだけでは適用されないので注意しましょう。

◆半額サポートの加入条件

  • 対象機種を48回分割で購入すること

◆半額サポートの適用条件

  • 25か月目以降に対象機種に機種変更すること
  • 旧機種をソフトバンクに回収してもらうこと

半額サポートは半額サポート対象機種を48回分割で購入すると自動的に加入になります。

その後、25か月目以降に機種変更し古くなった対象機種をソフトバンクで回収してもらうことで端末代金が免除になります。

半額サポートの加入条件と適用条件

回収に出さないと半額サポートの適用にはならないので注意しましょう。

2-1. 半額サポートの対象端末一覧

気になるのは対象機種ですよね。

対象機種といっても、現在ソフトバンクで販売している機種であればほぼすべての機種が対象機種になっています。

購入したい機種が対象機種ではないから・・・ということはないでしょう。

iPhone端末

  • iPhoneXS
  • iPhoneXS Max
  • iPhoneXR
  • iPhoneX
  • iPhone8
  • iPhone8 Plus
  • iPhone7
  • iPhone7 Plus

Android端末

  • Google Pixel3
  • Google Pixel3 XL
  • Xperia XZ3
  • AQUOS zero
  • シンプルスマホ4
  • DIGNO J
  • HUAWEI nova lite2
  • Xperia XZ2
  • AQUOS R2
  • HUAWEI Mate 10 Pro
  • Android One S3
  • Xperia XZ1
  • AQUOS R compact
  • Xperia XZs
  • AQUOS R
  • AQUOS ea
  • DIGNO G
  • HTC U11
  • Xperia XZ
  • AQUOS Xx3 mini
  • AQUOS Xx3
  • DIGNO F
  • DIGNO U
  • シンプルスマホ3

どの機種を購入しても半額サポートの加入や適用が可能です。

また最新の機種が発売されると随時対象機種として追加されます。

2-2. 半額サポートの端末回収条件

半額サポートを適用する場合は機種変更時に旧機種を回収してもらうことが必要です。

機種変更をするショップで初期化した端末を渡せばいいだけですが、端末の状態によっては回収不可になってしまうこともあります。

ソフトバンクで端末回収できないケース

基本的に端末が壊れてしまっている場合は回収ができません。

修理すれば回収してもらえますので対象機種購入時にアップルケア(apple care)に加入しておくといいと思います。

万が一、回収できないと半額サポートが適用できないので48回支払うまでは継続して毎月端末代金が請求されます。

3. ソフトバンク「半額サポート」のデメリット

半額サポートのデメリット

半額サポートにはいくつかデメリットがあります。

◆半額サポートのデメリット

  • 4年間はソフトバンクを利用することになる
  • 契約審査が多少厳しくなる
  • スマホを紛失したら適用はできなくなる

ただデメリットのほとんどは事前に対策しておくことができます。

3-1. 4年間はソフトバンクを利用することになる

半額サポートは2年間利用したあとに機種変更するのが前提です。

つまり少なくとも機種変更後の2年間含めて合計4年間はソフトバンクを利用することになります。

半額サポートは4年間ソフトバンクを利用する

ソフトバンクを長く利用しない人にはデメリットになりますよね。

ただ半額サポートには「1年買い替えオプション」というオプションが存在します。

このオプションを利用することで1年利用して機種変更しても半額サポートを適用することができるので、合計3年間に短縮することができます。

半額サポートの1年買い替えオプション

1年間利用後に機種変更し、13か月目~24か月目の端末代金を一括払いすれば、最短3年まで短縮することができます。

もちろん25か月目~48か月目の端末代金は半額サポート適用で免除されます。

1年買い替えオプションはどうやって加入する?

オプションという名称ですが、オプション料金などはありませんし、別途申し込みの必要などもありません。

以下の手順で進めると自動的に1年買い替えオプションがで適用されます。

  1. 48回分割払いで端末を購入する
  2. 1年後に機種変更し、旧端末を回収してもらう
  3. 24か月目までの残りの端末代金を一括払いする

これで25か月目~48か月目の端末代金が免除になります。

3-2. 契約審査が多少厳しくなる

契約審査が厳しくなるのは下記2つの理由があるためです。

◆契約審査が厳しくなる理由

  • 支払い回数が長くなるため
  • 端末代金が10万円を超えるため

10万円を超える端末代金を長期ローンで購入するとなると契約審査は多少厳しくなってしまいます。

ただスマホの契約審査は端末代金10万円を境に厳しくなるので、端末値引きを利用して10万円下回るように調整すればいいのです。

詳細は下記記事に詳しくまとめていますので、ご覧いただければと思います。

iPhoneXR,XSの審査裏ワザ!分割審査はこれで簡単に通過できるiPhoneXR,XSの審査裏ワザ!分割審査はこれで簡単に通過できる

3-3. 購入したスマホを紛失したら適用不可

48回分割払いで購入したスマホを紛失してしまうと、機種変更するときに回収ができません。

そのため半額サポートの適用はできなくなります。

ただこれだけは対応策などもないので、普段からなくさないように心掛けるくらいしかできませんね。

故障や破損は大丈夫!

故障や破損は修理すれば回収できます。

ただ紛失して買い替えてしまうと、端末のシリアル番号が変わりますので回収はできません。

48回分割で購入した端末のシリアル2年後に回収した端末のシリアルが一致していることが適用の条件になります。

4. 結果としてソフトバンクの半額サポートはお得?

ソフトバンクの半額サポートはお得?

端末回収さえクリアできれば超お得!

半額サポートは加入していても、機種変更しなければ適用されません。

適用しないことによるペナルティもないので、月々の料金の負担を軽減できる分お得だといえるでしょう。

もちろん機種変更して半額サポートを適用すれば5万円~6万円ほど端末代金が割引になるのでお得ですね。

ソフトバンクの端末保証

ただ故障や破損などの場合は修理が必要になるので、端末購入時に「あんしん保証パック with AppleCare Service」や「あんしん保証パック」に加入しておくことをオススメします。

端末保証は契約途中に加入することができないので注意しましょう。

5. ソフトバンクの半額サポートをさらにお得に利用する方法

ソフトバンクで半額サポートを更にお得に利用する方法

キャッシュバックをもらうべき!

ソフトバンクでは乗り換え(MNP)で契約するとキャッシュバックをもらえるショップがいくつかあります。

このキャッシュバックと半額サポートは併用ができるので、キャッシュバックをもらえるショップで契約するといいでしょう。

場合によっては端末代金が半額で、しかもキャッシュバックが4万円もらえるということもできます。

キャッシュバックがもらえるショップは下記記事をご覧ください。

ソフトバンクのキャッシュバック!今実施中のショップで条件や金額を比較してみたソフトバンクのキャッシュバック!今実施中のショップで条件や金額を比較してみた

6. ソフトバンク「半額サポート」に関するよくある質問

加入できます。

必ず機種変更・乗り換え(MNP)・新規契約のいずれかをして、48回分割で端末を購入しましょう。

ソフトバンクの契約ができるショップであればどこでも加入できます。

具体的には「ソフトバンクショップ」「家電量販店」「街中の携帯ショップ」「WEBの販売店」などで可能です。

端末代金を48回分割払いで契約すれば、自動的に半額サポートに加入できます。

解除はできませんが、解除する必要はありません。

2年後に機種変更や端末回収をしなければいいだけですし、適用しないことによるペナルティもありません。

半額サポートの適用はされないので48回分、毎月端末代金を支払うことになります。

故障であれば、修理すれば半額サポートの適用は可能です。

紛失してしまうと、半額サポートの適用はできません。

できません。

割引額の総額でみれば半額サポートのほうが割引額は高いのでお得です。

端末代金は端末残債として48回分継続して請求されます。

もちろん1年以内の解約になると、解約金もかかってきます。

ただこれは半額サポートに加入していなくても同じですね。

「半額サポート for iPhone」や「半額サポート for Android」は2018年9月以前の旧半額サポートです。

現在の半額サポートと違う点は適用条件です。

◆半額サポート for iPhone(Android)の適用条件

  • 2年後に機種変更する
  • 旧機種を回収してもらう
  • 再度、半額サポート for iPhone(Android)に加入する

◆半額サポートの適用条件

  • 2年後に機種変更する
  • 旧機種を回収してもらう

旧半額サポートでは、2年後の機種変更時に再度「半額サポート for iPhone(Android)」に加入することが条件になっていました。

これだと、適用させるためには2年周期でソフトバンクで機種変更し続けることになりますよね。

非常に使い勝手の悪い割引になっていたのが、半額サポートで改善されたというのが大きな違いです。

ちなみに半額サポート for iPhoneと半額サポート for Androidは、名称も「半額サポート」に統合されました。

48回分割で購入した端末でないとダメです。

購入時にシリアルを登録されるので、回収時にそのシリアルと一致していないと適用はされません。

できます。

2年後に機種変更し、端末を回収してもらった時点で残りの端末代金が免除になりますので機種変更後はいつ解約しても問題ありません。

ただ更新月以外に解約すると通常通り解約金がかかりますのでご注意ください。

できます。

半額サポートはほとんどのキャンペーンと併用ができますので非常にお得ですね。

7. ソフトバンクの半額サポートまとめ

半額サポートは条件さえ満たせば端末代金が半額になるので非常にお得だと言えます。

また機種変更や端末回収をしなくても毎月の料金負担を抑えることができます。

これからはソフトバンクの「学割放題」との併用によりさらに料金を節約することができるので、検討してみてはいかがでしょうか。

ソフトバンクの「学割放題」!基本料金が3か月間0円になる詳細とは?ソフトバンクの「学割放題」!基本料金が3か月間0円になる詳細とは?