ソフトバンクの高額キャッシュバック情報

スマホをいつから子供に持たせるべき?周りはどう考えているか検証

中学生?高校生?みんなは子供にスマホをいつから持たせているか検証

そろそろ子供にスマホを持たせるべきなのかどうか迷っている人には、周りはいつからスマホを持たせてるのか?という情報は気になりますよね。

今回は客観的なデータに基づいてみんなは子供にスマホをいつから持たせているのかまとめました。

UQモバイルのファミゼロ学割を適用しよう!
  1. お子様の月額基本料金が3か月間無料!
  2. 家族もUQモバイルなら同様に3か月間無料!
  3. 次の機種変更までデータ容量が無料で2倍!
  4. 学割適用で月額料金が最安値でなんと1,296円!

詳細は下記記事をご覧ください

UQモバイルの2018年新学割!ファミゼロ学割とは?UQモバイルのファミゼロ学割!2019年新学割の詳細完全ガイド!

1. 中学生・高校生のスマホ所持率

中高生のスマホの所持率

中学1年生で7割が購入してる!

まずは中学1年生と高校1年生のスマホの所持率を見てみてみましょう。

今回ご紹介しているデータはMMD研究所の2015年〜2018年の調査データを基にしています。

中高生のスマホの所持率

中学1年生でスマホの所持率(利用率)はすでに71.7%高校1年生94.4%となっています。

1クラス20名だとすると14人以上がスマホを持っているということになりますので、中学1年生の時点でほとんどの人がスマホを所持しているということになりますね。

スマホを持たせる理由

中学1年生でもスマホの所持率(利用率)が高くなっている理由は、やはり部活動や塾で帰りが遅くなるからスマホを連絡用に持たせたいという人が多いですね。

また他の子供もスマホを持ち始めるので、みんな持っているから・・・という理由で持たせる人も多いようです。

最近ではSNSや有害サイトなどで中高生が事件に巻き込まれてしまうことも増えていますので、なるべく使用する機会が増える前の中学生のタイミングでスマホも使い方を教えるべきではないかと思います。

2. 中学生・高校生のAndroid・iPhoneの割合

中高生のAndroid・iPhone比率

中学生はAndroid、高校生はiPhone

中学生や高校生はどんなスマホを利用しているのかをまとめてみました。

中高生のiPhone:Android割合

中学1年生ではAndroid端末を利用している人が61.6%と多く、高校1年生になるとiPhoneを利用している人が逆転し62.4%になります。

これは中学1年生の時点では値段重視で、「使えればいい」という視点で子供にスマホを持たせる人が多いためです。

auやドコモ・ソフトバンクではAndroid端末の方がiPhoneよりも月額料金が安いですからね。

ただ高校生ともなると子供のこだわりも強くなってくるので、AndroidよりもiPhoneを利用する人が増えてくるようになります。

3. 中学生・高校生が契約している料金プラン

中高生の契約プラン

1GB〜3GBの小容量プランが最多

中学生や高校生がどのような料金プランを契約することが多いのかまとめました。

中高生が契約する料金プラン

中学生や高校生が契約する料金プランは1GB〜3GBの小容量プランが多いです。

小容量プランであれば、ゲームやSNS・動画のやりすぎなど使いすぎ防止にもなりますよね。

子供自身が意識してスマホを使いすぎないようにするのが一番いいのですが、現実的にそれは難しいと思います。

それであれば小容量プランで強制的にゲームや動画・SNSなど「スマホの使いすぎ」を防止するのがいいかもしれません。

小容量の方が安いですしね。

4. 子供にスマホを持たせる時に気をつけること

子供にスマホを持たせる時に気をつけること

機能制限やセキュリティ対策をしっかりと!

スマホは連絡用に使用するのであれば安心ではありますが、下記のデータをみるとわかるように親は誰しもが心配に思っている人が多いようです。

スマホ利用で心配している親

近年ではSNSでのトラブルや事件に巻き込まれたりなど、スマホ関連の若者の事件は増える一方です。

親としてはそういった事件や事故に巻き込まれないように対策を立てるべきだと思いますが、周りの大人たちはどういった対策を立てているのでしょうか。

スマホのトラブルを回避するために実施したいこと

子供がスマホを使用する上で事件や事故、トラブルに巻き込まれないようにするためには、そもそものスマホの機能制限やセキュリティ対策が重要だと思います。

スマホ会社によってはこういったセキュリティや機能制限などがオプションなどでも加入できない会社もあるので、子供にスマホを購入するのであれば機能制限やセキュリティなどが万全なスマホ会社を選ぶべきだと思います。

5. 子供にも安心のスマホを選ぶポイントまとめ

子供のスマホを選ぶポイント

小容量プランなら格安スマホが安い!

子供にスマホを安全に利用させる上でチェックしておきたいポイントをまとめました。

◆子供に安心のスマホ選びのポイント

  • 小容量プランでとにかく安いスマホ
  • 機能制限やセキュリティ対策がオプションとしてある
  • auやドコモ・ソフトバンクではなく格安スマホを選ぶ
  • iPhoneにした方が高校生になってから買い替えなくて済む

上記のポイントをベースにスマホ選びをするといいと思います。

今回ご紹介したデータだと中学1年生から3年間Androidを利用してiPhoneに買い替える人が多いのですが、それだと解約費用がかかってしまいます。

それであれば最初からiPhoneを購入しておけば高校生まで利用できるので安上がりで子供の要望にも答えることができます。

5-1. 小容量プランでとにかく安いスマホ

中学生や高校生で月額1万円近くするスマホを購入する必要はありませんね。

スマホの使い方を教えるという観点で言えば、ほどほどに使える端末スペック・プランで十分です。

大容量プランにしてしまうと注意していても子供は際限なくスマホを利用してしまうので、それであれば小容量プランで間接的にスマホの利用時間を制限してしまった方が安くて一石二鳥だと思います。

5-2. 機能制限やセキュリティ対策などがオプションとしてある

子供に持たせるのであれば機能制限やセキュリティオプションは必須のオプションだと思います。

機能制限であれば親がどの機能に制限をつけるのかを指定することもできるので、見せたくないサイトやダウンロードさせたくないアプリなど制限することが可能です。

5-3. auやドコモ・ソフトバンクではなく格安スマホにする

auやドコモ・ソフトバンクでは実は小容量プランの方が標準プラン(5GB)よりも月額料金が高くなってしまいます。

端末代金の割引がなくなるというのが理由なのですが、それであれば格安スマホにすれば2,000円程度でスマホを利用することができます。

参考としてソフトバンクとUQモバイル(格安スマホ)の小容量プランの月額料金比較をしました。

キャリアとMVNOの小容量プランの比較

上図のソフトバンクの機種はiPhone8の場合で試算していますが、子供に最新のiPhoneを購入する必要はないと思いますし、何より壊しやすいので最新のiPhoneだと修理代が高くなってしまいます。

格安スマホのiPhoneは若干古いiPhone6sですが、普段使う分には何も不便はなく利用することができるのでオススメです。

5-4. iPhoneにした方が高校生になってから買い替えなくて済む

中学1年生からスマホを利用したとすると3年間利用することになります。

スマホの契約期間は2年間ごとになりますので例えば高校生になったからiPhoneに変えたいと言い出した時に3年目で買い替えることになりますので解約金がかかってしまいます。

解約金はどこのスマホ会社でも10,260円もかかりますので、できれば解約はしない方がいいでしょう。

そういった意味でも最初からiPhoneを購入しておけば、何も高校生になったからといって買い替える必要もありませんので結果として最初からiPhoneを購入した方がトータルで見ると安くなります。

6. 子供にオススメしたい格安スマホ

子供にオススメの格安スマホ

安心なオプションが充実のUQモバイル!

格安スマホの中で機能制限やセキュリティなどが万全iPhoneが安い格安スマホというのであればUQモバイルがオススメです。

UQモバイルは他の格安スマホ会社と比べてセキュリティや機能制限オプションなどが充実しているので非常に安心です。

またUQモバイルはauが運営している格安スマホ会社ですのでサービスの信頼性や安心感は抜群です。

UQモバイルのセキュリティオプション

その1

  • あんしんフィルター for UQmobile:無料

有害サイトやアプリのフィルタリングサービスで月額無料!元々付いているサービスなので申し込みも不要!

詳細はこちら

その2

  • filii:月額324円

SNSのセキュリティサービスで子供のSNSのつながりや会話を分析し、危険な兆候が出た時にアラート通知してくれるサービス

詳細はこちら

その3

  • みまもりサービス:月額216円

GPSによる居場所確認サービス

詳細はこちら

なおfiliiとみまもりサービスはセットオプションにもなっており月額540円が月額410円になります。

UQモバイルの上記のオプションに入った上でiPhone6sを契約すると下記のプラン・月額料金になります。

iPhone6s
端末代金 2,484
プラン料金 2,138
端末割引 -1,404
あんしんフィルター 0
みまもりパック 410
月額料金 3,628

◆プラン詳細

スマホ会社:UQモバイル

端末:iPhone6s

通話プラン:おしゃべりプラン(5分以内の通話無料)

データプラン:プランS(データ2GBの小容量プラン)

契約期間:2年間

オプション:SNS・WEBサイト・アプリのフィルタリングや機能制限、GPS機能あり

2018年12月1日からUQモバイルのファミゼロ学割が開始されます。

お子様にUQモバイルのスマホを持たせると、ご本人も家族も最大3か月間基本料が無料になる非常にお得なキャンペーンです。

ぜひ下記記事をご覧いただければと思います。

UQモバイルの2018年新学割!ファミゼロ学割とは?UQモバイルのファミゼロ学割!2019年新学割の詳細完全ガイド!

7. みんなは子供にスマホをいつから持たせているか検証まとめ

いかがだったでしょうか。

中学生からスマホを持ち始める人が多い中で、子供が事件や事故に巻き込まれないようにするためにはセキュリティや機能制限など安全性の高いスマホを検討するべきですね。

UQモバイルは大手の格安スマホで安く、しかもセキュリティや機能制限オプションが充実しているので、子供にスマホを持たせたい!ということであればオススメの格安スマホ会社です。