ソフトバンクの高額キャッシュバック情報

GooglePixel3の評価!初心者にもわかる大きな特徴の違いとは?

GooglePixel3の評価!初心者にもわかる大きな特徴の違いとは?

※2019年6月7日にPixel3の価格が変更されていますので、変更後の価格を反映しました。

GooglePixel3はGoogle社が発売した日本初上陸のスマホとして、数あるAndroid機種の中でも注目度No,1の機種です。

ネットなどでもスペックや機能の紹介など様々あるかと思いますが、初心者としては何をどう見たらいいのかわからないという人も多いかもしれません。

本記事では初心者向けに「GooglePixel3って何がいいの?」という疑問にお答えすべく解説をしていこうと思います。

なお2019年5月17日発売のGoogle Pixel3aの詳細は下記記事を参考にしてください。

Google Pixel3a徹底レビュー!Pixel3と何が違うのか比較してみたアイキャッチGoogle Pixel3a徹底レビュー!Pixel3と何が違うのか比較してみた

1. GooglePixel3の特徴

Pixel3の特徴

AIに特化したスマホ!

GooglePixel3を一言でいうとAIに特化したスマホです。

他のAndroid機種は高性能カメラや高精細ディスプレイなどのハードウェアに特徴があるのに対して、GooglePixel3は機能面(いわゆるソフトウェア)に特徴があります。

例えばいくら高価なカメラを使っても、撮影が上手くなければ綺麗な写真は撮れませんよね。

反面、そこそこのカメラでも撮影が上手ければ綺麗な写真を撮ることが可能です。

GooglePixel3はAI機能を利用してスマホの性能を大きく引き上げてくれる、そんな未来型のスマホです。

1-1. GooglePixel3のAI機能でカメラ性能が大きく向上

GooglePixel3のAI機能でいえば、スマホで撮影した写真が大きく変わります。

GooglePixel3とiPhoneXSのカメラ性能の違い

iPhoneXSは高性能カメラを搭載したスマホですが、暗い場所で撮影をする時はカメラの補正を使いながら自分で明るさを調整する必要があります。

※具体的には暗いところにピントを合わせないと明るくなりませんよね。

しかしGooglePixel3はAI機能により全自動で明るさを調整してくれます。

これであればカメラの扱いに慣れていない人でも綺麗な写真を撮影することができますよね。

1-2. GooglePixel3のAI機能でバッテリー性能が大きく向上

GooglePixel3には自動調整バッテリーという機能があります。

GooglePixel3の自動調整バッテリー

これはスマホを利用しているユーザーの行動をAIが学習し、あまり使われていない使用頻度の低いアプリの消費電力を抑えることでバッテリー性能を向上させるものです。

AIがバッテリーの効率を高めてくれることでバッテリーの寿命も長くなりますし、容量以上にバッテリーが長持ちします。

1-3. もちろんGoogleアシスタント機能も搭載

GoogleのAI機能といえば「OK Google」で有名なGoogleアシスタント機能ですよね。

Googleアシスタントも搭載

GooglePixel3にももちろん標準搭載されています。

しかも「OK Google」と言わなくてもスマホを握るだけで自動起動できるようになっているので、簡単に通勤時間や天気、おすすめのお店などの情報を得ることができます。

街中で「OK google」というのは少し恥ずかしいですので、これは非常に嬉しい進化ですよね。

2. GooglePixel3の価格

Pixel3の価格

他のAndroid機種より安い!

GooglePixel3はドコモ版、ソフトバンク版、SIMフリー版の3種類あります。

ドコモ ソフトバンク SIMフリー
端末価格(総額) 98,496円
91,368円
98,400円
57,120円
95,000円
24回分割払い 4,104円
3,807円
4,100円
2,380円
48回分割払い 2,050円
1,190円

SIMフリー版が一番安いのですが一括払いにしか対応していないのと、割引などが一切入らないのでドコモ版やソフトバンク版のほうが月額料金でみると安くなります。

ソフトバンクとドコモの端末価格が大幅に値下げされたため、ソフトバンクで購入すると非常に安くなりますね。

とはいえ、最新のiPhoneやAndroid機種が軒並み10万円以上すると考えるとGooglePixel3の価格は非常に安いと言えます。

なぜ安いのかといえば、超高性能なカメラや超高精細なディスプレイ、高性能のバッテリーなどはそもそもAIでカバーできるので必要ありません。

つまりカメラやディスプレイなどの高性能ハードを開発をする必要がないので、端末価格も安く抑えることができるというわけです。

3. GooglePixel3のスペック

Pixel3のスペック

見るべきポイントを押さえよう!

GooglePixel3のスペックを下記にまとめてみました。

項目 詳細
カラー Clearly White(ホワイト)
Just Black(ブラック)
Not Pink(ピンク)
サイズ 縦:145.6mm
横:68.2mm
厚さ:7.9mm
重さ 148g
ディスプレイ 5.5インチ
フレキシブルOLED
FHD+(2,160 × 1,080)
OS Android(TM) 9 Pie
Googleアシスタント
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 845
2.5GHz + 1.6GHz
64ビットオクタコア
adren630
ROM 64GB / 128GB
RAM 4GB LPDDR4X RAM
バッテリー 2,915mAh
アウトカメラ 1,220万画素
f1.8
インカメラ 800万画素
広角:f2.2
望遠:f1.8
SIMサイズ シングルナノSIM
防水機能
防塵機能
テザリング
おサイフケータイ
GPS
Wi-Fi Wi-Fi 2.4GHz + 5.0GHz
Bluetooth Bluetooth® 5.0 + LE
認証機能 指紋認証

スペックというと慣れていない人は、見てもよくわからないという人も多いかと思います。

全てを理解する必要はなく「ネットや動画がサクサク使えるか」「バッテリー持ちはいいのか」「カメラ性能はどうか」といったポイントを抑えることが重要です。

どの部分を確認したらいいのかを把握することだと思いますので、スペックの見方も含めて解説していきます。

3-1. GooglePixel3のCPU

最新のCPUでサクサク利用できる!

CPUというのはPCでもよく見られる項目ですが、「処理速度」を指します。

つまり「動画やネットがどれだけサクサク利用できるか」の指標です。

Pixel3のCPU

明確に数値化されているわけではありませんが、CPUは常に進化しているため最新のCPUを使っているのであれば問題なくサクサク利用することができます。

Pixel3に搭載されているCPUはSnapdragon845という現在最も優れたCPUです。

Xperiaの最新機種にも搭載されているので、ストレスなくゲームや動画視聴などはサクサク利用することが可能です。

3-2. GooglePixel3のRAM

iPhoneXSと同じ高スペック機種!

RAMというのは「どれだけ複数の処理を同時にできるか」を指す指標です。

一般的にRAMはスマホのグレードに使われることが多く、RAMの数値によってハイエンド端末、ミドルレンジ端末、ローエンド端末に分類されます。

◆一般的なRAM性能

  • ハイエンド端末(高スペック機種):4GB以上
  • ミドルレンジ端末(中堅機種):2G~3GB
  • ローエンド端末(低価格機種):1GB

GooglePixel3のRAMは4GBなので、ハイエンド端末(高スペック機種)に分類されます。

ちなみにiPhoneXSもRAMが4GBなので、GooglePixel3はiPhoneXSと同等の高スペック機種と言えます。

3-3. GooglePixel3のROM

GooglePixel3のROMは64GBと128GBの2種類あります。

ROMはストレージや容量ともいいますが「スマホにどれだけ写真や動画、アプリを保存できるのか」を指します。

スマホを買う時に選ぶ64GBとか256GBとかの指標ですね。

スマホで撮影された写真は1枚でおよそ2.5MBなので、ROM64GBで25,600枚保存することができます。

※1GBは1,000MBです。

◆容量の目安一覧

  • 写真(1枚):2.5MB
  • 音楽(1曲):5MB
  • アプリ(一般):200MB
  • アプリ(ゲーム):1GB
  • 動画(1分):100MB

写真や音楽、LINEなどの利用であれば、64GBで問題ありませんが、ゲームアプリや動画を多く保存したいのであれば128GBにしておいたほうが安心だと思います。

3-4. GooglePixel3のバッテリー性能

iPhoneXSより長持ち!

GooglePixel3のバッテリー容量は2,915mAhあります。

iPhoneXSのバッテリー容量が2,658mAhなので、iPhoneXSよりもバッテリー容量は大きくなりますね。

しかもGooglePixel3にはAI機能を利用した自動調整バッテリーになっているので、実際のバッテリー容量よりも長く利用できると思います。

他の機種との比較

GooglePixel3:2,915mAh

iPhoneXS:2,658mAh

XperiaXZ3:3,200mAh

3-5. GooglePixel3のカメラ性能

GooglePixel3のカメラは高性能カメラではなく、いわゆる普通のカメラだと言えます。

というのも冒頭でご紹介したとおり、AI機能によって高品質な画像や動画を撮影することができるので、レンズの性能を追求する必要性がないためです。

Pixel3のカメラ性能

とはいえ火星探査で使われる技術をカメラに搭載しているので、非常に高水準で撮影することが可能になっています。

3-6. GooglePixel3はおサイフケータイに対応

GooglePixel3はおサイフケータイ(Felica)に対応しています。

Android端末の中にはおサイフケータイに対応していないスマホもあるので、おサイフケータイを使いたいという人にはGooglePixel3はいいかもしれません。

3-7. GooglePixel3は指紋認証に対応

最近のスマホは顔認証や指紋認証、虹彩認証など様々な認証機能を搭載しています。

しかしGooglePixel3はあえて指紋認証のみにしています。

それはあくまで顔認証や虹彩認証などは、現時点では実用テストの段階にすぎないので、指紋認証のほうがユーザーにとって信頼性・確実性・一貫性があるという理由です。

非常にGoogleらしいなと思いますが、指紋認証のほうが早いし確実ですもんね。

4. GooglePixel3のドコモ版とソフトバンク版の違い

ドコモとソフトバンクのPixel3の違い

容量と価格、支払回数が違う!

GooglePixel3はドコモとソフトバンクで販売しています。

またドコモ版とソフトバンク版でストレージ容量と端末の価格、端末の支払回数が少し違いますのでご注意ください。

ドコモ ソフトバンク
容量
(ストレージ)
64GB 64GB
128GB
端末価格 91,368円 57,120円(64GB)
64,800円(128GB)
支払い回数
24回分割
24回分割
48回分割

ドコモ版の場合は端末のストレージ容量が64GBしかないので、ゲームアプリや動画などを多く保存したい人はソフトバンク版を購入するのがいいと思います。

ただ端末のスペックや仕様自体は変わりません。

ストレージ容量とは?

ストレージ容量とは、上述している「ROM」のことです。

呼び方が様々で「ストレージ」「容量」「ROM」「ストレージ容量」などと言われますが、意味は全く同じです。

5. GooglePixel3の月額料金(維持費)

Pixel3の月額料金と維持費

ソフトバンクのほうが安い!

GooglePixel3のドコモ版とソフトバンク版それぞれの月額料金と毎月の維持費をまとめてみました。

月額料金が安いということもポイントですが、2年目以降の維持費が変わることもあるので2年間の総支払額もしっかり見ておきましょう。

5-1. ドコモ版GooglePixel3の月額料金と毎月の維持費

ドコモ版は容量64GBのみと24回分割支払いのみになっています。

最安値1GBプラン

64GB 128GB
端末代金(24回) 3,807円
シンプルプラン 1,058円
ベーシックパック 3,132円
ウェブ使用料 324円
月々サポート -2,754円
月額料金 5,567円
2年間の支払額
133,608円
 

大容量30GBプラン

64GB 128GB
端末代金(24回) 3,807円
シンプルプラン 1,058円
ウルトラデータパック 8,640円
ウェブ使用料 324円
月々サポート -2,754円
月額料金 11,075円
2年間の支払額
265,800円
 

ドコモの場合は、2年間ずっと割引が続くので月額料金と毎月の維持費は同じです。

5-2. ソフトバンク版GooglePixel3の月額料金と毎月の維持費

ソフトバンク版は64GBと128GBの2種類の容量があります。

また支払回数も24回と48回で選べますが、ほとんどの人が48回分割で支払うことが多いです。

最安値1GBプラン

64GB 128GB
端末代金(48回) 1,190円 1,350円
通話基本プラン 1,296円 1,296円
ミニモンスター 2,480円 2,480円
ウェブ使用料 324円 324円
1年おトク割 -1,080円 -1,080円
月額料金 4,210円 4,370円
2年間の支払額
114,000円
 117,840円

1年おトク割は1年間のみの割引になります。

◆1年目の維持費

  • 64GB:4,210円
  • 128GB:4,370円

◆2年目の維持費

  • 64GB:5,290円
  • 128GB:5,450円

2年間の総額でみるとドコモの64GBが133,608円ソフトバンクの64GBが114,000円なのでソフトバンクのほうが安くなります。

ソフトバンクで128GBを購入してもドコモより安いですね。

大容量50GBプラン

64GB 128GB
端末代金(48回) 1,190円 1,350円
シンプルプラン 1,296円 1,296円
ウルトラデータパック 5,980円 5,980円
ウェブ使用料 324円 324円
月々サポート -1,080円 -1,080円
月額料金 7,710円 7,870円
2年間の支払額
198,000円
201,840円

大容量50GBプランにも1年おトク割が適用されますので、2年目の料金が変わってきます。

◆1年目の維持費

  • 64GB:7,710円
  • 128GB:8,680円

◆2年目の維持費

  • 64GB:8,790円
  • 128GB:8,950円

最安値1GBプランも大容量プランも月額料金、2年間の支払額ともにソフトバンクのほうが安いです。

6. GooglePixel3は買うべき?

Pixel3は買うべき?

幅広く利用したい人にはおすすめ!

GooglePixel3のメリットは低価格、高性能で実用的なAI機能を兼ね備えている点です。

そのためゲームも音楽も動画も写真も幅広く利用したいという人にぴったりの万能型スマホだと言えます。

◆こんな人におすすめ!

  • ゲームも音楽も動画も写真も幅広く利用したい
  • 月額料金の安いAndroid機種を探している
  • 日本初上陸のスマホを試してみたい

ただGooglePixel3はハード面で突出した性能はないので、明確な目的があってスマホを利用したい人には物足りないかもしれません。

スマホでゲームをメインに利用したいとか、音楽や映画を楽しみたいなどを基準に考えるのであれば、他のAndroid機種のほうが便利なこともあります。

Android機種の特徴一覧

スマホゲームがしたい:ゲーミングスマホのAQUOS ZERO

音楽や映画を楽しみたい:音響、ディスプレイに突出したXperiaXZ3

綺麗な写真が撮りたい:最高級カメラレンズ搭載のHUAWEI mate P20 Pro

7. GooglePixel3をお得に購入する方法

Pixel3をお得に購入する方法

GooglePixel3を購入するのであれば、月額料金と2年間の総支払額が安いソフトバンクで購入するのがオススメです。

ソフトバンクで購入する場合は、さらにお得に購入する方法が2つあるのでご紹介します。

◆お得に購入する方法

  • ソフトバンクに乗り換え(MNP)するならキャッシュバックをもらう
  • ソフトバンクで機種変更するなら頭金をかけずに購入する

ソフトバンクではショップ独自のキャンペーンや特典を実施しているため、ショップ選びが非常に重要になります。

ソフトバンクに乗り換え(MNP)する場合とソフトバンクで機種変更する場合でポイントが変わってきますので、それぞれで詳しく解説をしていきます。

7-1. ソフトバンクに乗り換えるならキャッシュバックをもらう

現在auやドコモ、ワイモバイルなどの格安SIM(格安スマホ)を利用している人は、ソフトバンクに乗り換え(MNP)することになります。

乗り換え(MNP)の場合はショップによっては4万円~6万円のキャッシュバックをもらえることもあります。

そのためソフトバンクに乗り換え(MNP)を検討するのであれば、キャッシュバックを実施しているショップで購入すると非常にお得です。

なおキャッシュバックは総務省の方針もあって、年々実施しているショップが減ってきています。

下記記事で現在キャッシュバックを実施しているショップをまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ソフトバンクのキャッシュバック!今実施中のショップで条件や金額を比較してみたソフトバンクのキャッシュバック!今実施中のショップで条件や金額を比較してみた

7-2. ソフトバンクで機種変更するなら頭金をかけずに購入する

ソフトバンクで機種変更する際に注意したいのは、ショップによって頭金という名目で手数料3,000円~10,000円ほど請求されることがあるという点です。

この頭金はソフトバンクが請求しているのではなく、ショップ独自のいわゆる手数料です。

この手数料は無駄な費用なので、頭金のかからないショップで契約するのが重要なポイントです。

ただソフトバンクのショップで頭金がかかるかどうかは、実際に契約をしないとわからないので確認のしようがありません。

それであればソフトバンクオンラインショップで機種変更すると公式サイトなので頭金一切不要で契約できます。

ソフトバンクの機種変更はオンラインショップで!手続きの流れや費用など解説ソフトバンクの機種変更はオンラインショップで!手続きの流れや費用など解説

8. GooglePixel3の評価まとめ

GooglePixel3は今までのAndroid端末とは違いAI機能に特化したスマホです。

実用性の高いAI機能でカメラやバッテリーなどをサポートしているため、高価ハードを搭載する必要がなく低価格・高性能を実現したスマホといえるでしょう。

ネットや動画、写真、音楽など様々なシーンに幅広く対応している最新スマホなので気になっている人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。