ソフトバンクの高額キャッシュバック情報

ドコモからソフトバンクに乗り換える方法まとめ!費用や手順・書類など徹底解説

ドコモからソフトバンクに乗り換える方法まとめ!費用や手順・書類など徹底解説

ソフトバンクに乗り換えるとMNP限定のキャンペーンなどが適用できるので、ドコモからソフトバンクに乗り換えたい!と考えている人も多いかもしれません。

本記事ではドコモからソフトバンクに乗り換えるための手続き手順や費用、本人確認書類などの必要物に関してわかりやすく解説していきます。

auからソフトバンクに乗り換えたい人はこちら

1. ドコモからソフトバンクにMNPして乗り換える手順

ドコモからソフトバンクに乗り換える手順

ドコモからソフトバンクに乗り換える場合は、機種変更と違う点があります。

具体的な手順は後述しますが、簡単にまとめると下記の流れで乗り換え(MNP)をします。

◆乗り換え(MNP)の流れ

  1. ドコモでMNP予約番号を取得する
  2. ソフトバンクで乗り換え(MNP)契約する
  3. ドコモからソフトバンクに切り替える

機種変更の場合はソフトバンクで契約するだけで済みますが、乗り換えの場合はMNP予約番号の取得と切り替え作業が必要です。

少し難しいように感じますが電話1本、5分程度でできる簡単な作業になっています。

機種変更よりも乗り換え(MNP)のほうがキャンペーンも手厚くなっているので、多少手間でも乗り換え(MNP)をしている人が多いというわけですね。

ドコモの解約手続きは不要

ソフトバンクに乗り換え(MNP)する場合は、ドコモの解約手続きは必要ありません。

ドコモからソフトバンクに切り替える作業が完了すると、自動的にドコモは解約になります。

2. ドコモからソフトバンクに乗り換える前に確認すべきこと

ドコモからソフトバンクに乗り換える前に確認しておきたいこと

ドコモのサービスを利用している人は注意!

乗り換え(MNP)はドコモで利用していた電話番号をそのままソフトバンクで利用する手続きです。

当然ドコモで利用していたサービスをソフトバンクで引き継ぐことはできないので下記の点を確認しておきましょう。

◆乗り換え前に確認すること

  • ドコモの契約期間を確認する
  • dポイントのアカウント状況を確認する

場合によっては解約金が発生したりdポイント消失などになってしまうことがあります。

2-1. ソフトバンクに乗り換える前にドコモの契約期間を確認する

ドコモの契約はほとんどの人が2年契約になっています。

契約期間中に解約や他社へ乗り換え(MNP)してしまうと解約金がかかることもあるので、ご自身のドコモの契約がいつまでなのかを確認しておきましょう。

ソフトバンクに乗り換える前に契約期間を確認しよう

ドコモでは2年間の契約が終わると3か月間の更新月を挟んで再度2年間の契約更新が自動的に行われます。

更新月であれば解約金はかかりませんので、確認してみましょう。

※2019年3月が契約満了月の方から順次更新月が3か月に延長になっています。

契約期間の調べ方

下記の方法でドコモの契約期間満了月を調べることができます。

(1)「my docomo」にログイン

(2)「ご契約内容の確認・変更」を選択

(3)「ご契約プラン」の項目に契約満了月が記載されています。

契約満了月が2019年3月以降の場合は「満了月含めた3か月間が更新月」になります。

また契約満了月が2019年3月以前の場合は「満了月の翌月から2か月間が更新月」になります。

2-2. ソフトバンクに乗り換える前にdアカウントを確認

dアカウントはソフトバンクに乗り換えても引き継いで利用することができます。

もちろんdポイントも引き継ぐことができます。

ただしdアカウントのIDがドコモのメールアドレス(@docomo)の人は継続利用の手続きが必要になりますので注意しましょう。

※継続利用の手続き自体はソフトバンクに乗り換えが完了した後に行います。

2-2-1. dアカウントの継続利用手続き方法:SNSで申請

dアカウントのIDをtwitterやFacebookなどのSNSアカウントと連動して利用継続する方法です。

◆SNSで申請する方法

  1. dアカウントのログイン画面からIDとパスワードを入力
  2. ログインできません画面が表示されるので「各社SNSから手続きする」を選択
  3. twitter、Facebookなど連動させたいSNSサービスを選択
  4. プロフィール情報の許諾「OK」を選択
  5. ドコモからSNSに登録しているメールアドレス宛てにメールが届きます

2-2-2. dアカウントの継続利用手続き方法:別のメールアドレスで申請

dアカウントのIDを別のメールアドレスに変更して利用継続する方法です。

SNSと連動させるよりも、こちらのほうが簡単です。

◆別のメールアドレスで申請する方法

  1. dアカウントのログイン画面からIDとパスワードを入力
  2. ログインできません画面が表示されるので「空メールを送信して手続きする」を選択
  3. 送信したいメールアドレスを入力し「次へ進む」を選択
  4. ドコモから入力したメールアドレス宛てにメールが届きます

3. ドコモからソフトバンクに乗り換えるタイミングは?

ドコモからソフトバンクに乗り換えるベストなタイミングは?

更新月の月末がベスト!

ドコモからソフトバンクに乗り換えるベストタイミングは「更新月の月末」になります。

理由はドコモは解約した月の月額料金が日割りではなく、1か月分の料金が請求されるからです。

例えば2月1日にソフトバンクに乗り換えをしても、2月28日に乗り換えをしても、ドコモの2月の月額料金は1か月分支払うことになります。

無駄な料金を支払わないためにも、余裕をもって毎月20日~25日ごろには申し込みをしておくと月末ちょうどにソフトバンクへの乗り換えが完了することになります。

更新月内に乗り換え完了させる

ソフトバンクに乗り換えをする際は更新月内に全ての手続きを完了させる必要があります。

ソフトバンクへの申し込みは更新月内でも、ドコモからソフトバンクに切り替えたのが更新月を超えてしまった場合は解約金が発生します。

ぎりぎりに申し込むのではなく、ある程度余裕をもって申し込みや手続きを進めましょう。

4. ソフトバンクへの乗り換え(MNP)にかかる費用

ドコモからソフトバンクへの乗り換えにかかる費用

手数料で5,000円程度!

ドコモからソフトバンクに乗り換え(MNP)する場合は下記の初期費用がかかります。

支払い先 費用
MNP転出手数料
※必須
ドコモ 2,000円
事務手数料
※必須
ソフトバンク 3,000円
解約金
※更新月以外の場合
ドコモ 9,500円

更新月以外で乗り換えた場合は解約金がかかるので、初期費用が14,500円になってしまいます。

ただこの初期費用は契約するショップによってはキャッシュバックキャンペーンで相殺できることもあります。

※キャンペーンで相殺する方法は後述します。

5. ドコモからソフトバンクに乗り換えする手続き方法(やり方)

ドコモからソフトバンクに乗り換える方法(やり方)

ショップとWEBで違う!

ドコモからソフトバンクに乗り換え(MNP)をする場合は、ソフトバンクショップで手続きする方法WEBで手続きする方法の2つあります。

◆ショップで乗り換えする

  • メリット:店員さんと相談しながら手続きできる
  • デメリット:キャンペーンがない。待ち時間が長い

◆WEBで乗り換えする

  • メリット:キャンペーンが手厚い
  • デメリット:契約完了まで多少時間がかかる

どちらで手続きをしても同じですが、ショップで手続きをするよりもWEBで手続きをしたほうがキャンペーンが手厚いのでお得に契約することができます。

また最近ではWEBで手続きしても、電話やメールで店員さんと話しながら契約することができるので、そういう意味でもWEBで契約するのがおすすめです。

5-1. ドコモからソフトバンクにショップで乗り換え(MNP)する方法

ソフトバンクショップや大型家電量販店など最寄りのショップで契約する場合は下記の手順で乗り換え(MNP)の手続きを進めていきます。

◆下記の手続きができるショップ

  • ソフトバンクショップ
  • 大型家電量販店
  • 街中の携帯ショップ
  • STEP.1
    まずは事前準備

    まずは乗り換え前に契約に必要なものを揃えておきましょう。

    ◆契約に必要なもの

    1. MNP予約番号(ドコモで取得)
    2. 本人確認書類(免許証やパスポートなど)
    3. クレジットカードか銀行口座

    本人確認書類は免許証が一番簡単ですが、パスポートや健康保険証でもOKです。

    MNP予約番号はドコモショップ・WEB・電話のいずれかで取得することになりますが、取得方法は下記記事をご覧いただければと思います。

    ドコモからMNP予約番号を取得する方法

    電話であれば5分程度で取得することが可能です。

  • STEP.2
    ショップに来店

    事前に準備したものをもってショップに来店しましょう。

    注意したいのは、本人確認書類は必ず原本を持参するという点です。

  • STEP.3
    乗り換え(MNP)の手続き

    店員さんにドコモから乗り換えたいと伝えれば、手続きを進めてくれます。

    この際にMNP予約番号や本人確認書類、クレカ番号や口座番号などを申込書に記入することになります。

  • STEP.4
    切り替え作業

    ショップに端末の在庫があればその場で受け取れます。

    また切り替え作業もショップの店員さんが専用窓口の電話番号を教えてくれるので、その場でドコモのスマホから電話をかければOKです。

    写真や音楽のデータバックアップがまだの人は自宅で電話をしても問題ありません。

  • STEP.5
    完了

    ソフトバンクショップで契約する場合は、待ち時間が長いので3時間程度かかることもあります。

常に店員さんと一緒に契約手続きを進めていくので、その場ですぐに質問することができるという点はメリットですね。

5-2. ドコモからソフトバンクにWEBで乗り換え(MNP)する方法

初期費用や月額料金を安く抑えたいという人はWEBで手続きするのがおすすめです。

WEBであればキャッシュバックキャンペーンをショップによっては実施しているので、ショップで手続きするよりも場合によっては5万円以上お得に契約することができます。

◆下記の手続きができるショップ

  • ソフトバンク公式オンラインショップ
  • WEBの販売代理店
  • STEP.1
    まずは事前準備

    ショップで契約する時と同様に事前準備をしておきましょう。

    ◆準備するもの

    1. MNP予約番号
    2. 本人確認書類
    3. クレカ or 銀行口座

    本人確認書類はスマホのカメラで撮影した写真を申し込み時にアップロードすることになりますので、原本を撮影しておきましょう。

    なおMNP予約番号とクレカや銀行口座番号は申し込みフォームで入力していくことになります。

    ドコモでMNP予約番号を取得する方法はこちら

  • STEP.2
    申し込み

    購入したいサイトで申し込みをします。

    どこのサイトで申し込みをしても同じ商品・同じプランで契約することができます。

    初めて契約するという人は大手のサイトで申し込みするのが安心だと思います。

    下記がWEBで手続きができるサイトでは最大手のサイトになるので、ぜひ参考にしてみてください。

    おとくケータイ.netとは?キャッシュバックだけじゃない人気の秘密を解説おとくケータイ.netとは?キャッシュバックだけじゃない人気の秘密を解説
  • STEP.3
    端末受け取り

    申し込みをしてから2,3日で新しい端末が自宅に届きます。

  • STEP.4
    切り替え作業

    端末に同封されている開通手順書を見ながら、記載された電話番号にドコモのスマホから電話をかければ切り替え完了です。

    なお、切り替えまでの間にドコモのスマホが使えなくなることはありません。

  • STEP.5
    完了

    ショップと違いWEBで手続きを進めていくので申し込みから完了まで最短4日~5日程度かかります。

最近では自力で申し込みをするのではなく、電話やメールなどで担当者と話をしながら申し込みフォームに入力・アップロードできるようになっているので、難しそうに見えて実は非常に簡単です。

乗り換え(MNP)には何かと費用がかかることもあるので、少しでも安く乗り換え(MNP)ができるといいと思います。

6. ソフトバンクに乗り換えるならキャッシュバックをもらうべき

ドコモからソフトバンクに乗り換えるならキャッシュバックをもらうべき

ショップ選びが超重要!

ソフトバンクで実施しているキャッシュバックキャンペーンはショップ独自のキャンペーンなので実施しているショップと実施していないショップがあります。

初期費用を相殺したり、月額料金を安く抑えたいというのであれば、キャッシュバックを実施しているショップで契約をしましょう。

ただ最近では総務省の方針もあり、キャッシュバックを実施しているショップが少なくなってきています。

WEBで契約ができるショップがまだキャッシュバックを盛んに実施していますので、下記記事を参考にしていただければと思います。

ソフトバンクのキャッシュバック!今実施中のショップで条件や金額を比較してみたソフトバンクのキャッシュバック!今実施中のショップで条件や金額を比較してみた

7. ドコモからソフトバンクに乗り換える方法まとめ

ドコモからソフトバンクに乗り換えるにはショップで乗り換える方法とWEBで乗り換える方法があります。

ショップのメリットは店員さんと話しながら手続きを進めていける点ですね。

ただキャッシュバックキャンペーンなどがない分、少しでも初期費用や月額料金を抑えたいのであればWEBで手続きをするほうがおすすめです。

最近ではメールや電話で質問しながらWEBで手続きすることもできるのでぜひ検討してみてください。