ソフトバンクの高額キャッシュバック情報

結局いくらなの?iPhoneを格安スマホとして使う場合の月額料金を紹介

iPhoneっていくら?

格安スマホのほうが安いから乗り換えたいけどiPhoneが使えるかどうかわからない。

というような声をよく聞くようになりました。

iPhoneの利用者比率は全体の48.2%とおよそ2人に1人はiPhoneを利用しているということもありiPhoneを格安スマホとして使いたいという人も多いのではないでしょうか?

※MMD研究所2017年12月調査結果

結論から言ってしまえば格安スマホとしてiPhoneを利用することはできますのでご安心ください。

しかしiPhoneはどこで購入するかによって月額料金は変わってきます。

そのため本記事ではiPhoneを格安スマホとして利用する場合の月額料金がいくらになるかについて解説をしていこうと思います。

1. iPhoneを販売している格安スマホ会社は?

iPhoneが売ってる格安スマホ会社は?

現在は『UQモバイル』『ワイモバイル』『楽天モバイル』の3社がiPhoneを販売している格安スマホ会社になります。

一時期は『mineo(マイネオ)』もiPhoneを販売していましたが、現在は受付を停止していますので購入することはできません。

また格安スマホ会社で販売しているiPhoneは「iPhoneSE」と「iPhone6s」「iPhone6sPLUS」の3機種となっており「iPhone8」や「iPhoneX」といった最新機種の販売はありません。

なぜなら格安スマホの端末は最新機種ではなく「ちょっと古い端末にすることにより月額料金を下げることができるというのも格安スマホの値段が安い理由になっているからです。

そのため端末代金の高い「iPhone8」や「iPhoneX」を格安スマホで使うのであれば、元々端末代金が高いので月額料金を大きく下げることはできません。

とはいえ、最新のiPhoneであるiPhone8やiPhoneXも条件さえクリアできれば格安スマホとして使用することも可能ですので、そちらの月額料金は後述していこうと思います。

まずは『UQモバイル』『ワイモバイル』『楽天モバイル』でiPhoneを購入した場合の月額料金を解説していきます。

2. UQモバイルのiPhoneって月額料金はいくら?

UQモバイルiPhoneシリーズ

UQモバイルでは『iPhoneSE』と『iPhone6s』が販売されています。

UQモバイルの特徴はau回線を利用し、ネットやアプリも安定して使えるという点です。

格安スマホには「ネットやアプリにつながりにくい時間帯がある」というデメリットがありますが、UQモバイルにはそのデメリットはほぼありません。

またUQモバイルは格安スマホの2017年度総合満足度No,1を獲得している会社ですのでネットやアプリをよく利用する人はUQモバイルを検討してみるといいかもしれませんね。

さて、月額料金ですがUQモバイルでiPhoneSEやiPhone6sを使った場合の月額料金をまとめました。

2-1. UQモバイルのiPhoneSEの料金

◆プランの詳細

格安スマホ会社:UQモバイル

通信回線:au回線

端末:iPhoneSE(端末容量32GB)

データプラン:2GBプラン

通話プラン:月間60分まで通話し放題

その他特記事項:なし

プラン名 月額料金(税込)
端末代金 1,836円
ぴったりプランS 2,138円
マンスリー割 -1,404円
月額料金 2,570円

◆プランのメリット

・格安スマホ会社で購入できるiPhoneの月額料金では最安値の機種・プラン

・一番ベーシックなプランになっているので格安スマホ初心者にはオススメ

・試しに使ってみようという方にもいいと思います

 

◆プランのデメリット

・画面が小さいので今iPhone6やiPhone6sなどを使っている人には使いにくい

・データが2GBなのでyoutubeなどの動画をみる人には向かない

・契約後、13ヶ月目から月額料金が3,218円になる

ぴったりプランSはデータ通信2GBのプランになります。

また『データ通信6GBのぴったりプランM』『データ通信14GBのぴったりプランL』もありますのでネットをどれくらい使うかによって選ぶといいと思います。

ちなみにぴったりプランMが月額3,650円(税込)ぴったりプランLが月額5,810円(税込)になります。

2-2. UQモバイルのiPhone6sの料金

◆プランの詳細

格安スマホ会社:UQモバイル

通信回線:au回線

端末:iPhone6s(端末容量32GB)

データプラン:2GBプラン

通話プラン:月間60分まで通話し放題

その他特記事項:なし

プラン名 月額料金(税込)
端末代金 2,484円
ぴったりプランS 2,138円
マンスリー割 -864円
月額料金 3,758円

◆プランのメリット

・iPhoneSEよりも端末スペックは高い

・最新のiPhone8にも見劣りしない端末性能で、月額料金がauの半分以下

・ネットやアプリなどを使いたい人は画面の見やすいこちらがオススメ

 

◆プランのデメリット

・FaceIDやapple payなど最新のiPhoneに搭載された機能は使えない

・データが2GBなので動画をみたい場合はWifiが必須になる

・契約後、13ヶ月目から月額料金が4,838円になる

通話プランは月間累計60分までなら通話し放題というプランになりますが、1日に何回も通話をする人であれば『おしゃべりプラン』というものもあります。

これは1回5分以内の通話であれば何回でも通話料無料というプランになります。

どちらを選んでも月額料金自体は変わらないので通話頻度をみてどちらか選ぶといいと思います。

 3. ワイモバイルのiPhoneって月額料金はいくら?

ワイモバイルiPhoneシリーズ

ワイモバイルも『iPhoneSE』と『iPhone6s』を販売しています。

ワイモバイルはソフトバンクのグループ企業のため回線はソフトバンク回線を利用しています。

正確にはソフトバンクの基地局に独自のワイモバイル基地局を増設しているので立ち位置的にはMVNOというよりもMNOに近いと思います。

そのためUQモバイル同様にソフトバンクのサブブランドとなっておりますので回線も安定し「つながりにくさ」のデメリットを解消している格安スマホ会社です。

UQモバイルと違うのはワイモバイルはソフトバンクユーザーがワイモバイルに乗り換えた場合、auやドコモから乗り換えるよりも月額料金が高くなってしまいます。

現在ソフトバンクを利用している人はUQモバイルに乗り換えた方が月額料金は安くなります。

3-1. ワイモバイルのiPhoneSEの料金

◆プランの詳細

格安スマホ会社:ワイモバイル

通信回線:ソフトバンク回線(ワイモバイル回線)

端末:iPhoneSE(端末容量32GB)

データプラン:2GBプラン

通話プラン:10分以内の通話は何度でも無料

その他特記事項:au、ドコモから乗り換えた場合で月額料金を試算

プラン名 月額料金(税込)
端末代金 1,836円
スマホプランS 3,218円
月額割引 -1,836円
ワンキュッパ割 -1,080円
月額料金 2,138円

◆プランのメリット

iPhoneの最安値プランで、UQモバイルと同じ通信環境が実現できる

・ソフトバンク回線なのでソフトバンク回線がいい人にはオススメ

10分以内の通話が無料なので長電話しない限りは通話料無料

 

◆プランのデメリット

端末の頭金として初回に10,584円かかります。

ワンキュッパ割は12ヶ月で終了。13ヶ月目からは適応されません。

・ソフトバンクからの乗り換えの場合は月額料金が3,218円になります。

UQモバイルと比較するとプラン自体はほぼ同じですがUQモバイルは5分以内の通話が無料に対してワイモバイルは10分以内の通話が無料になります。

通話をたくさんしたい人はワイモバイルを検討するのもいいかと思います。

3-2. ワイモバイルのiPhone6sの料金

◆プランの詳細

格安スマホ会社:ワイモバイル

通信回線:ソフトバンク回線(ワイモバイル回線)

端末:iPhone6s(端末容量32GB)

データプラン:2GBプラン

通話プラン:10分以内の通話は何度でも無料

その他特記事項:au、ドコモから乗り換えた場合で月額料金を試算

プラン名 月額料金(税込)
端末代金 2,916円
スマホプランS 3,218円
月額割引 -1,296円
ワンキュッパ割 -1,080円
月額料金 3,758円

◆プランのメリット

・iPhoneSEと比較すると端末スペックも高くネットやアプリを利用する人にオススメ

・ソフトバンク回線なのでソフトバンク回線がいい人にはオススメ

・10分以内の通話が無料なのでほとんどの場合通話料はタダになるはず

 

◆プランのデメリット

・端末の頭金として初回請求時に540円月額料金に加算されます。

・ワンキュッパ割は12ヶ月で終了してしまうので13ヶ月目からは4,838円になります。

・ソフトバンクからの乗り換えの場合は月額料金が1ヶ月目から4,838円になります。

データプランは2GBの場合『スマホプランS』ですが、「データプラン6GBのスマホプランM」と「データプラン14GBのスマホプランL」もありますのでお好みで変えても見てもいいと思います。

4. 楽天モバイルのiPhoneって月額料金はいくら?

楽天モバイルiPhoneシリーズ

楽天モバイルでは格安スマホで唯一『iPhone6sPLUS』を販売しています。

楽天モバイルはドコモ回線を利用した格安スマホ会社でUQモバイルやワイモバイルと違い大手3キャリア(au,docomo,softbank)のサブブランドではないため「ネットやアプリにつながりにくい時間帯」は存在します

しかしつながりにくい時間帯にWifiに接続して利用したり、そもそもネットをしないなど対策が取れる人でかつ、楽天会員であれば月額料金もかなり安く利用できますのでオススメです。

また楽天会員だと楽天ポイントを月額料金の支払いに当てることが可能になり、さらに月額料金の支払いに対して楽天ポイントが付与されるので楽天会員の人には便利だと思います。

4-1. 楽天モバイルのiPhoneSE、iPhone6sの料金

楽天モバイルのiPhoneSEやiPhone6sは以前は販売していましたが現在は販売が停止しています。

販売自体をやめたわけではなく、申し込み多数のため受付停止ということですので在庫が切れているのかもしれませんね。

現時点でのiPhoneSEやiPhone6sの月額料金は確認できないため記載はしていませんが販売再開した場合はこちらに月額料金の表記を追加していく予定です。

iPhoneSEやiPhone6sを検討したい人はUQモバイルかワイモバイルで購入することをオススメします。

4-2. 楽天モバイルのiPhone6sPLUSの料金

楽天モバイルで現在販売している機種はiPhone6sPLUS(128GB)のみです。

かなり人気なようで申し込み受付停止中の端末が多くありますので、気になる方はお早めに申し込みをした方がいいと思います。

◆プランの詳細

格安スマホ会社:楽天モバイル

通信回線:ドコモ回線

端末:iPhone6sPLUS(端末容量128GB)

データプラン:2GBプラン

通話プラン:楽天でんわアプリからの通話は5分以内何度でも無料

その他特記事項:au、ドコモから乗り換えた場合で月額料金を試算

プラン名 月額料金(税込)
端末代金 3,591円
スーパーホーダイS 2,138円
月額料金 5,729円

◆プランのメリット

・iPhone6sPLUSは楽天モバイルだけ!

・契約期間を2年に設定すれば10,000円のキャッシュバックがつく!

・楽天のダイヤモンド会員であればさらに月額500円割引

 

◆プランのデメリット

・端末在庫が非常に不安定なので欲しいときに在庫がないこともありそうです。

・端末容量128GBなので月額料金だけで見ると少し割高感があります。

・契約後13ヶ月目から月額料金は+1,080円加算されます。

・メーカー認定整備済み商品なので抵抗のある人がいるかもしれません。

楽天モバイルのiPhoneシリーズはUQモバイルやワイモバイルと違いメーカー認定整備済み商品になります。

これは海外で販売されていたiPhoneを安く仕入れ、日本向けにapple認定の再整備を実施した端末のことを指します。

そのため新品ではありますが法律上新品と表示できないのでメーカー認定整備済み商品と記載しているのです。

再整備の際に外箱の薄い透明の袋を外してしまうためそこだけが新品と違いますが基本的にappleの認定の元整備をしているので全く問題はありません。

5. 格安スマホで最新のiPhoneは使えないの?

iPhoneXを格安スマホで使う

格安スマホ会社が販売しているiPhoneSEやiPhone6s、iPhone6sPLUSではなく最新のiPhone8、iPhoneXを使いたいという人もいるのではないでしょうか。

結論から言えば、iPhone8やiPhoneXを格安スマホとして利用したい場合は少し上級者向けですがSIMフリー端末やSIMロック解除を行えば利用することは可能です。

しかしSIMフリー端末やSIMロック解除は「格安スマホ会社で端末を買わずに、別途自分で端末を用意する」ことになります。

用意する方法としてSIMフリー端末は「最新のiPhoneを購入する」SIMロック解除は「今使っている最新のiPhoneを格安スマホで使う」という用意の方法になります。

そのため格安スマホへの申し込みに加えて別の手続きなども行う必要がありますのでご注意ください。

またSIMフリー端末の購入やSIMロック解除によって最新のiPhoneが使えるというメリットがありますが当然デメリットもありますので事前に確認をしておきましょう!

◆SIMフリー端末のデメリット

・端末代金に端末代の割引が適応されないので月額料金は割高になります。

・端末の保証はapple careのみで故障した場合はアップルストアに行く必要があります。

・格安スマホとして利用する場合はAPN設定(ネットワーク設定)が必要になります

・SIMフリー端末の購入はアップルストアでのみ可能です。

 

◆SIMロック解除のデメリット

・SIMロック解除料として3,000円かかります。

・購入から101日以上経過している端末でないとSIMロック解除はできない

・一度SIMロック解除をしてしまうとSIMロック状態には戻せない

・端末寿命は3年から4年なので故障しやすい

・SIMロック解除後の端末についての動作保証やサービス保証はない

デメリットはいくつかありますが、このデメリットが問題ないようであれば最新のiPhone8やiPhoneXを使うことが可能です。

しかし端末だけ持っていても格安スマホとしては利用できません。

端末の用意をしたら通話プランやデータプランなどを格安スマホ会社で契約をする必要があります。

実際にいくらになるのか見ていきましょう!

6. SIMフリー端末のiPhoneの値段は?

simフリーiPhone

SIMフリー端末はアップルストアでのみ販売をしていますので購入する際は最寄りのアップルストアかアップルのサイトから購入をします。

SIMフリー端末の値段はiPhone8が税込84,240円で24回払いの場合は月額3,510円になります。

またiPhoneXは税込121,824円で24回払いの場合は月額5,076円になります。

auやドコモ、ソフトバンクの場合ここに端末割引が入りますがSIMフリー端末の場合は端末割引が入りませんのでかなり高額になります。

またSIMフリーの端末を購入するだけでなく、ここに格安スマホ会社の通話やデータプランを契約しないと利用できませんので今回紹介したUQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイルのプランを組み合わせて見ました。

6-1. SIMフリーのiPhone8の料金

◆プランの詳細

格安スマホ会社:各格安スマホ会社による

通信回線:各格安スマホ会社による

端末:iPhone8(端末容量64GB)SIMフリー端末

データプラン:2GBプラン

通話プラン:5分以内の通話は無料(UQモバイルは月60分)

その他特記事項:各料金は13ヶ月目以降は+1,080円加算されます。

UQモバイル ワイモバイル 楽天モバイル
SIMフリーiPhone8 3,510円 3,510円 3,510円
通話+データプラン 2,138円 3,218円 2,138円
割引 0円 -1,512円 0円
月額料金 5,648円 5,216円 5,648円

格安スマホ会社で通話プランとデータプランだけを契約する場合、ワイモバイルはSIM単体契約特別割引という割引が発生するため月額料金は安くなります。

ただやはり割引がないので月額料金はau、ドコモ、ソフトバンクの月額料金より少し安い程度で場合によってはSIMフリーの方が高くつくこともあります。

6-2. SIMフリーのiPhoneXの料金

◆プランの詳細

格安スマホ会社:各格安スマホ会社による

通信回線:各格安スマホ会社による

端末:iPhoneX(端末容量64GB)SIMフリー端末

データプラン:2GBプラン

通話プラン:5分以内の通話は無料(UQモバイルは月60分)

その他特記事項:各料金は13ヶ月目以降は+1,080円加算されます。

UQモバイル ワイモバイル 楽天モバイル
SIMフリーiPhone8 5,076円 5,076円 5,076円
通話+データプラン 2,138円 3,218円 2,138円
割引 0円 -1,512円 0円
月額料金 7,214円 6,782円 7,214円

契約月から12ヶ月目までは7,000円程度となり、13ヶ月目からは8,000円まで月額料金は上がってしまいます。

iPhoneXであればau、docomo、softbankでキャンペーンを適応すればもっと月額料金は安くなりますのでSIMフリー端末によほどこだわりがない限りはオススメはできないかなと思います。

7. SIMロック解除をするとiPhoneっていくら?

SIMロック解除をした場合はお使いの最新iPhoneをそのまま利用することになりますので端末代金は0円になります。

ただしプランがau、ドコモ、ソフトバンクのプランから格安スマホのプランに変わるため乗り換え(MNP)契約が必要になります。

そのため24ヶ月以内の解約の場合は端末残債は継続して請求され、更新付きでない場合は解約金が発生しますのでご注意ください。

端末残債や解約金についてはこちらに詳細をまとめていますのでご確認いただければと思います。

解約金がかからないタイミング解約金を完全回避!格安スマホに乗り換えるベストなタイミングとは

SIMロック解除したiPhoneと格安スマホの通話・データプランを組み合わせて利用することになりますが月額料金は一体いくらになるのでしょうか。

SIMロック解除したiPhoneにUQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイルのプランを組み合わせてシミュレーションしました。

◆プランの詳細

格安スマホ会社:各格安スマホ会社による

通信回線:各格安スマホ会社による

端末:SIMロック解除した全てのiPhone

データプラン:2GBプラン

通話プラン:5分以内の通話は無料(UQモバイルは月60分)

その他特記事項:各料金は13ヶ月目以降は+1,080円加算されます。

UQモバイル ワイモバイル 楽天モバイル
SIMロック解除したiPhone 0円 0円 0円
通話+データプラン 2,138円 3,218円 2,138円
割引 0円 -1,512円 0円
月額料金 2,138円 1,706円 2,138円

SIMロック解除をした場合はどのiPhoneを使っても端末代金は0円なので月額料金は変わりません。

端末代金がかからないので料金は大幅に安くなるように見えますがここに落とし穴があります。

例えばソフトバンクでiPhoneXを購入して101日経過したのでSIMロック解除して格安スマホにすると、ソフトバンクに支払うはずの端末代金の残債は24ヶ月支払い終わるまで毎月請求されます。

しかもソフトバンクの端末割引は乗り換えた時点で適応されなくなります。

ということは101日経過して解約をしているので残り21ヶ月分の端末残債は端末割引なしで毎月請求されます。

この金額はSIMフリーのiPhoneXとほとんど変わらず(5,076円×21ヶ月)請求されるので月額料金は7,000円程度まで上がってしまいます。

さらに解約金で10,000円かかりますのでSIMロック解除は上級者がやるべきかなと思います。

デメリットやリスクなどSIMロック解除にはありますので注意しましょう!

8. 格安スマホでiPhone使うならどれがいい?

いかがだったでしょうか?

たくさんありすぎてよくわからない!なんて方もいらっしゃるような気がしますので月額料金のおさらいをしましょう!

  UQモバイル ワイモバイル 楽天モバイル SIMフリー SIMロック
iPhoneSE 2,138円 2,138円
iPhone6s 3,758円 3,758円
iPhone6sPLUS 5,729円
iPhone8 5,216円 1,706円
iPhoneX 6,782円 1,706円

当サイトの見解としては格安スマホ初心者であれば、格安スマホ会社で販売しているiPhoneを購入するのがベストだと思います。

SIMフリー端末の購入やSIMロック解除も可能ですがリスクやデメリットもあるので結果としてau、ドコモ、ソフトバンクとあまり月額料金が変わらなかったというケースが多くなるのではと思います。

それであれば最初は格安スマホ会社で販売をしている端末を購入して、慣れてきたらSIMフリーやSIMロック解除など検討する方が良いのではないでしょうか。

ただ重要なのは今回ご紹介した月額料金のどこか安くどこが高いではなくどのプランがご自身の使い方に合っているかを基準にプランや機種など検討することが失敗しない格安スマホの選び方なのだと思います。