ワイモバイルオンライン限定機種値引き!

ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えで解約金を回避する方法!違約金を負担してくれるショップをご紹介

ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換え(MNP)の手続きはタイミングによって解約金がかかるケースもあります。

そのため本来であれば解約金がかからないタイミングで乗り換えるのがベストですが「どうしても今ソフトバンクに乗り換えたい」というケースもありますよね。

本記事ではワイモバイルからソフトバンクに解約金を回避して乗り換える方法について解説していきます。

今回ご紹介する方法であればソフトバンクにいつ乗り換えても解約金なしで手続きできるのでぜひチェックしてみましょう。

1. ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えでかかる解約金

10,450円かかる!

ワイモバイルでは解約金のかかるプランとかからないプランがあります。

解約金がかかるプランは2年契約(2年縛り)のプランで契約期間中にソフトバンクに乗り換える場合は解約金がかかることになります。

■解約金がかかるプラン(2年契約)

  • スマホプラン:解約金10,450円
  • データプラン:解約金10,450円
  • 4G-Sプラン:解約金10,450円
  • ケータイプランSS:解約金10,450円

■解約金がないプラン(契約期間なし)

  • シンプルS/M/L:解約金なし
  • スマホベーシックプランS/M/R:解約金なし
  • データベーシックプラン:解約金なし
  • 4G-Sベーシックプラン:解約金なし
  • ウィルコムプランLite/D+:解約金なし
  • ケータイベーシックプランSS:解約金なし
  • ケータイプラン:解約金なし

2年契約プランでは一律10,450円の解約金をワイモバイルに支払うことになります。

そのためまずは今加入しているプランが解約金がかかるのかどうか事前に確認しておく必要があります。

2. ソフトバンクへの乗り換えで解約金を回避する方法

3つの方法がある!

ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えで解約金を回避するには大きく3つの方法があります。

ソフトバンクへの乗り換えを「数ヶ月待てるのか」「1ヶ月なら待てるのか」「今すぐしたいのか」によって回避方法が異なります。

■解約金を回避する方法

  • 更新月に乗り換える:数ヶ月待てる人向け
  • 解約金がかからないプランにプラン変更する:1ヶ月なら待てる人向け
  • ショップで解約金を負担してもらう:いますぐ乗り換えたい人向け

どの方法でも解約金をかけずにソフトバンクに乗り換えることができます。

ただ解約金をかけないために数ヶ月も時間をかけてしまうのは本末転倒な部分があるので、もし解約金がかかるのであれば解約金を負担してくれるショップで契約するのが手っ取り早いです。

3. ワイモバイルの更新月に乗り換える方法

数ヶ月待つことも!

解約金のかかるプランは契約が切れる24ヶ月目から26ヶ月目が更新月になりますので更新月にソフトバンクへ乗り換えると解約金はかかりません。

ただ確認してみたら更新月が半年後とか数ヶ月後になっていることもよくあるので、更新月に乗り換えるのはある程度時間に余裕がある人だけだと思います。

■更新月の調べ方

  1. myY!mobileにアクセス
  2. 「契約確認変更」を選択
  3. 「ご契約内容をみる」を選択
  4. 更新期間を確認する

更新月の確認は「myY!mobile」から1分程度で簡単に調べることができるのでサクッと調べておきましょう。

なおワイモバイルの更新月は電話でも確認することができますので詳細は下記記事でチェックしてみましょう。

ワイモバイルの更新月を確認する方法!プランごとの契約期間や違約金についても解説

3-1. 更新月内にソフトバンクを利用開始する

注意したいのは更新月内にソフトバンクで申し込みするのではなく、更新月内にソフトバンクの利用を開始する必要があるということです。

ソフトバンクショップで乗り換えるのであれば即日で利用開始されますが、ソフトバンクオンラインショップなどWEBで契約する場合は利用開始までに2,3日かかります。

例えば4月までが更新月だった場合に4月30日にソフトバンクオンラインショップで申し込みしても利用開始が5月になるので解約金がかかるということになります。

更新月は3ヶ月間ありますが余裕を持ってソフトバンクで申し込みをしておきましょう。

4. 解約金がかからないプランにプラン変更する

変更月の翌月から解約金なし!

現在、解約金がかかるプランに加入している人はワイモバイルで解約金のかからないプランに変更してからソフトバンクに乗り換えると解約金はかかりません。

ただワイモバイルでプラン変更をすると、反映は変更手続きをした月の翌月から適用になるので最大でも1ヶ月程度待てる人であればプラン変更してから乗り換えるのがいいですね。

■プラン変更方法

  1. myY!mobileにアクセス
  2. 「料金プランの変更」を選択
  3. 利用したいプランを選択
  4. 「申し込み」を選択

プラン変更は「myY!mobile」から手続きすることもできますが「電話」や「ワイモバイルショップ」でもプラン変更の手続きができます。

下記記事でそれぞれの手続き手順を解説していますのでチェックしてみましょう。

ワイモバイルでプラン変更する方法!キャンセル方法や手続きタイミング、手順や手数料などまとめ

4-1. 解約月の料金は日割りにならない

ワイモバイルで今受け付けているプランは全て解約金がかからないプランです。

ただワイモバイルを解約した月の料金は日割りにならず1ヶ月分を満額請求されるので、プラン変更するときは最安値プランにプラン変更しておくといいでしょう。

■スマホの最安値プラン

  • シンプルSプラン:月額2,178円

■ガラケーの最安値プラン

  • ケータイベーシックSS:月額1,027円

上記のプランであれば解約月の料金を最小限に抑えながら解約金もかけずに乗り換えることができます。

5. 解約金を負担してくれるショップで契約する

いつ乗り換えても解約金なし!

ソフトバンクではショップによってはショップ限定のキャンペーンを実施していて解約金を負担してくれたり現金還元してくれるショップもあります。

解約金以上の還元を受けられるショップで契約するといつ乗り換えても解約金をかけずに手続きすることができるということになります。

■ショップ限定キャンペーン

  • ソフトバンクショップ:実施してない
  • 家電量販店:家電量販店のポイント還元
  • オンラインショップ:事務手数料3,300円無料
  • WEB販売代理店:現金キャッシュバック22,000円

結論から言えばソフトバンクのWEB販売代理店で手続きをすると解約金10,450円以上の現金還元を受けることができます。

WEB販売代理店はソフトバンクショップや家電量販店と同じ機種、プラン、キャンペーンの利用が可能でショップ契約と同じように担当者とメールや電話で話をしながら手続きができます。

5-1. WEB販売代理店は必ず大手サイトで申し込みする

ソフトバンクのWEB販売代理店は様々ありますが、必ず大手のWEB販売代理店を利用しましょう。

というのもWEB販売代理店は販売台数に応じてソフトバンクから手数料をもらっています。

現金キャッシュバックはこの手数料からユーザーに現金還元しているので販売台数の多い大手ほど還元額も大きくなります。

6. ソフトバンクで大手のWEB販売代理店

2サイトおすすめ!

ソフトバンクでは大手のWEB販売代理店は2サイトあります。

それぞれ現金キャッシュバックの金額やサービスの特徴、メリットなどが異なるので契約しやすい代理店を選ぶといいでしょう。

■大手WEB販売代理店

  • おとくケータイ.net:現金23,000円キャッシュバック
  • スマホ乗り換え.com:現金22,000円キャッシュバック

どちらもソフトバンクでは超有名な大手WEB販売代理店です。

総務省にも登録しているサイトなのでサービスの安全性や信頼性はもちろん、現金キャッシュバックで解約金以上の還元をしてくれます。

6-1. おとくケータイ.netはWEB上で手続きができる

おとくケータイ.netはソフトバンクのWEB販売代理店の中でも創業10年の老舗サイトです。

非常に有名なサイトなので知っている人も多いかもしれませんね。

■おとくケータイ.netのポイント

  • 現金23,000円キャッシュバック
  • WEB上で簡単に手続きができる
  • お客様満足度No,1の実績がある

おとくケータイ.netは「ショップにように担当者と相談しながらWEBで24時間手続きできる」というショップとWEBのいいとこ取りをしたサイトです。

専任の担当者がついて契約手続きに必要なものやプランの詳細、見積もりや設定方法など様々な相談をしながら手続きを進めることができます。

過去にはソフトバンクからお客様満足度No,1をもらっている実績もあり非常に丁寧に手続きについて教えてくれます。

おとくケータイ.netの詳細は下記記事で詳しく解説しているのでチェックしてみましょう。

おとくケータイ.netで契約して大丈夫?運営会社やキャッシュバックキャンペーンの詳細を解説

6-2. スマホ乗り換え.comは店舗に行って契約もできる

スマホ乗り換え.comはおとくケータイ.netと並ぶ大手のサイトです。

おとくケータイ.netと違い東京と大阪に店舗があるのでWEBで手続きするか店舗で手続きするかを選ぶことができます。

■スマホ乗り換え.comのポイント

  • 現金22,000円キャッシュバック
  • 店舗契約とWEB契約で選べる
  • キャッシュバックがすぐもらえる

スマホ乗り換え.comの店舗へ行って契約する場合はその場でキャッシュバックを手渡ししてくれるので、すぐにキャッシュバックがもらいたいという人には非常に便利ですよね。

どうしても店舗に行って契約したいという人やすぐにキャッシュバックをもらいたいという人はスマホ乗り換え.comで契約するといいでしょう。

スマホ乗り換え.comを徹底調査!業界人が解説する評価やキャッシュバック、申し込みの流れとは?

7. ソフトバンクへの乗り換えで解約金を回避する方法まとめ

ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えで解約金を回避する方法についてポイントをまとめました。

  • ワイモバイルには解約金がかかるプランとかからないプランがある
  • 数ヶ月待てるのであれば更新月に乗り換える
  • 1ヶ月程度待てるのであれば解約金のかからないプランに変更してから乗り換える
  • すぐに乗り換えたいのであればソフトバンクのWEB販売代理店で解約金負担してもらう

ソフトバンクにいつ乗り換えたいのかによって解約金を回避する方法は異なります。

更新月以外にソフトバンクへ乗り換えるケースがほとんどだと思いますので、更新月を待ったりプラン変更するよりもWEB販売代理店で手続きした方が手っ取り早いかなと思います。

WEB販売代理店のサービスは様々なので契約しやすいサイトで申し込みするといいでしょう。