ソフトバンクの高額キャッシュバック情報

iPhoneXR,XSの審査裏ワザ!分割審査はこれで簡単に通過できる

iPhoneXR,XSの審査裏ワザ!分割審査はこれで簡単に通過できる

スマホの契約には必ず審査がありますが、iPhoneXRやiPhoneXSの契約時に審査に落ちてしまい契約ができない人が続出しています。

iPhoneXRやiPhoneXSは「ある理由」で他のiPhoneよりも契約審査が厳しいので、一般的にはiPhoneXRやiPhoneXSの代金を一括払いに変更するしか方法はないと言われています。

しかし100,000円以上する端末代金を一括払いで支払うのは負担も大きいですよね。

実はこの審査を「分割払いのまま」簡単に審査通過させる方法がありますので、ご紹介します。

注意

本記事でご紹介する裏技はauやドコモ、格安スマホからソフトバンクへ乗り換え(MNP)を検討している人向けになります。

ソフトバンクで機種変更する方には適応できない裏ワザになりますのでご注意ください。

1. iPhoneXRやiPhoneXSの審査内容

iPhoneXRやiPhoneXSの審査内容

契約審査と分割審査!

そもそもスマホの契約審査とは、何を審査しているのでしょう。

おさらいになりますが、スマホの審査は例外なく「契約審査」と「分割審査(割賦審査)」の2つの審査を実施しており、両方の審査に通過する必要があります。

◆スマホの審査

  • 契約審査:未払いや短期解約者でないかスマホ会社が審査する
  • 分割審査(割賦審査):分割の支払い能力があるか金融機関が審査する

今回のiPhoneXRやiPhoneXSの審査に落ちてしまうというのは分割審査(割賦審査)」に落ちてしまうことがほとんどです。

しかし分割審査(割賦審査)というのは端末代金を24回や48回の分割で支払う場合にのみ必要なので、一般的には一括払いにすると分割審査(割賦審査)自体がないので審査に通りやすくなります。

契約審査と分割審査の違い

ただiPhoneXRもiPhoneXSも端末代金が100,000円を超えるので、一括で支払うのは負担が大きいですよね。

ちなみにクレジットカードで支払う場合も、口座振替で支払う場合も同様の審査が発生します。

2. iPhoneXRやiPhoneXSの分割審査(割賦審査)に落ちてしまう理由

iPhoneXRやiPhoneXSの審査に落ちてしまう理由

10万円以上のスマホは分割審査が厳しくなる!

スマホ会社や金融機関ではスマホの分割審査の基準が公表されていませんが、税込10万円を境に審査が厳しくなります。

iPhone8(64GB)の端末代金はソフトバンクで86,400円(税込)なので10万円以下ですが、iPhoneXR(64GB)106,560円(税込)iPhoneXS(64GB)136,800円(税込)ですので10万円以上になりますよね。

iPhone8とiPhoneXRの契約審査の違い

iPhoneXRやiPhoneXSで急に審査に落ちてしまう人が急増しているというのはまさに「端末代金が10万円以上だから」というのが原因なのです。

3. iPhoneXRやiPhoneXSを分割払いのまま簡単に審査を通す裏ワザ!

iPhoneXRやiPhoneXSの契約審査を通す裏ワザ

端末代金の割引を利用する!

上述している端末代金10万円というのは、端末代金の割引込みで10万円(税込)が基準になります。

つまり、端末代金が10万円以上でも端末代金の割引を適用して10万円以下にすると、審査がゆるくなるのです。

この方法であれば端末代金を負担の大きい一括払いに変更することなく、分割払いのまま簡単に審査を通過することができるのです。

iPhoneXRの分割審査を通す裏ワザ

現在、auやドコモ、ソフトバンクの新プランには月月割などの「端末割引」が無くなっています。

そのため端末代金値割引を利用するためには、キャッシュバックを実施しているショップで契約するしかありません。

ショップの独自キャンペーンになっているキャッシュバックは、一括で現金をもらうことも可能ですが、実は端末代金の割引として利用することもできるのです。

端末代金割引を実施しているショップは非常に少ないのですが、今回は実施しているショップをご紹介します。

4. 端末代金の割引を実施しているショップは?

端末代金の割引があるショップは?

おとくケータイ.netで契約!

販売代理店が実施している「キャッシュバックキャンペーン」は現金一括でもらうことも可能ですが、端末代金の割引に充てることもできます。

例えばiPhoneXRを契約する際に「40,000円キャッシュバック!」を実施しているショップで、キャッシュバックを端末代金の割引に当てると端末代金は「106,560円 – 40,000円 = 66,560円」になります。

キャッシュバックを端末割引に充てると審査がゆるくなる

キャッシュバックを現金一括でもらうと端末代金は10万円以上なので審査が厳しくなります。

しかしキャッシュバックを端末代金の割引に充てると端末代金が10万円以下になるので、審査がゆるくなりますね。

キャッシュバックを実施しているショップは非常に少なく、auやドコモのショップではほぼ実施していません。

ただソフトバンクの正規販売代理店である「おとくケータイ.net」ではキャッシュバックを端末代金の割引に充てることが可能です。

お得ケータイと他店の違い

こういう人は絶対に検討すべき!
  • ドコモからauに乗り換え(MNP)しようとしたら審査に落ちた人
  • auからドコモに乗り換え(MNP)しようとしたら審査に落ちた人
  • ドコモやauからソフトバンクに乗り換え(MNP)しようとしたら審査に落ちた人
  • ドコモやauで機種変更しようとしたら審査に落ちた人
  • 過去スマホの審査に落ちた経験がある人

上記に当てはまる人は、おとくケータイ.netでソフトバンクに乗り換え(MNP)すると審査に通る可能性が非常に高くなります。

こちらから「希望機種」と「キャッシュバックを端末割引に充てたい」と明記して問い合わせをしてみましょう。

申し込みではなく問い合わせなので、見積もりなどを含めて色々と質問してみるといいと思います。

なお、おとくケータイ.netの紹介は下記記事で掲載していますので、ぜひご覧いただければと思います。

ソフトバンクのiPhone9:Xsの予約をすると4万円損する理由ソフトバンクのiPhoneXS/XRの予約をすると4万円損する理由

5. iPhoneXR,XSの審査に関するよくある質問

あります。

分割審査とは違い、契約者の年収は契約審査に必要で年収260万円以上だと審査に通りやすいと言われますが、ローンの有無などによっては多少前後するようです。

もし260万円以上の年収がない場合は、審査に通りにくいので家族の方と年収合算をすることになります。

年収合算は希望すれば手続きをしてくれるので申し込み時に伝えておけばOKです。

ネットで買っても、ショップで買っても審査内容は変わりません。

どちらで買っても結局はauやドコモ・ソフトバンクの審査窓口に情報がいき、そこで審査されるためです。

手続き自体も全く同じです。

契約内容によって変わってきますが、スマホの契約者が使用する場合は1契約者につき2台まで購入することができます。

そのため3台目が審査NGになっています。

1契約者につき5台まで契約可能

通常スマホの契約では1契約者につき最大で5台までとなります。

内訳としては「契約者と使用者が同じ2台」と「契約者と使用者が異なる3台」の合計5台ということになります。

これから契約するスマホではなく、今すでに契約しているスマホもカウントされますのでご注意ください。

なお6人以上の家族全員が契約する場合は契約者を2人にすることになりますね。

学生や専業主婦・収入のない人でもご家族の方と年収合算をすれば審査NGになりません。

年収合算が難しい場合は、どうやっても審査には通りません。

WEBで契約する場合もショップで契約する場合も、審査は10分程度で完了します。

ただし審査NGの場合は別途ショップ側で手続きが必要になるため、30分程度時間がかかることがあります。

また月末の申し込みが集中する時間帯も同様に携帯会社の審査が半日ほど遅れることがあります。

ありません。

ただ分割審査という点では本記事でご紹介している通り、ソフトバンクでは端末代金の割引があるため適用すればソフトバンクの契約審査が一番緩いかもしれません。

違います。

48回分割払いのほうが審査は厳しくなりますね。

長期ローンは審査が厳しいですもんね。

6. iPhoneXR,XSの審査裏ワザ!分割審査はこれで簡単に通過できるまとめ

いかがだったでしょうか。

今までは問題なく審査に通っていたのに、iPhoneXRやiPhoneXSで急に審査に通らなくなった・・・という人が多くなってきました。

ショップに言われるがまま端末代金を一括で支払って負担を大きくしてしまうのであれば、端末の割引を実施しているショップで契約をする方がいいですよね。

審査に落ちてしまった・・・とか審査に落ちた経験がある・・・という人はぜひおとくケータイ.netでの契約を検討してみてはいかがでしょうか。

【おとくケータイ.net】はこちら