ソフトバンクの高額キャッシュバック情報

クレカ払い?口座振替?格安スマホの支払い方法と対応キャリアを紹介

格安スマホの支払い方法

あなたは今どういった支払方法でスマホの料金を支払っていますか?

現在au, docomo,softbankといった大手3キャリアでスマホを利用しているのであれば月額料金の支払いはクレジットカードや口座振替、コンビニ払いなどユーザーの都合に応じた支払方法が用意されていますよね。

しかし格安スマホの場合はWEBで申し込みをしていくという特性もあり、支払方法は3キャリアの支払方法と比べるとバリエーションは非常に少なくなっています。

また格安スマホ会社によっても対応している支払方法が異なってきますのでどんな支払方法があるのか、どこの格安スマホが対応しているのかをしっかり確認しておきましょう!

本記事では格安スマホの支払方法とそれぞれの支払い方法に対応している主要な格安スマホ会社について解説していきます。

なお今回は「UQモバイル」「ワイモバイル」「楽天モバイル」「LINEモバイル」「mineo(マイネオ)」を主要な格安スマホとしています。

1. 格安スマホの支払方法は何がある?

格安スマホの支払い方法

格安スマホの支払方法には大きく分けて3種類の支払い方法があります。

◆格安スマホの支払方法

・クレジットカード払い

・口座振替

・デビットカード払い

またその他にもプリペイドカード払いやプロバイダとの合算支払などもありますが、一般的ではないのと手続きが非常にややこしいので今回は省略しています。

格安スマホの支払方法として最も一般的なのはクレジットカード払いだと思います。

また口座振替やデビットカードは対応している格安スマホ会社は非常に少ないので注意が必要です。

しかし口座振替に関してはユーザーの要望が多くなっていることも事実ですので、今後は口座振替やそれに近しい手続きで対応できる格安スマホ会社は増えるのではないかと思います。

まずはあなたにとって都合のいい支払方法とその支払方法に対応した格安スマホ会社を把握していきましょう。

2. クレジットカード払いに対応している格安スマホ会社

格安スマホのクレジットカード支払い

クレジットカード払いは格安スマホ会社では一般的かつ推奨されている支払方法になりますので「UQモバイル」「ワイモバイル」「楽天モバイル」「LINEモバイル」「mineo(マイネオ)」の全ての主要格安スマホ会社で対応が可能です。

申し込みをする際に申し込みフォームにクレジットカード番号やクレジットカード名義を入力するだけで問題はありません。

しかしクレジットカードの名義は必ず契約者の名義と一致する必要がありますので契約者名義のクレジットカードでないといけませんので注意しましょう。

また申し込み時には支払審査があり過去や現在進行形でスマホ料金の滞納未払いがあった場合は審査がNGとなり申し込みできないケースもあります。

俗にいうクレカNGというものですが、その場合はクレジットカードの種類を変えてもクレジットカードの名義が同じなので同様に審査NGになってしまいます。

解決するためには契約者自体を変更する支払方法を変更する必要があり非常に面倒なので滞納や未払いの可能性がある人は事前に今利用している携帯電話会社に確認しておきましょう。

ちなみにもし未払いなどがあった場合は支払いを済ませてしまえばOKです。

3. 口座振替に対応している格安スマホ会社

格安スマホの口座振替

口座振替は「楽天モバイル」と「UQモバイル」であれば対応が可能になっています。

ただし楽天モバイルの場合は通話プランやデータプランの料金に対しては口座振替は可能ですが、端末代金に対しては口座振替はできませんので注意が必要です。

楽天モバイルの口座振替

つまり端末代金は別の方法で支払い、通話やデータプランの料金は口座振替にすることになりますので支払い方法を2つ用意することとなり非常に面倒です。

しかし端末を一括購入で端末到着時に代引き払いにするか、端末をそもそも購入しない(格安SIMのみ契約)場合であれば口座振替のみで月額料金を支払うことができますので便利かもしれません。

なお口座振替の場合は振替手数料が毎月108円かかります。

一方UQモバイルであればどんな場合でも口座振替は可能になります。

UQモバイルだけでなく口座振替の手続きはWEBではできませんので必ず書面でのやりとりが発生します。

UQモバイルで口座振替をしたい場合は申し込み完了後、UQモバイルから『口座振替依頼書』が届きますのでそちらに記入・捺印をし返信用封筒に入れて返送します。

返送後口座振替の手続きは完了しますが、UQモバイルの利用開始と口座振替の手続き完了には若干のタイムラグがあります。

そのため利用開始から口座振替の手続き完了までに発生した料金は公共料金のように払込書が郵送で届きますのでコンビニで支払う必要があります。

UQモバイルの口座振替

この期間の料金は支払い忘れしやすいので注意しましょう。

もし忘れてしまうと料金未払いとなってしまい最悪の場合、利用停止になってしまう可能性もあります。

4. デビットカードに対応している格安スマホ会社

格安スマホのデビットカード払い

デビットカードに対応している格安スマホ会社は「楽天モバイル」だけになっており、楽天デビットカードにのみ対応しています。

他の銀行のデビットカードには対応していませんのでご注意ください。

そもそもデビットカードとクレジットカードの違いは何かというと、クレジットカードは格安スマホの月額料金の請求があった時に一旦クレジットカード会社が支払い、引き落とし日にユーザーに請求されます。

それに対してデビットカードは月額料金の請求があった時に請求金額があなたの銀行口座から直接引き落としされます。

クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカードと比較するとデビットカードはあなたの銀行口座に入っているお金の範囲内で利用することができます。

またデビットカードの入会審査は不要で15歳以上であればデビットカードを持つことが可能です。(中学生は除く)

ただデビットカードに対応している格安スマホ会社は徐々に減ってきており今後もさらに減っていくのかも知れません。

理由は格安スマホ会社から見ると悪用月額料金の未収リスクがあるということだと思います。

クレジットカードのような加入審査もなく誰でも持てる反面、月額料金も安く使えるため悪用されたり滞納や未払いなどのケースも当然増加してしまうのです。

例えばスマホの支払い手続きは申し込み時点で行いますが、料金自体は毎月発生するものです。

通常の買い物であれば支払いのタイミングでデビットカードの支払い手続きを行いますが、スマホは申し込み時にしか手続きをしないので支払い手続き完了後に銀行口座にお金がなくなってしまった場合は料金が支払えなくなることがあります。

格安スマホがクレジットカード払いなのは身元確認が取れ、かつある程度支払い能力のあるユーザーに絞って悪用や未収リスクを発生させないからだと思います。

特に格安スマホはWEB上での契約になっており、ショップに行って契約をするような対面販売は少ないので悪用や料金の未収リスクを抑えるために支払い方法をクレジットカードに限定している会社が多いのです。

5. 格安スマホはどの支払い方法がオススメ?

格安スマホはどの支払い方法がオススメ?

格安スマホの支払い方法でオススメは断然「クレジットカード払い」です。

理由は格安スマホ会社が推奨していることと格安スマホ会社を選ぶ選択肢が多くなるからです。

支払い方法はあくまで支払い方法に過ぎず、月額料金を下げるということには影響しませんので格安スマホに乗り換えて料金を下げるということを目的とするのであれば選択肢は多いに越したことはないでしょう。

そういう意味では支払い方法から格安スマホを選ぶというよりも契約したい格安スマホ会社の支払い方法に合わせるというスタンスでいた方が、よりあなたに合うプランを利用できるようになるのではと思います。

当然支払いの都合というものはあると思いますが、どうしても・・・という場合はUQモバイルで口座振替で支払うのもいいと思います。

UQモバイルは業界でも2017年度総合満足度No,1を獲得している実績もあり3姉妹CMでもご存知の方は多いのではないでしょうか。

またauのサブブランドという立ち位置で通信速度も安定しており今のau,docomo,softbankに近い通信環境で格安スマホを利用することが可能です。

さらに言えばiPhoneも販売していますので格安スマホ初心者の方にはオススメですよ。

◆支払い方法のオススメ

1. クレジットカード払いが断然オススメ

2. クレカがどうしてもダメ!という人はUQモバイルで口座振替

6. 格安スマホの支払い方法まとめ

格安スマホ会社によって支払い方法は様々ありましたが、どれがどれかよくわからなくなった!という人のために格安スマホ会社の支払い方法一覧をまとめてみました。

クレジットカード 口座振替 デビットカード
UQモバイル
ワイモバイル
楽天モバイル
LINEモバイル
mineo(マイネオ)

クレジットカードでの支払いであれば格安スマホ会社各社で対応しているため選択肢も多くあなたにピッタリのプランや機種が見つかりやすいです。

しかしどうしてもクレジットカードダメ!ということであればUQモバイルの口座振替でお支払いただくのがいいと思います。

何にしても格安スマホを利用するのであれば混乱しない程度に選択肢を広げていく必要があるのかも知れませんね。

重要なのは支払い方法は月額料金に影響しないのでベストな支払い方法に対応する格安スマホ会社を選ぶのではなく、ベストな格安スマホ会社の支払い方法に合わせることではないかと思います。