2020年10月Softbank学割が開始!

ソフトバンクでMNP予約番号を取得する手順!再発行やキャンセル、手数料なども徹底解説

ソフトバンクからauやドコモなど他の携帯会社へ乗り換え(MNP)をする場合はソフトバンクでMNP予約番号の発行手続きをする必要があります。

難しそうなイメージがありますが、非常に簡単で5分程度あればサクッと取得することが可能です。

本記事ではソフトバンクでMNP予約番号を取得する手順と、迷いがちな再発行する場合やキャンセルしたい場合の手順なども詳しく解説していきます。

1. ソフトバンクでMNP予約番号の取得・発行は簡単!

無料で何度でも取得!

MNP予約番号はソフトバンクで利用している電話番号を他の携帯会社でも利用するための許可証のようなイメージです。

例えばソフトバンクからauに乗り換え(MNP)する場合は、ソフトバンクでMNP予約番号を取得してそのMNP予約番号をauに伝えることが必要になります。

■MNP予約番号のポイント!

  • MNP予約番号の発行に手数料は一切かからない
  • MNP予約番号には有効期限がある
  • MNP予約番号を発行しただけでは解約にはならない

MNP予約番号を発行しただけでは手数料はかかりませんし、解約にもならないのでデメリットは全くありません。

試しに発行してみるということも実は全く問題ありません。

1-1. MNP予約番号は手数料や発行費用などは一切不要

ソフトバンクMNP予約番号の発行や再発行に費用がかかることはありません。

また後述していますが、MNP予約番号を発行しただけでは何のデメリットもありませんので、気軽に発行することができます。

1-2. MNP予約番号には15日間の有効期限がある

MNP予約番号には有効期限が設定されており「発行日を含めた15日間」になっています。

注意したいのは発行して15日以内に他の携帯会社で乗り換え(MNP)手続きを完了させる必要があるということです。

例えばソフトバンクショップで本人確認書類に不備があって正しい書類を後日持参するなどの当日中に契約ができないケースやWEBで契約をするなどは数日かかってしまうので注意が必要ですね。

あくまでMNP予約番号の発行から乗り換え(MNP)手続き完了までを15日以内に実施することになりますので、MNP予約番号は乗り換え契約の直前に取得しておくといいでしょう。

1-3. MNP予約番号を発行しただけでは解約にはならない

ソフトバンクでMNP予約番号を発行してもソフトバンクが解約されるわけではありません。

MNP予約番号を取得するときに「解約金がかかるケースがあります」とアナウンスされるので混同することもあるかと思います。

ただソフトバンクが解約されるのは他の携帯会社への乗り換え手続きが完了した時点なのでMNP予約番号を発行しただけでは解約金はかからないということになります。

1-4. ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えでもMNP予約番号が必要!

ワイモバイルとソフトバンクは運営会社が同じソフトバンクですがワイモバイルとソフトバンク間の乗り換え(MNP)でもMNP予約番号は必要になります。

なお発行手順などは同じですので確実に取得しておきましょう。

2. ソフトバンクでMNP予約番号を発行する方法

電話がおすすめ!

ソフトバンクでMNP予約番号を発行する方法は「電話で発行」「mysoftbankで発行」「ソフトバンクショップで発行」の3つの方法があります。

■MNP予約番号の発行方法

  • 電話で発行:ソフトバンクユーザーは全員発行可能
  • mysoftbankで発行:ガラケー利用者のみ発行可能
  • ショップで発行:ソフトバンクユーザーは全員発行可能

どの発行方法でも受付時間が決まっているためMNP予約番号はよっぽどのことがない限り電話で取得するようにしましょう。

mysoftbankだとガラケー利用者のみですし、ショップで発行する場合は後述しますが本人確認書類の持参が必須となります。

電話であれば必要最小限の準備で4,5分で発行してもらえるのでおすすめです。

3. ソフトバンクでMNP予約番号発行に必要なもの

発行方法によって異なる!

ソフトバンクではMNP予約番号を取得する際に必要なものがいくつかありますので、下記にまとめてみました。

■電話での発行

  • 引き継ぎたい電話番号
  • 4桁のネットワーク暗証番号※忘れていても大丈夫

■mysoftbankでの発行(ガラケー利用者だけ)

  • 引き継ぎたい電話番号
  • 4桁のネットワーク暗証番号※忘れていても大丈夫

■ソフトバンクショップでの発行

  • 引き継ぎたい電話番号
  • 4桁のネットワーク暗証番号※忘れていても大丈夫
  • 本人確認書類

MNP予約番号はショップで取得、mysoftbank(WEB)で取得、電話で取得の3つの発行方法がありますがそれぞれで必要なものは異なります。

ソフトバンクショップでMNP予約番号を発行する場合は免許証やパスポート、マイナンバーカードなどを準備しましょう。

MEMO

ソフトバンクショップに持参する本人確認書類は必ず原本が必要です。

コピーでは受付できませんので注意しましょう。

4. ソフトバンクのMNP予約番号を「電話」で発行する手順

取得時間:5分程度!

ソフトバンクでMNP予約番号発行するときは電話で取得するのが一般的な方法ですね。

4,5分で発行できるのでちょっとした空き時間にサクッと取得しておくといいでしょう。

STEP.1
窓口に電話する

まずは下記のMNP問い合わせ窓口に電話しましょう。

■番号ポータビリティお問い合わせ窓口

  • ソフトバンク携帯から:*5533
  • 一般電話から:0800-100-5533
  • 受付時間:9時〜20時(年中無休)
  • 通話料は無料

上記の窓口に電話すると音声ガイダンスにつながります。

なおソフトバンク携帯電話から電話するときは*(コメ)5533で電話をかけることになります。

STEP.2
手続きを進める

音声ガイダンスに繋がったら案内に従って番号をプッシュして手続きを進めていきます。

  1. 予約番号の発行なので「1」をプッシュ
  2. 引き継ぎたい電話番号を入力
  3. 乗り換え予定の携帯電話会社の番号をプッシュ
  4. ネットワーク暗証番号を入力

音声ガイダンスに従って進めていくと、ネットワーク暗証番号の入力を求められます。

これはソフトバンク契約時にご自身で設定した4桁の数字ですが、もし忘れてしまった場合は電話を切らず入力しないまま待っていれば自動的にオペレーターにつながるようになります。

またネットワーク暗証番号を入力した場合も同様にオペレーターに繋がります。

STEP.3
注意事項を聞く

オペレーターに繋がったらMNP予約番号の発行に関する注意事項を聞きます。

また乗り換える理由は?など聞かれることもあるので、めんどくさい人は「仕事の都合で」と答えればスムーズです。

注意

解約金についての説明をされますがMNP予約番号を発行しただけでは解約金はかかりません。

STEP.4
予約番号の発行

オペレーターからMNP予約番号の発行に関する注意事項を聞いたら、MNP予約番号を発行してくれます。

MNP予約番号はSMS(ショートメール)で送ってくれますが、SMSでメールが届かないケースもあるようなので念のためその場で口頭でも聞いてくといいでしょう。

5. ソフトバンクのMNP予約番号を「mysoftbank(WEB)」で発行する手順

取得時間:10分程度!

Mysoftbank(WEB)でMNP予約番号を発行できるのはソフトバンクのガラケーを利用している人だけです。

またWEB上での取得ではありますが24時間受付ではありませんので注意しましょう。

STEP.1
mysoftbankにアクセス

まずはmysoftbankにアクセスしログインしておきましょう。

ログインは24時間できますがMNP予約番号の発行だけ9時〜21時半が受付時間になっています。

STEP.2
項目を選択

mysoftbankにアクセスしたら下記の手順で項目を選択していきます。

  1. 「設定・申し込み」を選択
  2. 「契約者情報の変更」を選択
  3. 「番号(MNP)ポータビリティ予約関連手続き」を選択
  4. 「番号(MNP)ポータビリティ予約(予約番号の発行)」を選択

長い注意事項や確認事項のページが表示されますので、必要に応じて確認しながら読み進めていきましょう。

STEP.3
MNP予約番号の発行

全ての注意事項、確認事項を読み進めるとMNP予約番号が表示されます。

忘れないようにメモしたりスクリーンショットしておくなどしておきましょう。

6. ソフトバンクのMNP予約番号を「ショップ(店舗)」で発行する手順

取得時間:1時間程度!

ソフトバンクショップでMNP予約番号を発行してもらう方法もありますが、ショップの待ち時間が長い上に本人確認書類なども必要になります。

また家電量販店や街中の携帯ショップでは受付してくれないので、もしショップで発行するのであればソフトバンクショップに来店することが必須になります。

STEP.1
まずは事前準備

ソフトバンクショップに来店する前に本人確認書類を準備しておきましょう。

下記の中から1種類、原本を用意しておく必要があります。

■本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 身体障がい者手帳 or 療育手帳 or 精神障がい者福祉手帳
  • 健康保険証+補助書類
  • 住民基本台帳カード+補助書類

健康保険証や住民基本台帳カードの場合は補助書類として「住民票の原本」も必要になるので注意しましょう。

STEP.2
ショップへ来店

最寄りのソフトバンクショップへ来店し店員さんにMNP予約番号を発行したいと伝えます。

本人確認書類の提出を求められますので、事前に準備していた本人確認書類を渡せばコピーして返却してくれます。

STEP.3
窓口に電話する

店員さんが「番号ポータビリティお問い合わせ窓口」に電話をかけてくれるので、ご自身でMNP予約番号の発行手続きをします。

ショップへ来店しても電話でMNP予約番号を発行してもらうのと結局同じです。

STEP.4
MNP予約番号の発行

MNP予約番号がSMS(ショートメール)で届きますので、メールを削除しないように注意しましょう。

なおショップの店員さんに乗り換え(MNP)の手続きについて不明点を聞いておくのもいいと思います。

7. ソフトバンクでMNP予約番号を再発行する方法

再度同じ手順で発行!

auやドコモなどで乗り換え(MNP)手続きの途中にMNP予約番号の有効期限が切れてしまうと、ソフトバンクでMNP予約番号を再発行してもらうことが必要です。

とは言ってもMNP予約番号は有効期限が切れると自動的に失効してしまうので、特別な手続きは必要なく、再度同じ手順でMNP予約番号を取得すればいいだけです。

また有効期限内であっても、再度MNP予約番号を発行すれば新しいMNP予約番号が上書きされます。

例えば10月1日にMNP予約番号を発行して10月3日に再度ソフトバンクでMNP予約番号を発行すると、10月1日に発行したMNP予約番号は自動的に失効します。

MNP予約番号を取得してから時間が経ってしまって有効期限内に手続きが間に合わなそうだと感じた場合は、再発行して有効期限を上書きすることも可能です。

8. ソフトバンクでMNP予約番号をキャンセルする方法

放置でOK!

ソフトバンクではすでに発行したMNP予約番号をキャンセルするという手続きはありません。

MNP予約番号は持っているだけではなんの意味もないので、乗り換え(MNP)するのをやめる場合は有効期限が切れるのを待ちましょう。

有効期限が切れれば、自動的にそのMNP予約番号は失効します。

9. ソフトバンクのMNP予約番号に関するよくある質問

電話取得の時に音声ガイダンスやオペレーターに何を聞かれる?

オペレータによって異なるようですが、おおよそ下記のようなことを聞かれます。

■聞かれること

  • どこの携帯会社に乗り換えする予定ですか?
  • 差し支えなければ乗り換えする理由をお教えください。
  • ソフトバンクで機種変更した方がお得ですがいかがですか?

主にソフトバンクで利用を継続してもらうためのヒアリングというイメージです。

めんどくさい場合は「仕事や家族の都合で乗り換えることになる」と伝えれば過度な引き止めなどは起こりません。

WEBで手続きしていたらMNP予約番号を再取得してくれと言われた

ソフトバンクで再度同じ手順でMNP予約番号を発行してもらいましょう。

再発行されたMNP予約番号は番号と有効期限が違いますので、手続きしていたショップに再発行した番号を伝えればOKです。

ソフトバンクのMNP予約番号を契約者本人以外が取得できる?

できません。

ソフトバンクでは契約者本人以外がMNP予約番号を取得できないので、必ず取得は契約者本人が実施することになります。

MNP予約番号を発行したけど忘れた

MNP予約番号を忘れてしまったら、再発行になります。

再発行は同じ手順で取得すればいいだけですし、再発行の手数料などもありません。

複数台乗り換えする場合はMNP予約番号はいくつ必要?

MNP予約番号は電話番号に紐づくものです。

例えば3台ソフトバンクからauに乗り換えたいのであれば、3台分のMNP予約番号が必要になります。

10. ソフトバンクでMNP予約番号を取得する方法!まとめ

ソフトバンクでMNP予約番号を発行する方法は手順さえ知っていれば非常に簡単ですのでポイントをまとめてみました。

  • 無料で何度でも発行ができる
  • 電話で取得するのが一般的でおすすめ!
  • 再発行は同じ手順で取得すればOK
  • キャンセルするときは有効期限が切れるのを待ちましょう

練習がてら試しに取得してみるのも一つの手ですね。